紫芋のゼリー





を作ってみました。
底の赤紫色の液は、紫芋を少量の塩とカボス果汁を加えた水から茹でて砂糖を加えたものを焼酎で割ったものです。今回は紫芋が大量に手に入ったので、色出し用に数本使いました。

なかなか綺麗な発色です。

紫芋は、中サイズの芋をレンジで8分チン。

芋の重さの3割の砂糖と塩微量とバター10グラムと水1カップを加熱して練ります。
芋も大小あるので、硬めの時は、お好みで水を足して柔らか目に。

砂糖と馴染んだら、プロセッサーでペースト状にして、ペースト1カップに対して2さじ程度割合のイオナイガーLを混ぜ、再度加熱して、沸騰したら温度が下がらないうちによく混ぜ型に入れて固めたものです。

トッピングはカボスのスライス(もちろんお好みでレモンやユズでもOKだと思います)

スィーツとして、甘い芋は焼酎と相性が良い気がします。(あんまりお酒を飲まないので、そんな気がするだけですかねぇ…(笑)

但し、運転者は食べられないので、アルコール無しの赤紫の美しい煮汁を皿底にどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リベイルさん、今晩は。
紫芋のゼリー、綺麗な発色ですね。
読みながら、どんな味なのか想像してみました。
甘酸っぱい?
芋羊羹のようにも思えますが、焼酎入りの芋のゼリーなんですね。

d( ̄◇ ̄)b グッ♪ 上戸の私にピッタリのスイーツです。

ごちそうさま~<(_ _*)> アリガトォ

No title

monalisaさんの様な、フランス料理はさっぱりやったことがないのですが、そちらのブログのレシピを参考にいつか作ってみたいと思っています。
が、日々の生活の中で、自分が作ってみたい意欲をそそる食材ってあるんですよね~。
この紫イモ、宮崎県の高千穂に同僚4人とバス旅行に行った時、お土産に『紫イモの羊羹』を購入したら、その美味しかったこと・・。(^m^)

以来、何かを作ってみたいと思う食材のひとつだったんです。
固形のところが、スィートポテト味仕立ての羊羹風ゼリー。
浸している液体が紫イモから採れた奇麗な紫色の液で、それに焼酎を入れてみました。(笑)

なかなかのものでした。(^ ^)v
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード