イチジクの実生のその後





左、イラン産イチジク実生。右、トルコ産のイチジクの実生。

やっぱりイラン産は寒にやられたみたいですが、他のところは元気なので様子を見ています。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いろいろ試みられているのですね。
そのイチジクはひょっとして乾果から蘇ったのでしょうか。
イチジクの力強い生命力とリベイルさまの栽培家魂に脱帽です^_^;

No title

無花果。。今年の春からとなりの家で2本植わってます。
全然身近じゃ無かったのが突然身近な葉になりました。
でも、葉を見るたびにタケニグサを思い出します。

村長さんへ

> いろいろ試みられているのですね。
> そのイチジクはひょっとして乾果から蘇ったのでしょうか。

そうなんですよ。大分にドライフルーツのイチジクから実生を育てていらっしゃるソレイユさんからの苗の戴き物なんです。イラン産とトルコ産のドライフルーツは加熱処理をしていないタイプなのでしょうね。

> イチジクの力強い生命力とリベイルさまの栽培家魂に脱帽です^_^;

いえいえ、フランス原産のイチジクは持っていますが、イラン産とトルコ産がどんなイチジクなのか、ドライフルーツにできる品種って言うのが、どんな実を付けるのか、そしてどんな味なのか知りたかっただけなんです。生で食べて美味しいものと、乾燥させた方が美味しいものの差って何なのかなぁ、なんて好奇心から、ついつい・・(^m^)
もちろん、実生だから実がちゃんと付く固体かどうかもわかりませんが。なればラッキー、と言うことで(笑)

soさんへ

> 無花果。。今年の春からとなりの家で2本植わってます。
> 全然身近じゃ無かったのが突然身近な葉になりました。
> でも、葉を見るたびにタケニグサを思い出します。

soさん、お恥ずかしい話、私はタケニグサと言う植物を見たことがありません。
で、ネット検索したら、確かに似ていますね~(笑)
イチジク、身近になりましたね。一旦身近になると、不思議な現象が起きます。
すぐ全国から飛んで行く様になりますので、ご注意を・・(^m^)

No title

飛ばしてやりたい今日この頃・・・
しかしうちのもすべて去年のいただき物&購入物・・・
飛ばすには時間がかかりそうです。

トルコ産イチジクは順調そうですね。
イラン産は、ベリー系の葉っぱみたいですね。
種が採れるということは受粉するということ?
自家受粉するんでしょうか??
今後の生長楽しみですね(^^)

りょっつぁんへ

> トルコ産イチジクは順調そうですね。
> イラン産は、ベリー系の葉っぱみたいですね。
> 種が採れるということは受粉するということ?
> 自家受粉するんでしょうか??
> 今後の生長楽しみですね(^^)

soさんと交流できるたら(今もありますが・・笑)素敵ですね。(^ ^)v
いつか飛ばせる時が来たら・・(^m^)(笑)
日本には、受粉しなくても実(花)が肥大して食べられる品種が入っている様ですね。5月11日の記事にしてみました。(^ ^)/
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード