西南暖地ブルーベリー研究会(お肌に潤い・・ブルーベリーリーフティーと交流編1)

前回の研究会の記事で、書いた通りブルーベリーリーフティーの栽培農家さんに選ばれた20軒のうちの1軒の方のお嬢さんと同室と言う、なんとナイスなご配慮、ありがた~く感謝しながら記事にさせていただきます。(笑)

お部屋は女性の6人部屋。若き美女達と昔の美女達。皆さまのお話を伺っていると、やはりマニアですね。
そうそう、『くにさと35号』に関わっていらっしゃった『さと』さんの方は、その後ご結婚されて、今では新婚ホヤホヤ(^m^)この方も同室でした(笑)

でも、さすがに講演会~親睦会までの時間が区切られていて、すぐに親睦会になってしまったので、ちょこっとしか話せずにすぐに親睦会の時間に。

ひょっとして皆さんは親睦会がどんな風か気になるかもしれませんが、その記事は、次回に。


今回は二人目の美女をご紹介。


同室だった宮崎のさよちゃんから、会が終わって数日後に、ご自分のお父様がご自宅用に作っていらっしゃると言うブルーベリーの葉っぱ(粉末)のお茶をプレゼントしていただきました。(^ ^)v

このお嬢さん、私が研究会に参加した時、お話をしていて、一番広くて優しいくて爽やかなオーラを感じた方です。聞けば、オーストラリアに延べ5年間ほど滞在して農業のお仕事をしていらっしゃったとか。

ご本人様達のご了承をいただきましたので、写真を公開させていただきます。
とても仲の良い父娘さんです。

2011-9-(4)-さよちゃん

彼女が送って来て下さったものはこれ。

2011-9-7-さよちゃん (4)

ブルーベリーの葉っぱのお茶。竹酢液。竹炭。
全部ご自分のところで作っていらっしゃるそうです。凄いですね。
うちの記事を読んで下さったそうなので、私が木酢液のことを書いていたのを読んで下さったのですね。

2011-9-7-さよちゃん (5)

一番関心があったのがこれ。
こちらで作っていらっしゃるブルーベリーリーフティー。粉茶の様に粉末タイプにしてありました。
ラビットアイ ブルーベリー葉 粉末

キナ酸とプロアントシニアジンがたっぷり。(笑)
アンチエイジングの味方???


2011-9-7-さよちゃん (6)

こちらのブルーベリーは全て手摘みです。もちろん彼女もそのお仕事をされているそうです。

『新梢だけを摘むのに、なぜ一緒に実を摘んだりしないのですか?』

何だかマニアックな方からこんなご質問がありそうですね。

『ブルーベリーリーフティーを作る際は、花芽の付くよりも下で剪定してしまうので、基本的に幼果や実は混じらない様にしている』そうです。


竹酢液は、私が蒸留したものなら・・、と我儘を申しましたら、これをサンプルとして使ってみて下さいと、下さいました。このハーブはおまけかな?(笑)
淡い良い香りがしました。

2011-9-7-さよちゃん (7)


人に勧めるには、自分が使ってみないと伝え聞きだけでは、あまりにも信憑性がありませんし、プロアントシアニジンと言われてもピンときません。私だけ一足お先に・・、で申し訳けありませんが早速、使わせていただいてます。(^m^)


で、皆さん。私はこのブルーベリーリーフティーをいただいて飲み始めて約1週間になります。
ブルーベリーリーフティーは、お茶に加工した状態でひとり1日に2グラムくらい摂取すると良いらしいです。
(宮崎大学の研究結果)

私の体の変化。

まず、湯のみにこの粉末を小さじ1杯の半分くらい(約0.5グラム)を入れて、お湯を注いでそのまま飲んでみました。
すると、酸味は全く感じません。さ湯そのままよりも普通にハーブティーとしては飲みやすいです。毎日でもつづけられそうです。

これを飲む。
最初はあまりそれほど変化を感じませんでした。ただ、朝飲んでから、目の見えにくい感じが早く見えやすくなる感じがしました。でも、気のせいかもしれないので、はっきり視力検査をしてみないといけませんね。

翌日試したのは、小さじ1杯(約1グラム)の葉っぱを入れてお湯を注いでしっかり冷えてからの場合。
すると冷たくなる時に成分がしっかり出るのか、酸味が出てきます。でも、そこまでは酸味がきつくありません。

(さよちゃんちの場合は、10分間しっかり煮出しています。)

このしっかり成分が出たものを飲む。

すると、これは効果を感じますね~。飲んで、30~40分くらいで、体がポカポカして来ます。
私は冷え症の乾燥肌。肌の乾燥具合で季節を感じる人です。

更年期になってからどうも汗の出が悪くて、体の血行や新陳代謝の悪さが浮き彫りに。で、今年も乾燥を始めたとたんに肌が乾いて仕方無かったのですが、

1時間しないで、

肌がしっとりと潤ってきます。

極端な湿り方ではありません。腕や手に顕著にその傾向が出、続いて背中、腹部。最後に
お顔と頭部の順で潤い感が出てきました。

抗酸化作用のお陰で、体の新陳代謝が盛んになって体にたまった活性酸素や疲れ物質の乳酸が、CO2と水になってせっせと排出されているってことなんですよね。


実は、色々調べていたら、プロアントシアニジンと言う成分は、あの若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEの50倍の抗酸化作用があるらしいのです。

しかも、プロアントシアニジンには毛細血管を強くする働きもあったりして、水晶体の様に血管がなくて酸化・老化しやすい細胞の酸化を防いでくれるから、目にも効果が期待できる様ですね。

そんな毛細血管が強くなるって言う意味からも、薄毛で悩まれている方にとっても朗報だったりするのかな・・?



さよちゃんちは、一人2グラム程度を煮出して葉っぱのお茶を作り、それを普通のお茶とブレンドして毎日家族で飲んでいらっしゃるそうです。そしてブルーベリーの実も食べているそうです。今では、すっかりそれが普通になっているそうです。


皆さんが気になるのは、それが効いたのかどうかですよね。

さよちゃんのお父様は、お茶とブルーベリーの併用で、メタボが改善し、老眼鏡がいらなくなったそうです。(笑)

私の場合は今一番実感しているのは、体温が上がって新陳代謝が確実に上がっていると言うことと、肌に潤いが出て来たと言うこと。
1ケ月後にどんな風に何を体感しているか、とても楽しみです。


もし、このブルーベリーリーフティに興味のある方は、『ブログを見ました』と↑の写真の名刺のご連絡先までお電話か、こちらの鍵コメをご利用してお問い合わせ下さいませ。

こちらの鍵コメをご利用の方で、サンプル(3日分程度)をご希望の方は10名様に限り、無料で封筒にてお送りいたしますので、ご連絡下さいね~。
その際には、

ご住所
郵便番号
氏名
メ-ルアドレス

をメールに忘れずに入れておいて下さい。
ハンドルネームと実名を知られたくない方は、実名のみでも構いません。

このお茶はご自宅用で消費されているものをご厚意で分けて下さいました。本職をお持ちのこともあり、ネット販売をしていないんです。

あれれ?

この記事を読んで、前の写真でお腹や髪やお肌を再度チェックされた方、もしかしてお悩みが・・???

大事なことを1点。

アントシアニンの仲間は、光を嫌います。だから、もしゲットされたら、冷暗所で保管して下さいね~。


そして、もうひとつ気付いたこと。

『体に炎症がある時には注意です。例えば痒いところがある方は、血行が良くなる為、痒みがアップします』


今のところ、アレルギー体質な私ですが、蕁麻疹など取りたてて反応は無し。
しいて言えば、アレルギー性の皮膚炎があったところが赤くなったくらい。
そして、ポカポカは翌朝にはすっかり落ち着ています。

そうそう、さよちゃんの話では、レモングラスの乾燥させた葉を一緒に入れて飲むと美味しいらしいです。
もしご自分でお茶を作る方がいらっしゃるとしたら、紅茶の様な発酵はさせないで下さい。
成分が激減するそうです。乾燥が一番良いので、宮崎では特殊工法の釜入り茶なんですよ。
これは、学会で発表済みだそうです。
ただ、その特殊なお茶の製法は宮崎大学と県の特許だそうですよ。

さよちゃんのお父様、さよちゃん、本当に貴重なものをありがとうございました。m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード