沖縄の果実達



写真は、沖縄の方から購入したトロピカルフルーツ。

大きいものが釈迦頭、赤いものがアメイシャ、緑色のが左からフェイジアのマンモス、トライアンフ、アポロです。

アメイシャは鳥や虫から食べられるからなかなか人の口に入らないくらいに美味しいと言われる果実で、以前その話しを聞いた時、一体どんな味なのか、興味津々だったのですが、まさか今年中に手に入るとは思いませんでした。(笑)

では、さっそくいただきま~す。

アメイシャは、クコの生果の様なイメージを持っていましたが、全く違いました。

完熟間近の柿の実とふかしたサツマイモを練り合わせた感じの食感です。

赤いものは甘味があります。トロピカル感はあまりしません。

オレンジ色のは幼果です。これが意外にも、かりかりポリポリした食感で、甘味はまだあまりついていませんが、ちょっと面白い感じです。私は完熟果より、オレンジ色の幼果の方が気に入りました(爆)

それにしても実のサイズの割りに種が大きいです(笑)

フェイジアのマンモスは甘味もありますが、他の品種より酸味があるので、まだ追熟が足りないかもです。

3種の中で一番香りが少ない気がしますので、フェイジアの香りの強い品種が苦手な方はこの品種くらいが食べやすいかも知れないです。

ただ、追熟させずに食べたから単に、追熟したらまた香りが違うかな?

トライアンフ。ジューシーな甘味と香りがあって苦味はあまりありません。真ん中のトロっとしたところが美味しい。3品種の中で一番芳香を放っています。

アポロは、初めての方でも一番食べやすい味かも。甘味がのっているのと、適度な香り、甘味と酸味バランスが良い感じです。

3つを食べ比べていたら、最初の一口はインパクトが違うけれど、食べ比べているとだんだん差がわからなくなって、どれがどの味だったのか…?

フェイジアを何品種も食べていたら皆さんも、そう思えてきたりするのでしょうか…?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

釈迦頭って初見ですが、すぐ判りました。
あの大仏様の頭のブツブツに似てるからですね。
どなたが付けたか、うまいこと名前をつけたもんですね。

沖縄ではまだフェイジョアが収穫できるんですね。
さすが南国。

No title

あらぁ~!釈迦頭っていうんですか。
それにしても奇抜な外見をしていますねぇ。
この果物、進化の過程で何か辛いことでもあったんでしょうか?
是非、食味報告をお願いします。

村長さんへ

>釈迦頭って初見ですが、すぐ判りました。
>あの大仏様の頭のブツブツに似てるからですね。
>どなたが付けたか、うまいこと名前をつけたもんですね。

本当ですね。私もそう思います(笑)

>沖縄ではまだフェイジョアが収穫できるんですね。
>さすが南国

九州では11月末頃から1月頃収獲している方が多い様ですが、品種によっても多少違うのでしょうか。
村長さんのところは何月くらいですか?

仙人さんへ

>あらぁ~!釈迦頭っていうんですか。
>それにしても奇抜な外見をしていますねぇ。

トロピカルフルーツは外観と中身のギャップが想像もつかないものや、ギャップの大き過ぎるものが意外とあってミステリアスですよね。(笑)

>この果物、進化の過程で何か辛いことでもあったんでしょうか?

う~ん・・、そりゃ~もう、辛いことだらけ・・、なんてわけはないですね・・(笑)
その発想がどこの過程で生まれるかの、私にはそちらの方が興味があります(爆)

>是非、食味報告をお願いします。

うっ・・、すみません。私がブログでアップしていなかったので、楽しみにした方がいらっしゃったのですね。
実は、追熟過程で、表面が真っ黒になってくるんです。
本当は、常温で黒くなるだけじゃ駄目で、それから柔らかくなってから、さらに半日冷蔵庫で冷やすと美味しいらしいのですが、食べるタイミングがわからなかったもので、早く切り過ぎちゃいました。(^ ^;)
と言うことで、全く熟していない実を切ったから、スプーンも刺さらないくらい硬い・・。
当然まだ甘みものっていないです。
アテモヤ並みの極上の甘みを想像していたので、早く切り過ぎて自分が情けなくてガックリ・・。
大失敗の巻だったのです。

No title

こんばんわ

こちらのフェイジョアは11月~12月くらいが収穫期です。
年を越すことはめったにないと思います。

釈迦頭、だめでしたか。
残念ですね。
来年のレポを楽しみにしてますよ。

仙人さまの発想はすごいというか、たいへんです。
仙人さまのブログのリコメで、私は地獄へのお誘いを受けてしまいまして、せっかくのことですのでお断りもできす、さりとてお受けする勇気もなく。
どうですか?リベイルさまもご一緒に?

村長さん、お悔やみ申し上げます。

前回コメントでご家族のことを書いていらっしゃったので、気になっておりました。今年は寂しい年越しになりましたね。心よりお悔やみ申し上げます。

>来年のレポを楽しみにしてますよ。

ありがとうございます。是非楽しみにしていて下さいね。

>仙人さまの発想はすごいというか、たいへんです。

最近仙人さん、絶好調ですよね。
http://sennin2008.blog61.fc2.com/blog-entry-609.html#cm
の記事とコメント、拝見しましたよ。どちらも凄い!(笑)

>仙人さまのブログのリコメで、私は地獄へのお誘いを受けてしまいまして、せっかくのことですのでお断りもできす、さりとてお受けする勇気もなく。
どうですか?リベイルさまもご一緒に?

あ~、なるほど。それではこうしましょう。皆さんご一緒に大分に遊びに来て下さい。大分の地獄巡りの旅、私がご案内しますよ。(笑)
実は地獄にも楽しみはありましてね、血の池地獄もあれば、海地獄なんかもあったりします。

http://www.beppu-jigoku.com/pan.htm

たとえ、どんな地獄でも気の合う仲間と楽しむ心があれば楽しく元気になれるものです。(^ ^)v

村長さんも、今は大変だと思いますが、元気出して下さいね。こっちの地獄は温泉卵と蒸しプリンと温泉饅頭が美味しいんですよ~。(^ -)-☆
でも、仙人さんが地獄で開墾された果樹園で美味しい桃やさくらんぼやイチシクを頬張るのも捨てがたいです(ジュル・・)
仙人さんのせっかくのお誘いですから行かない手はないでしょう。極甘さくらんぼの季節になったらご一緒しますよ~(爆)

仙人さ~ん、地獄で開墾した暁には、さくらんぼの季節になったらちゃんと声をかけて下さいね。

ん・・・?そう言えば地獄に四季なんてありましたっけ・・?低温要求時間は満たしてたかな・・???う~ん、仙人さん、どうせ行くなら、事前調査と前準備がいりそうですね。(笑)

お悔やみありがとうございました。

こんばんわ、リベイルさま

あの世も賑やかそうで、まんざらでもないかもしれませんね。
そこへ好きな果樹を植えて楽しめればサイコーですよね(^o^;)

このたびは、父の飼っていた犬に先立たれました。
http://blog.livedoor.jp/greentea180cc/archives/2011-08.html#20110822
父が動けなくなったので、私が散歩させていたやつです。
知らぬ間に情が移っていたようです。
亡くなってしばらくは、茫然としてしまいました。
今はおかげをもちまして、楽しいことを考えられるようになりました。
ありがとうございました。

大分の地獄は、高校の修学旅行以来です。
そこなら生きている間に行けるので、いいかなと。
そのお誘いなら、大いに乗りたいです(^o^;)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード