かなり冷え込んでいます

昨日、胃カメラと大腸の健診に行きました。
私には、アレルギー体質があり、合わない薬がいくつかあります。

かなり痛みが強い時に使うボルタレン座薬や局所麻酔とかに使うキシロカインの局所注射、ミノマイシンなどの一部の抗生物質、そしてある種のホルモン剤。

胃カメラはよほど体調の良い時でないと、麻酔をしただけで具合が悪くなるかも知れないので、医者泣かせの患者なんです。

だから、内科はずっと同じ先生に診ていただいています。前回の胃カメラの際、ラキソベロンと言う名の下剤でも気分が悪くなったので、今回は無しの方向で、カマグと言う下剤のみ処方していただきましたが、これも3日X3回分の計9回分いただきました。

しかし、これでさえも、1回分で十分過ぎるくらい・・。これ以上飲むと脱水症状が出てしまうので、1日1回。そして、当日の腸洗浄剤だけ。ラキソベロンは飲まなくても、ちゃんと検査はできました。

普通は、医師の処方されたものをちゃんと飲まないと、疎まれたりしそうですが、私が通っている病院は、個人の体質をとても理解して下さっていて、麻酔が効き過ぎる体質の私に、通常の方の半分の量の麻酔で検査をしてくれました。

ありがたいことです。
検査は無事終わりましたが、半分にして下さった麻酔でさえも、他の方が一般量でさっさと覚醒して帰宅しているのに、私は半分の量でも全く覚醒せず、結局半分覚醒したのが検査が終わって4時間近くも経った3時頃でした。そして旦那様に迎えに来ていただきました。

前回の時は、自分で運転して帰れていたのに、更年期になると、体がとにかく変わるのだと身をもって感じています。

今思えば、もしも知らない病院で普通量の麻酔が投与されていたら、きっとこの世には戻れていなかったかも知れません。そんな意味でも行きつけの先生やスタッフの皆さまの存在はとてもありがたいことです。

病院は、健康になるためのお手伝いをしてくれるところ、と言う感覚ではあるのですが、私の場合は薬の量に体がかなり左右されるので、ほとんど命預けます状態。
更年期の壁、まだまだ厚いですねぇ・・。困ったもんだぁ・・(^ ^;)

あまりにも麻酔から覚めなかったもので、土曜日は14時にスタッフの方のほとんどが帰ってしまいました。
私の為に、遅くまで残って下さった先生、看護師やスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

本当は、説明まで聞いて帰る予定だったのですが、
なんでも、あまりに覚醒しないので、今説明しても覚えていないかも知れない、と次回の受診時に説明を受けることに。嬉しい様な、嬉しくない様な・・。(- -;)

昨日は、帰ると美味しい干しイモのプレゼントが。(*^ ^*)v
ヘンテコな体にへこんでいた時だったので、物凄く嬉しかったです。

SH3L03790001.jpg

SH3L03800001.jpg

SH3L03810001.jpg


プレゼントの主は、Fivestar-blueberry 正見園の奥様。

ちょこっとトースターで焼いて食べると美味しい、とのこと。少し加熱して食べましたよ。
甘みがあって、とっても美味しくいただきました。珍しいものを本当にありがとうございました!!!






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リベイルさん。「お薬でアレルギー」
それもかなり強いアレルギーがあられたんですね。
>半分量の麻酔でも・・・覚醒しない・・・>
>普通量の麻酔が投与されていたら・・・戻れていなかった・・・>
>・・・・ほとんど命預けます状態>
ホントに怖い。健診も>命>がけなのですね。
お薬を飲む時、常に注意しなければならない。。
常に自分が今までに何のお薬でどんなアレルギーがあったか解るように把握していなければならないのですね。
私の周囲で、お薬アレルギーのお話。聞いた事がなかったので、
今まで、思いもしませんでしたが、
お薬等で全くアレルギー等がなかった事。
有り難い事だったんですね。
それが有り難い事だという事も解らないで思わないで暮らしていました。and

ご自分の命に関わるお薬の事。詳しいですね。
私達は、先生に出されるがままのお薬を飲んでいますので、お薬名、全く解らずにいます。
胃カメラも大腸がんも私達は下剤以外にも、喉にシュッシュッしたり、注射したりするように思いますが、
下剤だけで、何もしないでも痛くないものですか。

大分は大変寒かった事と思います。
寒さも、もう少しですが、お薬に注意が必要なリベイルさん。
特にお気をつけ下さいね。

No title

> リベイルさん。「お薬でアレルギー」
> それもかなり強いアレルギーがあられたんですね。

高校生の時、サバアレルギーが出て、『脱感作療法』と言う方法を指導されました。子供が卵アレルギーが出た時も同じ名前を聞きました。だから、『中学に上がる前まで卵を一切与えてはいけない』と言われ、12年間卵抜きの調理も続けましたが、仕事をしながらの家庭でのフォローは、経済的にも調理時間も、もの凄い負担でした。でも、努力の甲斐あって、息子は今では目玉焼きも食べられる様になりました。(^ ^)v
丈夫に生んであげられなかったので、せめてもの罪滅ぼしができたかな、と思います。(笑)

20歳過ぎてから花粉アレルギーが最初でした。以来薬でもアレルギーが出る様になりました。
子供を産んでからも変わりましたし、更年期には、ますます体質が変わって来ました。

> >半分量の麻酔でも・・・覚醒しない・・・>
> >普通量の麻酔が投与されていたら・・・戻れていなかった・・・>
> >・・・・ほとんど命預けます状態>
> ホントに怖い。健診も>命>がけなのですね。

そうなんですよ。薬で3回意識がどこかに行きそうになりました。ホルモン剤の副作用では、1回は静脈血栓を起こし、ふくらはぎが痛くなったり片方の足だけ冷たくなりました。ミノマイシンの時は、立てないくらいの眩暈がしました。
『先生、この薬ミノマイシンて書いてあったけど、本当はメノマイシンでしょう?』と言ったら笑われました。

どこに行っても、お医者さんから敬遠されてしまいます。特に先生は抗生物質と鎮痛剤の処方の時は慎重になります(^ ^;)
そのせいで、足の手術をした時、私だけ痛み止めの処方をしてもらえなくて(ボルタレン座薬も合わないのと麻酔薬が効いているの両方でダブルパンチが怖いから)、気が狂いそうになるくらい痛くて36時間不眠で痛みと付き合いました。でも、痛くても死にはしませんでした(笑)


> お薬を飲む時、常に注意しなければならない。。
> 常に自分が今までに何のお薬でどんなアレルギーがあったか解るように把握していなければならないのですね。

はい。かかりつけのお医者さんからは、自分の体のことだから常に薬の名前は覚えておくように言われます。特に婦人科の先生からは厳しく指導されます。

> 私の周囲で、お薬アレルギーのお話。聞いた事がなかったので、
> 今まで、思いもしませんでしたが、
> お薬等で全くアレルギー等がなかった事。
> 有り難い事だったんですね。

何もない、と言うのはそれだけで丈夫に生んで下さったご両親に感謝ですよね。(^人^)
我が家は今思えば二人ともアレルギー体質だったかも知れません。嫌でも引き継いじゃいますよね~(笑)
chimchimさんが子供さんをアレルギーのない子供さんに生んであげられていたら、それだけで徳のあることだと思います。(*^ ^*)v

> ご自分の命に関わるお薬の事。詳しいですね。
> 私達は、先生に出されるがままのお薬を飲んでいますので、お薬名、全く解らずにいます。

結婚してから子供が二人ともアレルギーで体が弱くてしょっちゅう病院に連れて行っておりましたし、義父の介護も長かったので詳しくもなります。(笑)
それに、栽培マニアですから、風邪を引いた時にもらう抗生物質の中には土中の放線菌から取れるとか言うこともありますし、そう言う点からも面白いです。
人間と植物て正常、病気の時の対応、しくみ的には共通しているなぁ、と思います。
高校の生物でも習いましたが細胞レベルで考えれば、ミトコンドリア内でのエネルギー代謝の方法も同じみたいですし、体に必要な栄養素やミネラルも共通していますものね。

> 胃カメラも大腸がんも私達は下剤以外にも、喉にシュッシュッしたり、注射したりするように思いますが、
> 下剤だけで、何もしないでも痛くないものですか。

私が検査を受けている病院は喉にシュッシュッもします。その後は点滴から注射するらしいのですが、全身麻酔で検査してくれるので眠っている間に終わるので、シュッシュッまでしか覚えていません。だから痛くないんです。でも、麻酔薬の量がネックです。

> 大分は大変寒かった事と思います。
> 寒さも、もう少しですが、お薬に注意が必要なリベイルさん。
> 特にお気をつけ下さいね。

ありがとうございます。優しいお心使いに感謝致します。(^人^)
超長いコメントですみません!!!
がっつり手ごたえのあるコメント、本当にありがとうございました。リコメしていてとても楽しかったです。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード