イチジクの実生のその後

イラン産のイチジクの実生(手前)とトルコ産のイチジクの実生(奥)。

SH3L1533.jpg

共に健在です。

一度寒い日があったので、葉っぱが黄色くなりつつあります。

イラン産は、茎が細く、どんどん枝分かれしてきました。

トルコ産は、縦に伸びると言うより、横に寝てしまう傾向が・・。

今のところどちらもまだ花芽は付いていません。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

これって、私が差し上げたイチジクですよね。

元気に育てて頂いて、
こうしてブログの記事にまでして頂いて、ありがとうございます。

この時期、まだこんなに葉が緑色なんですねぇ。

植物の知識に乏しい素人の私でも、このイチジクについてだけは、
生みの親だけあって、この画像を一目見ただけで、
どちらがイランでどちらがトルコか分かりますよ。(笑)

No title

どんな品種になるかとっても楽しみです。
無花果は交配しないらしいから親と似た品種になりそうです。無花果は大抵どれも美味しいみたいだから美味しい品種にはなりそうに思います。

ソレイユさんへ

ソレイユさん、大変ご無沙汰しております。

> これって、私が差し上げたイチジクですよね。
>
> 元気に育てて頂いて、
> こうしてブログの記事にまでして頂いて、ありがとうございます。

そうです、ソレイユさんが実生を作って下さった苗です。その節はありがとうございました。。実生には何年目から花芽が付くのか興味津々ですよ。

> この時期、まだこんなに葉が緑色なんですねぇ。

もう霜が降りたとはいえ、大分は他の県に比較して日中暖かですからね。
寒さにどれだけ耐えられるかわかりませんので、軒下に近いところで育てていますが今日見たら葉が全部落ちていました。寒さと実の関係はまだわかりませんが、今年は昨年末から妙な寒さで、どのイチジクもまともに実を付けませんでした。来年はどうなることやらです。

> 植物の知識に乏しい素人の私でも、このイチジクについてだけは、
> 生みの親だけあって、この画像を一目見ただけで、
> どちらがイランでどちらがトルコか分かりますよ。(笑)

そうですね。きっとすぐにわかりますよね。あとは、この木が雌木であることを祈るのみです。

Berryさんへ

> どんな品種になるかとっても楽しみです。
> 無花果は交配しないらしいから親と似た品種になりそうです。無花果は大抵どれも美味しいみたいだから美味しい品種にはなりそうに思います。

ありがとうございます。ドライフルーツでしか見たことがないので生果がどんなものかとても面白そうですよね。
親がどんな品種だったのか垣間見れそうなのですか。楽しみですね。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード