fc2ブログ

家族として末期癌と闘う日々~家族の判断(延命処置と告知)

患者の家族が、判断しなくてはいけないこと、休暇や介護については、前記事で。

患者の家族は次に、患者が急変した時に家族が延命処置を希望するのか?

また、患者に告知をしたいか、したくないか?の選択もしなくてはいけません。


先生の話では延命処置を望まないケースの方が多いのだそうです。

ここで言う延命処置とは、心臓マッサージや人工呼吸器などの処置をすることを言います。

会わせたい家族が遠方の場合など、その様な処置をし、命を長らえさせる場合がありますが、一旦装着すると家族が揃ったからと言って外すことはできません。それは殺人行為になるから。


我が家の場合も、延命処置をしない方を選択をしました。

これ以上苦痛を長引かせたくない、と言うのも理由です。


また、本人への告知は
『しない』へ。

先生は、

『多くのご家族は、しない方を望まれます。でも、告知をしないと、本人は良くなって家に帰れると思います。』

あ…、そうか…。ズキッと心が痛みます。

『告知する、と言うことは、ご本人にとっては辛いことですが、ご本人が立ち直った時、残された家族に伝えておかなければならないことを伝えた上で旅立つことができる可能性があります。』

(ふと、敗血症になった場合は告知しない方が良かったと後悔しないのか…?とよぎりました)

さらに続く。

『でも告知をしない場合は、伝えるべきことをしないままに旅立つことになるケースも。どちらが良いか、ご家族でよく話し合われた上で、意見をまとめてご回答を下さい。それは後日方針が変わっても差し支えありません。』と。

家族はしーんと静まり帰ってしまいました。

今まで、告知と言うことをそんな風に捉えたことがなかったからです。


告知したら、ショックで落ち込み、そのまま逝ってしまうのではないか…。


それが可哀想に思えてなりませんでした。

色々考えた末に、

『しません。』


今思うと、これが家族として最良の選択だったかどうか…。
家族としてのエゴはなかったのでしょうか。答えは出ないまま、告知もしないまま、私はいまだにモヤモヤしています。

なぜなら

医師が回診に来られる度に

『私は良くなるのでしょうか?』と母。

入院して一週間は、休みの度に遠方から普段会えないな親戚まで見舞いに来ると、かなり落ち込み、不穏状態になっておりました。

不安で眠れない日々も。


良くもならないけれど、これ以上の治療もない、ただ病院のベッドで寝たり起きたりするだけの生活は、患者にとっても家族にとっても、モッサンの思い出し笑いの話に出てくるマムシの様に、まるで蛇の生殺し状態に思えて来ます。

行き場のない思い。
難民と言う言葉、まさしく言い当てている気がします。


皆さんは告知の問題をどうお考えになりますか?

前々回の記事に複数の匿名希望さんからのコメントやメールや生の声などでメッセージをいただきました。
リコメはできませんが、皆さん、心からお礼を申し上げます。

記事の最後にご承諾いただけた方のケース症例を少しづつ追加させていただきます。
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【家族として末期癌と闘う日々~家族の判断(延命処置と告知)】

患者の家族が、判断しなくてはいけないこと、休暇や介護については、前記事で。患者の家族は次に、患者が急変した時に家族が延命処置を希望するのか?また、患者に告知をしたいか、したくないか?の選択もしなくてはいけません。先生の話では延命処置を望まないケースの方...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ごめんなさい。
とても答えは見つけきれないし
よいアドバイスはできません。

ただ
仕事でホスピスに行くことがありますが
患者さんの眼が
すごく遠くを見ているようで
表情もないような・・・

自分の親だったら

いつも考えさせられます。
やっぱり家族がそばにいてあげることは
大切なことだと思います。

やっぱりなんのアドバイスにもなりません。
ごめんなさい。

鍵コメさんへ

リコメが大変遅くなりました。申し訳ございません。それから、何度もご訪問いただき、鍵コメも・・。
いつもメッセージを入れていただき、本当にありがとうございました。
全てのリコメ(抜けがある場合はご容赦下さい)が終わりましたら、また通常通り、コメントさせていただきに参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

コギクさんへ

> ごめんなさい。
> とても答えは見つけきれないし
> よいアドバイスはできません。

とんでもないです。コギクさんのところの記事でホスピスのことを知りました。

名前だけは聞いたことはありましたが、大分での情報がもっとあったら、迷わず入れたかったです。
ただ、入院した時にはすでに移送できる状態ではなかったので、どちらにしても無理でした。

でも、もしもうちの母にもそんなところで最後を看取れたら、ちょっと気分の良い時には車いすで散歩に連れて行きたかったですし、さらに苦痛も少なくてすんだのでは・・と思います。
コギクさんが教えて下さった後、県内にないか調べたんですよ。大分市内なら何か所かあるみたいなので、もしも知り合いでそんな方がいれば、ご家族にそんな選択肢もあることを教えてあげられそうです。

> ただ
> 仕事でホスピスに行くことがありますが
> 患者さんの眼が
> すごく遠くを見ているようで
> 表情もないような・・・

私達女性は嫁に行くと、働き、子育てし、家事をし、となると、自分の休養も必要ですし、自分の家、嫁入り先、実家、と休日の使い方として実家へ帰ることがままならないことが多くなります。
まして子供さんが遠方の場合はなおさらでしょうね。

こんな時は、住む家と嫁入り先も実家も、スープの冷めない距離が良いなぁって、思います。

> 自分の親だったら
> と
> いつも考えさせられます。
> やっぱり家族がそばにいてあげることは
> 大切なことだと思います。

ありがとうございます。
一生のうちで、一日中親のそばにいたのは、小学校以来です。
おっしゃる通りです。
一緒に過ごせて本当に良かったです。
コメントを本当にありがとうございました。m(_ _)m
そしてリコメが大変遅くなり、申し訳けございませんでした。

フリーエリア
プロフィール

Reveille

Author:Reveille
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード