スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分文化農業公園の不思議な果実(その3 メンデルの葡萄)

さらに続けて農業公園の珍しいもの、それは遺伝の法則で有名なメンデルさんの葡萄です。

その遺伝の法則を葡萄で試みようとしたけれど、結果が出るのに時間がかかる為、花や豆で実験をされ、優劣の法則などを導いたそうです。
その葡萄がこれ。

2010-08-農業公園-メンデルのブドウ


実は、これ実験的に右半分と左半分が違うの、わかります?

近づくとわかるんです。

左のは、大小が混じった房です。

2010-08-農業公園-メンデルのブドウ2

右のは、均等に実が大きいです。(写真はありませんけど)


そう、ブドウを育てている方ならピンときましたね。
当たり!!!
ジベレリン処理(成長ホルモン)済みが右側なんですよ。


ここで問題、左のはなぜ大小があるのでしょう?

【答】

大きいものは、受粉が完了しているもの。種が入っている分サイズアップしています。
小さいものは受粉できなかったものは肥大が少ない。

どうやら葡萄は、受粉しなくてもちゃんと実が付く果物なのですね。
それにしてもジベレリン処理するとこんなに奇麗に粒がそろうのですね~。

そして、私が何よりたまげたのが、この木がたった1本の木でこれだけの実を付けているということです。
吉野さんの話だと、この木にはナント、500房ほど実がぶら下がっているらしいです。

私、葡萄を栽培していて、今年は1房も実を付けることができなかったので、その凄さが目にしみる~(笑)

そして毎度お馴染み、この風景。私にとっては吉野さんと言えば、やっぱネヘレスコールでしょう。


2010-08-農業公園-ネヘレスコール


これは重さの部門で世界一になるのは・・・。

2010-08-農業公園-ネヘレスコール2

今年もギネスにチャレンジされるそうですよ~。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
ブドウが滝のようにぶら下がっていますね~(^^)
これはこれは、なかなか絶景です(笑
やはりブドウは、雨除けが必須ですよね。雨をよけないと病気がかなり出ますからね。
ブドウのギネス記録なるものがあったのですね。知りませんでしたよ。
個人的には、たくさんなるよりも美味しいブドウが一番ですけどね(苦笑

内緒さんへ

どちらも無事に帰れて何よりでした。
留守中、気が気ではなかったことでしょう。
記事、楽しみにしております。
少しでも状況が良くなっていることをお祈りします。

くまくまばんばんさんへ

>ブドウが滝のようにぶら下がっていますね~(^^)

なんとも羨ましい限りですよ(笑)
やっぱりプロだなぁって思います。毎年、摘み取り体験に来ていますよ。

>やはりブドウは、雨除けが必須ですよね。雨をよけないと病気がかなり出ますからね。

そうそう、虫と雨は大敵ですね。その代わり、ムンムンと蒸れないような管理が大変そう・・・。

>ブドウのギネス記録なるものがあったのですね。知りませんでしたよ。

長さを競うのではなく、重さで競うそうですよ。昨年は及ばず・・、でした。残念でしたよ。

>個人的には、たくさんなるよりも美味しいブドウが一番ですけどね(苦笑

美味しい葡萄、良いですよね~。
こちらの葡萄は、たくさんなる上に糖度が高くてむちゃくちゃ美味しいんですよ。ですから、どうかすると摘み取り希望人員が多すぎて・・(笑)
摘み取りする方のほとんどが私の様なリピーターなんですよ。
くまくまばんばんさんは、どんな葡萄が好みですか?
葡萄が好きと言うことはジャポチカバも大ファンになるかも知れませんね~。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。