イチジクの実生の違い



左、イラン産のイチジクの実生。
右、トルコ産のイチジクの実生。

どちらも、ソレイユさんからの戴きものの苗です。

トルコ産の実生は普通に見るイチジクの葉っぱを見る様ですが、イラン産のはまるでカシスか何かを見ている様です。(笑)

品種が変わるとこんなに変わるものなんですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トルコといえば確かイチジク発祥の地
トルコの主力品種はBurssaというイチジクだと思いますが
さて、実生がとこまで進化するでしょうか?
食味報告を楽しみにしてます。

No title

昨年種まきしたこのイチジク、イラン産の方が先に発芽し、
トルコ産は2週間近くも遅れて発芽しました。

今年も、イラン産は既に発芽していますが、トルコ産はまだです。

でも、葉はトルコ産の方が大きくて立派でした。

画像を拝見して気になるのは、
左のイラン産、上の方に葉が出ていませんね。

もしかして枯れちゃいました?

ほかの苗と交換してあげましょうか?

Re: No title

> トルコといえば確かイチジク発祥の地
> トルコの主力品種はBurssaというイチジクだと思いますが
> さて、実生がとこまで進化するでしょうか?
> 食味報告を楽しみにしてます。

仙人さん、貴重な情報をありがとうございます。実生の進化、日本でどこまで・・、私も楽しみです。
食味の前に実がなるのか、も興味がありますので、そう言う意味でも楽しみです。(笑)

ソレイユさんへ

ソレイユさんの観察眼、素晴らしいものがありますね。
同じ大分なのに、発芽する順番も異なるのでしょうか。
我が家では、葉の大きいトルコ産から発芽しました。

> 画像を拝見して気になるのは、
> 左のイラン産、上の方に葉が出ていませんね。
>
> もしかして枯れちゃいました?

おっ、鋭い!
よく気が付きましたね。
イラン産の上の方、確かに上の方は枯れていました。4月の寒にやられた様です。
トルコ産より寒さには弱いかも知れません。でも枯れているのは上から3センチ程度なんですよ。

面白いことに、我が家では、トルコ産は上の方から発芽し、イラン産は下の葉から発芽するんです。
そして、上から3センチのところから7センチのあたりの芽は芽ぶきかけています。
また数日したら、再度アップしますから、下から何番目までが追加発芽したか、ご覧下さいね。(^ -)-☆
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード