コジキイチゴ・・?

我が家の山の畑に、鳥の奇妙な落し物があります。

コジキイチゴ (2)

コジキイチゴ (1)


県立図書館で調べたら、コジキイチゴにそっくりなんですが、うぶ毛は無いけれど・・・、どうなのでしょう・・?
でも、トゲの色やサイズ、葉っぱの形などは、うりふたつです。

図書館で調べたものと、毛の有無や葉の形などが多少違うのは、品種(個体差)の違いでょうかねぇ・・。

コジキイチゴは、バラ属、キイチゴ科の植物。

『コジキイチゴは本州中部以南・四国・九州、朝鮮南部・中国・台湾などに分布する落葉低木。暖地の林縁から林内に成育する。茎は高さ1mほどになり、上部は倒れて他の植物に寄りかかることが多い。全体に腺毛が多い植物である。葉は3~7枚の小葉からなる複葉で、葉の質は柔らかく、薄い。林内などの風の弱い場所に生育するからであろう。裏面脈上には腺毛がある。茎には棘があり、長い腺毛が密生している。花は5月から6月に咲き、白色の花を開く。果実は大きく、橙色に熟して目立つ。袋状にはずれ、美味とはいえないが食べられる。』

と書かれておりましたが、図書館にあった食べられる野草の本には、野イチゴと変わらないくらい美味。と書かれておりました。(^m^)

もう、これは来年花と実を確認するしかないでしょう!!!(笑)
花が付いたら、似ても似つかぬものができるかも知れませんが、その時は、ご愛嬌と言うことで(笑)

それにしてもコジキイチゴのコジキって、『古事記』?『乞食』?どうしてこんな名前が付いているのでしょうね。

この記事をご覧の皆さんで、もし、これが何者かご存知の方がいらっしゃったら、是非お教え下さい。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

やまかん

私が見たコジキイチゴは、もっと毛深い感じでした。
ホウロクイチゴではないですか?

No title

お久しぶりです。
Tsukaです。

写真のキイチゴ、「クマイチゴ」のような気がします。
葉の形、とげの量、茎の斑点模様などから・・・。
長野県には、沢山生えていて、普通のキイチゴより分布する標高は高めです。
果実は、野生種とは思えないほどの甘さ(若干癖がある!?)がありますよ。
また、ものによっては直径1.5cmほどの実がなっているのを見たことがあります。

それと、頂いたシャシャンボですが、なかなかご連絡できなくてすみません。
大きいもので40cmほどの高さまで成長しています。
また、写真を送らせていただきますね。

KOHさんへ Re: やまかん

> 私が見たコジキイチゴは、もっと毛深い感じでした。

おおっ、KOHさんはコジキイチゴを見たことがあるのですか。近畿地方にもあるイチゴなのですね。

> ホウロクイチゴではないですか?

・・・わかりません。写真画像をネットで検索しましたが、葉の質感と形が違う気もしますが、茎部の感じは似ていますね。
図書館で見たものと、どちらも異なる感じがしたので、一体何が正しいのか、良くわかりません。(^ ^;)
実を見た時が、確定するのでしょうか。

No title

わからないと気になりますよね。
調べたくなりますよねぇ。
調べたけどわかりませんでした^_^;
こちらではまず見かけないトゲの多さですね。

Tsukaさん、お久しぶりです。

大変ご無沙汰しておりました。長野に行かれて、早1年半が経ちましたね。もうTsukaさんの後輩達が一緒に働いていらっしゃることでしょう。
>
> 写真のキイチゴ、「クマイチゴ」のような気がします。
> 葉の形、とげの量、茎の斑点模様などから・・・。

クマイチゴですか。初めて耳にするキイチゴです。日本には、色んな自生しているイチゴがあるものなのですね。茎に毛がなくて、斑点がある点では、似ていますね。

> 長野県には、沢山生えていて、普通のキイチゴより分布する標高は高めです。

良いですね。そのクマイチゴは何月頃実るのですか?


> 果実は、野生種とは思えないほどの甘さ(若干癖がある!?)がありますよ。

おおっ、貴重な食味のご報告、ありがとうございます!!!(笑)

> また、ものによっては直径1.5cmほどの実がなっているのを見たことがあります。

あら、食べやすそうなサイズですね。

> それと、頂いたシャシャンボですが、なかなかご連絡できなくてすみません。
> 大きいもので40cmほどの高さまで成長しています。

おおっ、これまた優秀ですね。今年は花が付きましたか。

> また、写真を送らせていただきますね。

はい!実生達も元気に育っているのでしょうね。楽しみにしております。

りょっつぁんへ

> わからないと気になりますよね。
> 調べたくなりますよねぇ。

でしょ、でしょ(^m^)

> 調べたけどわかりませんでした^_^;
> こちらではまず見かけないトゲの多さですね。

う~ん・・、そうなんですか。暖地で自生する植物なのですかねぇ・・。
早く花が見たくなりました。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード