植え付けの季節


























sappiさんから昨年プレゼントしていただいたブルーベリーの苗は順調に成長し、8号鉢から卒業です。

ついに畑の一員になります。用土はピートモスとココハスクとパーライトと鹿沼土を少々。
根張りもバッチリ。

元気に
畑の土はピートモスをメインで杉の樹皮を少し入れたものですが、合うかしら…?
どうか育って下さいね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きっと丈夫にグングン育つでしょうね。
牛肥バーク堆肥はどういうタイミングで施すのでしょうか?
また、紹介してくださいね。

村長さんへ

> 牛肥バーク堆肥はどういうタイミングで施すのでしょうか?

私は、通常は、植え付ける時にピートモスと牛堆肥または、牛肥バーク堆肥と元肥とココチップかパーライトなどを畑の土と混ぜて用土として使っています。
これは私の以前からやっている自己流で、ラビットアイや一部のハイブッシュやサザンハイブッシュには適応しますが、品種によっては受け付けない苗もあります。受け付けない苗は、ピートモスとココチップなどがメインで育てられたものとか、土の微生物環境が極端に違っていると思われるもの。または、山の畑とは全く違う環境で育った苗や極端に弱っている苗。

そんな時は、シンプルにピートモスとココチップだけとかにして、まず成長の様子を1~2ケ月くらいみて、根がしっかり付いたか、土を掘って見ています。根が張りだしてから、木の様子を見ながらリサイクル土などのいわゆる善玉菌と言われているものを追肥と混ぜてマルチをはぐって、土をすこしほじって埋め込み、また、土とマルチを戻す、感じでやっています。

ここの穴は、私がなかなか時間がなくて掘れないので、今年の春に息子と息子の友達に頼んで穴を掘ってもらったものです。3月にほった穴にピートモスや元肥、樹皮など入れて、上から土をかけていたものなので、この半年の間に適度に土の微生物の環境が良くなっているかな~・・、なんて甘い考えのもと、今回の植え付けの時は、根の周囲にピートモス+半年前に混ぜていた土を少し足して植え付けてみました。
先週見に行った時は、枯れていなかったし、クロロシスも出ていなかったので、良しとしています(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード