スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西南暖地ブルーベリー研究会:林田伝兵衛氏の告別式

林田伝兵衛氏の告別式

平成21年2月12日13:00

福岡県にて林田伝兵衛氏の告別式がありました。

私が西南暖地ブルーベリー研究会が熊本でお会いしたのがご縁で、今回告別式に参列させていただきました。

伝兵衛さんの巨峰ワインさんをご訪問させていただいた時の記事はコチラです。

その人柄が一滴もあますことなく、全ての弔問客の方々のそれぞれの胸に静かに沁み入る様な告別式でした。

会場は、

JAにじ総合会館『アルカス』 http://nttbj.itp.ne.jp/0943742200/index.html

福岡県うきは市吉井町682-1

0943-74-2200

合同葬儀と言うだけに約400~500人ほど収容できる会場を2つ、葬儀だけでも800~1000人近い人ではなかったでしょうか。
駐車場には大勢の案内。ロビーに入ると、弔問客でごったがえしておりました。
まず、最初に感心したのが、記帳です。

私が今まで告別式にお参りさせていただいたところは、帳簿形式。それが会社用と一般用に分かれているのが通常です。
もちろん、受付は会社用と一般用に分かれてはおりましたが、記帳用紙が1枚1枚剥がせるタイプでした。
香典袋と記帳用紙とをセットで受け付けをするので、後で弔問客と名前の引当がスムーズだろう、と言うことがすぐにわかり、さすがだなぁ、と思いました。

そして、駐車場から歩いて会場まで来たので、何と言うこともなくコートを着たままで受け付けをしてしまいました。さて、邪魔になるコートを駐車場に置きに戻ろうかどうしようか、と思っていたら、会場横の通路には、ハンガーとコートをかけるスペースが大量に。これには助かりました。(笑)

受け付けで、西南暖地ブルーベリーの関係者の方は、前列に、とご案内がありましたが、ほとんど埋まっていた為、第二会場へ。私が座った時にはすでに第二会場も8割近く埋まっておりました。

祭壇には伝兵衛氏の慰霊。
これと同じ写真が受け付けでいただいた香典返しの品と式次第にもありました。

故林田 伝兵衛氏


私が伝兵衛氏にお会いしたのが、4年半ほど前ですから、当時73~74歳くらいだったと思います。この写真のまんまのお方でした。

林田伝兵衛氏は、老舗酒造家・若竹屋の十三代目にお生まれになり、大阪大学工学部発酵工学科を卒業されています。在学中は、清酒・醤油・果実酒の研究指導にあたり、工学博士号を授与されています。また、数度の渡仏にて、醸造品種ではない巨峰で日本食に合う酵母を探し当て、巨峰によるオリジナルワインを生みだされました。

また、地域でも久留米医大では、非常勤職員として講師を務められたり、地域の文化振興にも尽力されていました。

弔辞も弔電も、生前の伝兵衛氏のご活躍やお人柄がとてもわかりやすく、また語りかける様に自然でとても素敵な弔辞ばかりでした。式の間中、ほとんど泣きっぱなしとなりました。

完全に涙腺、壊れています。。。

お孫さんも伝兵衛氏のことを『おじいちゃま』と呼びかけ、同じ道を歩み、父を助け、伝兵衛氏の意思を継ぎたい、と弔辞を述べていらっしゃいました。現在、伝兵衛氏と同じ大阪大学工学部発酵学科で学んでいらっしゃる様です。

巨峰ワインにまた、今までにない新しいワインが生まれるのもそう遠い話ではないかも知れませんね。きっと伝兵衛氏がお孫さん達のそばでずっと新しいワイン作りとスタッフの皆様達の頑張りを見守り続けていらっしゃるに違いありません。

1時間40分ほどの告別式の最後を飾ったのは、伝兵衛氏がご希望されたと言う歌でした。
全員起立をし、全員が手拍子を取りました。全会場に響き渡る歌声は素晴らしく、きっと弔問をされた皆さんにとって忘れられない告別式になったと思います。
歌の名前は忘れましたが、農業公園の吉野さんの話では、この歌はお酒を醸造する時に、謳われる歌で、歌の節は酒造りの工程が合わせられているのだとか。この節まで歌ったら、この工程。ここまで歌ったら、この工程・・、と。

故人を忍んで伝兵衛氏の式次第に書かれていた
『其の心』の一節を引用させていただきます。

『人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬早からず、一瞬遅からず。しかし内に求める心なくば、眼前にその人ありといえども、縁は生じず』


私は、ブログを通じて、伝兵衛氏のおっしゃる、この一瞬早からず、一瞬遅からずのたくさんの出会いをして来たと思います。

きっと、この記事をお読みの皆様も、これまで同様、これからも良い出会いがあることでしょう。
だって、たくさんのご自分の好きなブログを読もうと思う心が、是、求める心だから(*^ ^*)

ブロ友、メル友、テル友の皆さ~ん、これからも宜しくお願いしますね~。(^ ^)/
特にキーワードは春。(笑)

帰ろうと駐車場を出ようとした時、駐車場の係の若いお兄ちゃんがニコニコしながら私の車のところに歩いてきました。
何か用事からしら?と思い、窓をあけると、

『今日は凄い人でしたね』
『ええ、本当に。通夜と葬儀を合わせたら2000人近くいたんじゃないかしら。』
『そうかも知れませんね。自分達も駐車場の予定していた場所の倍の数が必要でしたから』
『とても良いお葬式で、感動しちゃいました。』
『お人柄でしょうね。どちらからですか?』
『大分からです。』
『お気を付けてお帰り下さい。』
『ありがとうございます。そちらも、あともう少しですね、頑張って下さい。』

何だか、人なつこいのは土地柄なのでしょうか・・?(笑)
伝兵衛氏の愛してやまなかった田主丸やこのあたりの地域は、こんな暖かい町なのですね。


私は、伝兵衛さんを通じてたくさんのお友達ができました。ありがとうございました。


林田伝兵衛儀・合同葬儀


香典返しとしていただいたお酒には、伝兵衛氏の名が書かれておりました。(合掌)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬早からず一瞬遅からず。しかしうちに求める心なくば、眼前にその人ありといえども、縁は生じず

いい言葉ですね。
心に刻みました。
今までも特大のアンテナを張り巡らせてきたつもりですが
もう一本大きいの頭の上に建てようと思います(^^)

No title

ご愁傷様です。
ちょっと不謹慎かもしれませんが、自分の葬儀の香典返しに
自分が作った自信作のワインを返せるなんて、凄く羨ましいというか
魅力的な人生の完結だと思いました。
私もそろそろ何か考えたい・・・・ジャムか?

りょっつぁんへ

> 人生、出会うべき人には必ず出会う。しかも、一瞬早からず一瞬遅からず。しかしうちに求める心なくば、眼前にその人ありといえども、縁は生じず
>
> いい言葉ですね。
> 心に刻みました。

本当にいい言葉ですね。確かに、どんなに立派な方が周囲にいても、縁が生じない方は生じないし、りょっつぁんみたいにとても歩いて行ける距離じゃなくても、我が家の中で秋田の息子で名が通っているのもきっと縁なのでしょうね。(笑)

> 今までも特大のアンテナを張り巡らせてきたつもりですが
> もう一本大きいの頭の上に建てようと思います(^^)

ええっ、まだアンテナが・・!?(爆)
ああ~、なるほど。うんうん、それは超デカイアンテナが必要かもです。(*^ ^*)

仙人さんへ

> ご愁傷様です。
> ちょっと不謹慎かもしれませんが、自分の葬儀の香典返しに
> 自分が作った自信作のワインを返せるなんて、凄く羨ましいというか
> 魅力的な人生の完結だと思いました。

仙人さん、魅力的な人生の完結・・、うまいことをおっしゃいますね。(^ ^)
ただ葬儀をする、ではなくて人を感動させる告別式って、あるものなんですね。

> 私もそろそろ何か考えたい・・・・ジャムか?

すっかりジャムおじさんになりそうですね。(笑)次は何でジャムを作りますか?
今年はブルーベリージャムにも是非挑戦して下さいね~。

No title

こちらのサイトはご存知ですか。
http://www.47club.jp/shop/i/i41M-000038msy
伝兵衛さんの名を冠した純米酒と共に、ブルーベリーなワインなんかも。

KOHさんへ

> こちらのサイトはご存知ですか。
> http://www.47club.jp/shop/i/i41M-000038msy
> 伝兵衛さんの名を冠した純米酒と共に、ブルーベリーなワインなんかも。

KOHさん、嬉しいなぁ~・・。このブルーベリーワインのことをご存じでしたか。もしかして、そちらでも販売されていますか?
伝兵衛さんが研究会の親睦会で、会員の皆さんにたくさん振舞って下さっていたので、存知あげておりますよ。甘口で濃く、生ジュースに近い感じのワインです。ブルーベリーのリカーとは全然違います。会員の皆さん、特に女性の方には大人気なんですよ。
最近では、それの発泡酒もあると聞き、是非飲んでみたいと思っておりました。

また、ここの巨峰ワインさんは、相談すると自分の農園で採れたブルーベリーやぶどうなどをワインに加工してくれるので、大分農業文化公園では、ネヘレスコールやピオーネのワインなど、もの凄いマニアックなワインをここで作ってもらい、限定販売などもしているのです。(^ ^)v
KOHさんももしもお酒がお好きなら、いつか自前のブルーベリーワインなども作ってみてはいかがでしょうか。
ブルーベリーワインは大分では、唯一、ジャスコ狭間店に唯一卸されているんですよ。ここなら県内で購入できるんです。私は、見舞い返しなどの贈答用などに使っておりました。
胡麻焼酎紅乙女があるのは知っていましたが、あの様な超高級品とは知らなかったです(笑)
貴重な情報をありがとうございました。(^ ^)/
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。