家族として末期癌と闘う日々~きっかけ

長いこと更新をお休みしている中、何度となくブログにアクセスしていただいて下さる皆さんに、何とお礼を申し上げて良いものか…。

心からお礼を申し上げます。
そしてコメントをいただいていてまだリコメできていない方、ごめんなさい。

私がこの記事を綴ろうと思ったのは、介護に付いて10日以上過ぎ、自分達が癌難民家族になったのでは…、と感じたからです。

介護に付いているとわからなくなることが多々あります。

家族の介護に付くことがあった時、本当に欲しいものは、介護に付いた方の生の声や情報。それが、患者のかたわらに居ながらにして得られること。

これが意外とありそうでありません。

あればいかにありがたいことか…。

母が眠っている時に、何か参考になるものはないか探したり、仲の良いブロ友さん達に様子を聞いたりしています。
行き詰まりを感じた時に、家族としてどう接して良いか悩む時に、悲しいかな、PCからなら見れるのでしょうが、私の場合、介護中に見れるのは携帯だけ。

でも携帯から見られる情報には限りがあります。

肝心なところは高額なデジタル書籍だったり…。悲しいかな、です。

こちらからは、まだ経験が少な過ぎてリコメはできませんが、このブログに

癌で苦しむご家族が一番大変だった時をこう乗りきった、

そんな情報がたくさん欲しいです。(>人<)

介護に付いているとゆっくり本を検索している暇がありません。
本人は、

キツい
痛い
苦しい
辛い
気分が悪い
怖い
不安

なわけですから
机上の空論も要りません。

生の情報が欲しいのです。


また、もしもここの記事やコメントを皆さんがもし同じ立場になった時、または仕事でそんなケースに携わった時、部下や同僚がそんな立場になった時に状況を推し量る時、などなど、ここでの情報が共有されて、そこからさらに癌の末期を患者や家族が少しでも気分良く過ごすことができたら…、そう思ったのが記事を書かせていただこう、と思ったきっかけです。


私は自宅から約二時間の実家近くの病院で、主に義姉、姉と交代で介護に付いています。

私の母はもともと心筋梗塞で13回もカテーテル手術を受けておりました。
肺気腫もあり、体に酸素が足りない為、自宅にて酸素療法をして日々を過ごしておりました。

年齢86歳。

2月には、

自分がいつどうなるかわからないから、関西に住む母の義妹のところに最後に会いに行きたい


と言う願いから、5月連休を利用して私や姉同伴で行こうと計画していました。


連休が近づくに連れ、本人が体力的に無理そうと言うので、どうしても見たかった芝居だけは、と温泉に連れて行きました。


ところが、途中から

『早く終わらないかな。面白くない。』と。

せっかく長いこと楽しみにしていた芝居も体がキツくて、楽しめず、

泊まる→泊まらない→娘のところに泊まる→自宅へ帰ると言う具合に刻々と気持ちが変わり、家族が母の具合に振り回された形になっておりました。

この頃から家族達は薄々あまり長くないのでは…、と感じておりました。

数日後、実家に電話をしたら義姉から意外な言葉が。

『お義母さん、最近、友達から、顔や目が黄色くない?って言われてるから、病院に連れて行ってみようと思うのよ。』

こうして、体調不良への気付きが、私達家族が癌末期の家族として闘うことになった第一段階となりました。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【家族として末期癌と闘う日々~きっかけ】

長いこと更新をお休みしている中、何度となくブログにアクセスしていただいて下さる皆さんに、何とお礼を申し上げて良いものか…。心からお礼を申し上げます。そしてコメントをいただいていてまだリコメできていない方、ごめんなさい。私がこの記事を綴ろうと思ったのは、...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

想像できないくらい大変だろうと思います。
私も父を癌で亡くしましたが、闘病中はやはりあれこれ苦心しました。父の場合は急に病状が悪化して比較的あっけなく逝ってしまったので長期介護の大変さは経験してはいませんが、さぞや大変なことと思います。
ご家族の方が可能な限り心穏やかに過ごされることを祈念いたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名希望のお三人様とBerryさんへ

長い間、お返事が書けなくて、大変申し訳けございませんでした。m(_ _)m

皆さんのお心使いのお陰で、何度かダウンしそうになっても心までは折れずにすみました。
皆さんおひとりひとりの優しさが本当に心に染みました。本当にありがとうございました。m(_ _)m
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード