シャシャンボの秋花

私はシャシャンボ(日本のブルーベリーと呼ばれているもののひとつです)の存在を知ってから約7年になりますが、秋に咲くシャシャンボの花は初めてです。

シャシャンボ (5)

ブロ友さん達のお話では、まだ夜は扇風機を付けていますと言う方もいらっしゃれば、14度で寒い・・、と言う方もいらっしゃいます。大分では、朝夕の気温が20度を切る様になり、義母宅では先日今シーズン初のコタツを入れたそうです。

秋だと思っていたら、気のせいか、もう冬が近づいて来ている様ですね。写真の下の方には、6月に花が咲いて結実したものが色付く準備を始めています。
なのに6月に咲くはずのシャシャンボがなぜ・・・???

その他のシャシャンボの近況は画像でお楽しみ下さい(笑)

秋に入り、シュートが伸び始めました。


シャシャンボ (2)



シャシャンボ (4)

この実は、

シャシャンボ (6)

↓に色付き、

シャシャンボ (1)

この実は、

シャシャンボ (7)

↓に色付いてきました。

シャシャンボ (3)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

以前にもシャシャンボの記事を拝見しました。
いい感じで育っているようですね。

私は山のシャシャンボを挿し木して、BBの接ぎ木台にと考えたこともありましたが、BB自体が案外強いので、そのプランは消えちゃいました。

写真の実はよく育って色ついて美味しそうですね。
たしか野生種の中でも選抜されたシャシャンボでしたね。

村長さんへ

> 以前にもシャシャンボの記事を拝見しました。
> いい感じで育っているようですね。

はい、私も宗像の仲尾さんちみたいに10Kg収獲をしてジャムを作ってみたいものです。
シャシャンボにも、個体差があって、食味の良いものやアントシアニンの多いものなど、それぞれの個体に色んな特性がありますから、それらがどんな実生になったのか、冬の収獲が楽しみなんですよ。
特に中身が透明がかった緑色のものはアントシアニンは少な目だけれど、風味も良くて普通に美味しいんです。
この特性を持った実生に、アントシアニンがたくさんあって、大実の特性がくっつくと嬉しいんですけどね。(笑)

> 私は山のシャシャンボを挿し木して、BBの接ぎ木台にと考えたこともありましたが、BB自体が案外強いので、そのプランは消えちゃいました。

あはは、なるほど~。それは言えていますね。本当の意味でシャシャンボの実生の接ぎ木が本領を発揮するのは、根が深く入るから根の浅いブルーベリーと比較して、夏の水枯れに強いかも知れないって言うことでしょうか。まだ実際に体験していないのでわかりませんが。

> 写真の実はよく育って色ついて美味しそうですね。
> たしか野生種の中でも選抜されたシャシャンボでしたね。

記事を読んで下さって、ありがとうございます。m(_ _)m
ええ、今年のお味見がとても楽しみですよ。

普通のシャシャンボの実まサイズが5~6mm、このシャシャンボの親は8~9mmの大粒ばかりの選抜の木ですから、実生も期待していましたが、現在生き残りで大粒は今のところ1個体だけの様です。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード