スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌の材料を煮込み中






我が家にはこんな釜戸があります。

これで一斗(10升=18リッター)の豆を一度に炊けます。昨日水に浸した豆は薪で約四時間煮ると、芯までふっくらです。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぉー、こういう釜、私もほしいです。
水を入れて植木鉢を入れて40度ちょっとにすればミミズもこがねもモンパ病も撲滅できます。(笑

なつかしい光景です。

なつかしい台所の様子です。
私らの地方では、かまどを「おくどさん」と呼んでいました。
ご飯でも何でも大量に焚きあげることができましたなぁナツカシ、シミジミ^_^;

こんばんは

昔、じいちゃんの家にありましたが、家を建て替え、今はもう見なくなりました。
相方の実家にはドラム缶を切ったかまどがありますけど。
最近はお茶をいるときに使うくらいです。

No title

こんばんは。
味噌カルチャーの国から参上です(笑)
と、言いましても味噌はお店で買いますが(大笑)

味噌ネタを見ていましたら、、、、
気温も今日は低いためか、おでんが食べたくなってきましたよ~♪
うーん、今から冷蔵庫をあさるか迷います(^^;

No title

なつかしいなぁ!
隣りのごはん釜と較べても大きさがわかりますね
前日に、大豆を一斗缶に3分の1くらい?水に浸しておくと
ふやけていっぱいになってるんですよね
大釜で煮てる時、噴きこぼれないように、水をまいたり
柔らかくなった大豆を石臼で挽くのを手伝わされたり
火の番をした小学性の頃を思い出しました^^;

おはようございます

いいですよ。

No title

我が集落では何軒かで共同で大きな鍋と機械を購入して作ってました。今もあるかどうか定かではないですが春の一大イベントでした。
同じ時期に作る祖母のどぶろくが美味しくって…って小学校の時の話でした^_^;

soさんへ

> ぉー、こういう釜、私もほしいです。
> 水を入れて植木鉢を入れて40度ちょっとにすればミミズもこがねもモンパ病も撲滅できますそう笑

あはは、soさんそれは凄い。(爆)でも釜の薪で40度は温度調整がちょっとだけ難しそうですね。(笑)
どうせなら五右衛門風呂の方が・・(^m^)

村長さんへ Re: なつかしい光景です。

> なつかしい台所の様子です。
> 私らの地方では、かまどを「おくどさん」と呼んでいました。

あら、嬉しい!こちらの田舎でも「おくどさん」でわかります。(笑)

> ご飯でも何でも大量に焚きあげることができましたなぁナツカシ、シミジミ^_^;

まだガスや電気釜がそんなに普及していなかった頃は沸騰すると大きな木の蓋から吹き出していましたよね。懐かしいですね。(笑)
電気に慣れていると、豆を煮るのも薪を炊くのも技術っているのだなぁ、と思います。自分でやってみて初めて、義母みたいに豆を最後までこげ付かせずに煮るのは至難の業だと気付きますよ~(笑)

ネコビーバーさん

> 昔、じいちゃんの家にありましたが、家を建て替え、今はもう見なくなりました。
> 相方の実家にはドラム缶を切ったかまどがありますけど。
> 最近はお茶をいるときに使うくらいです。

おじい様のところにありましたか。そうなんですよね。釜も消耗品ですから、年数経つとコンクリートが割れてきたり、釜に穴が開いたり、その時に手ぱなす方が多いんですよ。でも、燃料費はただですから、将来節約生活をしなくちゃいけなくなった時や災害にあって電気が使えない時には必需品か・・???なんて思っています(笑)

りょっつぁんへ

> 我が集落では何軒かで共同で大きな鍋と機械を購入して作ってました。今もあるかどうか定かではないですが春の一大イベントでした。
> 同じ時期に作る祖母のどぶろくが美味しくって…って小学校の時の話でした^_^;

りょっつあんのところでも作っていましたか。春の一大イベント、本当にそうですよね。ヘロヘロに疲れますけれど、年を追うごとに、ご近所のおばちゃま方も加わってあれこれ楽しくお話ししながらの共同作業が楽しくなってきます。

え~っ、りょっつあん、小学生がすでにどぶろくって・・(^o^;)げげっ、しかも美味しい・・。
う~ん、なるほど~。秋田の子供達は小さい時からお酒の味と楽しさを知っているから大人になっても飲めるのですね。(笑)
と言うことはせなどんも、どぶろく美味しいって言うのですか・・???

No title

素晴らしい。今も、>こんなにでっかい釜戸san>を持ち続けていらっしゃる。。ナンテ。。。
わが家も子供の頃には、しっかりありました。ガ・・・
>一斗(10升=18リッター)の豆>
スゴイ量のお豆さんsanです。。ネ。
自分で炊いた事がないので、どれ位大変か全く解らないと思うのですが、
大変だった。。。事でしょうね。お疲れ様でした。
>芯までふっくら>のこのお豆san。
この時、そのまま食べても、何とも味があるんです。。。ヨネ。

この薪の灯りと立ち上る湯気が、何ともいいです~~
私の子供の頃の原風景の一つです~~
中々出会えない画像をアップして頂き、とっても嬉しかったです。懐かしかったです。
ありがとうございます。

No title

これは素晴らしい!
色々に使えますね。
我が家にもこういうの欲しいけど無理ですね~

くまくまばんばんさんへ

くまくまばんばんさん、 こんばんは~。リコメの順番が変になってしまいました。申し訳けありません。
m(_ _)m
> 味噌カルチャーの国から参上です(笑)
> と、言いましても味噌はお店で買いますが(大笑)

あはは、なるほど~。味噌カツとか味噌煮込みうどんですものね。

> 味噌ネタを見ていましたら、、、、
> 気温も今日は低いためか、おでんが食べたくなってきましたよ~♪

えっ、まさか・・?

> うーん、今から冷蔵庫をあさるか迷います(^^;

もしかして、くまくまばんばんさんちはおでんまで味噌味でした・・?

komaojiさんへ

> なつかしいなぁ!

まぁ、komaojiさんちもでしたか(笑)

> 隣りのごはん釜と較べても大きさがわかりますね
> 前日に、大豆を一斗缶に3分の1くらい?水に浸しておくと
> ふやけていっぱいになってるんですよね

ビフォー・アフターの量は忘れましたが(今年は前日の水入れは義母にお願いしました)確かに予想外に増えます。よくご存知ですね。水で戻して炊くとさらに増えますから、沸騰する時にこぼれない様に、こげつかない様に気を使うんですよね。

> 大釜で煮てる時、噴きこぼれないように、水をまいたり
> 柔らかくなった大豆を石臼で挽くのを手伝わされたり
> 火の番をした小学性の頃を思い出しました^^;

そうでしたか。komaojiさんも小さい頃は色々とお手伝いされていたのですね。さすがです(^ ^)/
そう言えば、昔は、石臼で挽いていたってって言ってました。私は見たことがないのですが、肉体労働だったでしょうから、komaojiさんのお手伝いがとても助かったでしょう。(^ -)-☆

匿名希望さんへ

匿名希望さん、その節は大変お世話になりました。
ありがとうございました。ご親切にありがとうございました。m(_ _)m

chimchimさんへ

> 素晴らしい。今も、>こんなにでっかい釜戸san>を持ち続けていらっしゃる。。ナンテ。。。
> わが家も子供の頃には、しっかりありました。ガ・・・

おおっ、chimchimさんのおうちにも釜がありましたか。そうなんです。我が家、今でもあるんですよ。
そのうちやって来る定年退職後の、節約生活にはもってこいかもです(笑)燃料は山に行けばありますし・・
(^m^)

> >一斗(10升=18リッター)の豆>
> スゴイ量のお豆さんsanです。。ネ。
> 自分で炊いた事がないので、どれ位大変か全く解らないと思うのですが、

2斗の乾燥豆が水分を吸ってから煮て、潰して、塩8キロと麹2斗とあま汁ひしゃくに8分目*16杯を合わせると、8Lのバケツに約35~40杯分くらいでしょうか。まだ重量は測ったことがありません。

> 大変だった。。。事でしょうね。お疲れ様でした。
> >芯までふっくら>のこのお豆san。
> この時、そのまま食べても、何とも味があるんです。。。ヨネ。

凄い!よくご存知ですね。そうそう、次のを煮るまでの間に一度潰す機械の電源を切ると、中にどうしても排出できない豆の潰れたものがあってもったいないので、きれいに取っていただきます。甘くってとても美味しいです。

> この薪の灯りと立ち上る湯気が、何ともいいです~~
> 私の子供の頃の原風景の一つです~~
> 中々出会えない画像をアップして頂き、とっても嬉しかったです。懐かしかったです。
> ありがとうございます。

そう言っていただけて嬉しいです。うちのブログは、ご実家や田舎では味噌を作っていた環境で育った方が多くて私も嬉しいです。

Berryさんへ

> これは素晴らしい!
> 色々に使えますね。

はい。お茶を炒ったり、こんにゃくを作ったり、豆腐作り・・色んな大量の作業ができますよ~(笑)
小さい釜は、いつも餅用のおこわを蒸したり、帯電の時は米を炊いたり、お湯をわかしたり、色々できます。

> 我が家にもこういうの欲しいけど無理ですね~

残念です!(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。