スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お見舞い申し上げますm(_ _)m

ここ2週間ほど、全国のブロ友さんや栽培のお友達とお電話やメールでお話し、情報交換を致しました。

秋田・鳥取・大分3軒・福岡3軒・茨城などなど・・。実は、ここ以外にもご連絡したのですが、お心当たりのある方は、履歴を見たら、あれっ?うちも・・?、と思うかも知れません。(笑)

茨城のファイブスター正見ブルーベリー農園さ~ん、貴重な情報をありがとうございました。m(_ _)m
いつも記事を読んで下さるご主人さま、草刈りお疲れ様です。大変でしょうが腰を痛めない様にボチボチやって下さいね~。奥様は、素晴らしい職業婦人のリーダーになれそうです!!!早く痛みが取れます様に・・(^人^)

そして、いつか読者様の県にもお邪魔するかも・・。(本当か・・・???)


その中で、特に九州の方々が口を揃えてご心配されていたのが、今回の大雨で土砂崩れの多大なる被害です。

巨峰ワインさんのところは、9反あるブドウの作付け面積の7反が1mもの土砂で埋まってしまい、壊滅的な被害状況だそうです。土砂を取り除く作業ははかどらずのままの様ですが、現在は、スタッフの皆さんが総力を上げ、ワイナリー内のショップだけは8月18日に営業を再開されたのだそうです。私もまたお邪魔したいと思っております。

巨峰ワインのスタッフの皆様方、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興をお祈り致します。

7反分も埋もれているぶどう達を早く救ってあげたい!!!

栽培されている方なら、きっとそう思うことでしょう。
生きたぶどうがそのまま埋まっているわけですから。大勢のボランティアさんの力が欲しかったところでしょう。

崩れた土砂を前にただ立ちすくむだけで、落胆されたことでしょう。いっぱい涙があふれ出たことでしょう。

この記事を読みながら、涙が止まらなくなりました。

だって、ここの農園は、私がここに初めてお邪魔させていただいた時に案内されたぶどう農園ですし、今年は林田氏がお亡くなりになられて、まだ間もないのに・・。残された方々のお気持ちを考えると・・、それが壊滅的な被害だなんて、人ごとな気がしないのです。

ここのスタッフの方々は、とても前向きで明るいので、激励のお電話をしているつもりが、逆に励まされてしまいます。

その前向きさのあらわれが、ワイン祭りなのではないでしょうか。

もし読者の皆様でご協力いただける方がいらしたら、こちらで巨峰ワインやブルーベリーワイン、日本酒などご購入下さい。

そして、九州にお越しの際は是非、巨峰ワインさんのレストランでお食事して焼山さんや鳥越さんをはじめとするスタッフの皆さんに応援メッセージをいただけると幸いです。m(_ _)m

また、その他西南暖地ブルーベリー研究会の方で被害に合われました農園の皆様方、心よりお見舞い申し上げます。


先行きが見えない苦しみ、これは色んな被害を受けた方々ばかりが体験するものではありません。


巨峰ワインの林田氏が西南暖地ブルーベリー研究会の幹事をご担当下さいましたので、今年のブルーベリー通信に
は、亡き林田氏を忍んで2002年に掲載された論文が再度掲載されておりました。

今年、栽培など色んなことがうまくいかなかった皆様、もし林田氏が生きていらして、皆さんにお会いすることがありましたら、きっと色んな悩みを聞いて優しく導いて下さったことと思います。

そこで、林田氏が残された『ブルーベリー産業の視点』と言う論文の中で付録にありました『迷子の理論・・Denbeeの独善的経営手法』をお借りして林田氏の代りにこちらで掲載させていただきたいと思います。

人はどんな時に迷子になるのでしょうか

行き先を見失う
自分がどこにいるのかわからない
行き先がわかっても、行き方がわからない

林田氏も仕事の上で子供の様によく迷子になったと書かれております。
そして、悩んだそうです。

そんな時は迷子になっている自分の脱却を図ります。

行き先を見失う-------------------------------行き先=目標を決めます
自分がどこにいるのかわからない---------------現状を認識します
行き先がわかっても、行き方がわからない-------目標、行き先に到達する方法を考えます

『何を変えたいのか』『どの様にして変えるのか』を明確にすることは大変ですが、ブルーベリーを愛し栽培、生産される会員の皆様に何かお役に立つことになれば・・以下略。

私は、今の巨峰ワインの皆さんが一丸となって頑張れたのは、この大きな柱が常に皆さんの心の中に『希望』と言う形で今も尚スタッフの皆さんの心の中で生き続けているからではないかと思います。

生き続ける『心』はとっても暖かい・・。

10年先には、きっと巨峰ワインさんも今以上に皆さんから愛される農園になっていることでしょう。どうか頑張って下さいm(_ _)m


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。