山の畑の冬仕度

これは、私の記録。

今日、義母のところで沢庵を漬け終わった時には、もう4時20分でした。

準備は早くからできていたはずだった義母。

ところが、さあ取りかかろうか、と言う頃に来客で、沢庵を漬ける沢庵漬けの素を手に持ったまま応対しようとした義母は、うっかりその沢庵漬けの素をどこかに置き忘れてしまい、全く思い出せません・・(^ ^;)


二人で探したけれど見つからず、私がもう一度お店に買いに行って来る、と車を出しかけたら義母があった~、と叫んだ頃はもうすでに14時半を回っておりました。

まぁ、見付かって良かったです。(笑)

そんなわけでスタートが遅れましたが、お陰でまだ少しでも日があるうちに山に行くことができて嬉しいです。


日が暮れたら、すぐに真っ暗になるので、先日Blueberryhouseさんから購入した、硫黄華1Kgをピートモス10リッター・鹿沼土3リッター・微量要素40グラム程度・リサイクル土1/2袋・ぼかし肥料1Kgで適当にブレンドし、ブルーベリーの苗のマルチを掘って、さらに土の部分に穴を少しだけ掘って根本から少し離れたところに3箇所ほど埋め込みしました。

5時を過ぎると暗くなるのが早いですね。あたりは真っ暗。

苗の大きさにあわせて、量を加減しながらの硫黄華やりです。

中くらいの苗は10グラム程度。小苗はほんの気持ち程度。大苗は15グラムくらいの硫黄華配分になったと思います。山の畑に植え付けてから2年。植え付け時に硫黄華を入れておいたものは、やはり生育が良かったですが、今年は母のこともあってほとんど苗に構ってあげられなかったので、3%のブルーベリーにクロロシスが出始めました。
そろそろ硫黄華の出番だな、と少し遅ればせながらの硫黄華の投入でした。

残念ながら充電切れで写真はなしです・・。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

沢庵漬けですか~。
懐かしいです。母が、よく漬けていました。
干した柿の皮を、一緒に漬けたり、ザラメを振りまいたり
焼酎も入れていたかしら?
あめ色に透き通った自慢の沢庵は、半分は、他人様に差し上げるためであったりして・・・
仲が悪かった父と母でしたが、漬物の腕だけは、父も母を認めていました。

うっかり、どこかに置いてしまって・・・っていうことよくありますよね。

頼りがいのあるリベイルさんで、義母さんは、おお助かりですね。

monalisaさんへ

>沢庵漬けですか~。
懐かしいです。母が、よく漬けていました。

うふふ、やっぱり・・。monalisaさんのお料理上手は、お母様譲りだろうなぁ、と思っておりましたが、とてもまめな方だったのですね。


>干した柿の皮を、一緒に漬けたり、ザラメを振りまいたり
焼酎も入れていたかしら?

おおっ、本格的!
義母は、荒漬けをしたら、市販の沢庵漬けの素を入れておりました。
でも、1から作るのなら、そう言う材料を使われるのですね。
勉強になりました。メモメモ・・φ(^ ^)

>あめ色に透き通った自慢の沢庵は、半分は、他人様に差し上げるためであったりして・・・

そうそう。義母も同じです。(笑)
コミニュケーションのお共ですよね。

>仲が悪かった父と母でしたが、漬物の腕だけは、父も母を認めていました。

結婚相手の胃袋をがっちりつかむのが家庭ではうまくいく秘訣なのでしょうね。

>うっかり、どこかに置いてしまって・・・っていうことよくありますよね。

あります・・。私も手に持っているのに探していることも・・大ボケしてます。。。

>頼りがいのあるリベイルさんで、義母さんは、おお助かりですね。

私は、取り子取り嫁だから、親が3人づつ、計6人いました。
が、母と呼べる人はたった一人になってしまいました。だから、亡くなった他の親の分まで、自分でしてあげられることは、お手伝いしたいと思いますし、私がこの家に嫁に来た頃の義母の年とほぼ変わらないくらいの年齢になりましたので、当時の義母ができていた料理程度は、自分も取得しておきたいな、と思う気持ちが最近強くなってきましたよ。

No title

我が家の義母もまだ元気でいます。
でも毎年やってたお漬け物づくりはこの数年お休みです。
家族が少なくなった事と義母が老いたからなのでしょうね。
そちらのお母様はまだお元気で何よりです。
Reveilleさんの優しさにほのぼのさせていただきました。

  
硫黄華はそのように使うのですね。
毎年ピ-トモスの追加だけで事を済ませていました。
参考になりました。有り難う。
やはり大分違いますか?

はっぱさんへ

> 我が家の義母もまだ元気でいます。

お元気で何よりです。(*^ ^*)
はっぱさんちは、同居でした?

> でも毎年やってたお漬け物づくりはこの数年お休みです。
> 家族が少なくなった事と義母が老いたからなのでしょうね。

そうでしたか。我が家は義母は田舎に住んでいるので、週末には帰ってお手伝いをしておりますが、自宅では義父の実の妹と同居している、不思議な家族構成の家なんですよ。その同居の家族も20年くらい前までは、よくこまめに漬けものなど漬けておりましたが、しなくなってから15年以上になります。
だんだん面倒になるのでしょうね。

> そちらのお母様はまだお元気で何よりです。

はい、義母のパワフルな行動力には、いつも感心させられます。
私はいつも元気パワーを義母からもらっているんですよ。(^ ^)v
ありがたいことです。

  
> 硫黄華はそのように使うのですね。
> 毎年ピ-トモスの追加だけで事を済ませていました。
> 参考になりました。有り難う。
> やはり大分違いますか?

ハイブッシュだけでなく、ラビットアイも元気になる気がしています。山の畑に植え付け時にも、元肥と一緒に混ぜて入れていますが、生育はまずまず。自宅で鉢で育てていた頃、まだ硫黄華を使っていなかった時は、ラビットアイのクロロシスがクエン酸とか与えてもなかなか改善しなかったものが、硫黄華を与える様になってからは、出なくなりました。特にクロロシスが出始めると生育がおもわしくないノビリスはクロロシスが全くでなくなり、樹勢が良くなり、実付きも良くなりました。クロロシスが続いていた頃は3年くらい70センチ止まりだったノビリスですが、現在山の畑で2m近くになり、わさわさと茂っております。

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード