大分文化農業公園の不思議な果実(その2 蟠桃 ばんとう)

昨日に続き、農業公園の珍しいもの、それは変わった形の桃です。
名を『蟠桃』(ばんとう)と言います。


皆さんは『西遊記』の話はご存知ですか?
玄奘三蔵が中国から西域(せいいき)を通り、インドにお経を取りに行く話ですよね。もしかしたら孫悟空の方がお馴染みかも知れません。


『西遊記』の中では、不老不死の仙女である西王母が大事に育てていた蟠桃を、その畑の番人をしていた孫悟空が、あろうことか、勝手に次々と食べ、不老長寿の体になってしまいました。不老長寿の体になった孫悟空はどんな刑にあっても死にません。そして五行山の岩の下に閉じ込められるというエピソードが出てくるそうです。

 
9000年に一度しか実らない、と言われているこの桃・・・それは物語の中のお話。実際には、毎年、実りるそうです(笑)
(ネット検索をすると、3000年に一度とHPなどに書いている人もいますが、もしかしたら1個食べたら3000年生きる、が正しいのでしょうか・・・、詳しいことよくわかりません)


その桃が農業公園にもあるんですよ。
そのお姿がこれ。

2010-08-農業公園桃


ちょっと後姿も拝見。

2010-08-農業公園桃2

う~ん、何とも言えない姿ですね~。


今まで、白桃が頭の中にインプットされている桃の姿なので、こんな変な形は始めてですね~。
吉野さん曰く、どうかすると、種が割れて、ドーナッツ状に穴あきタイプもできることもあるとか・・。超レアかも(笑)


果実が扁平形なので平桃(ぴんたお)とか座禅桃と呼ばれるそうで、中国の揚子江地域が原産の原種に近い桃です。
ここで栽培されているものは、一昨年この青い印の部分で接ぎ木され、昨年伸びた枝に今年花が咲き、実になったもの。しっかり付いていますね。

2010-08-農業公園桃3

実は、この蟠桃、かなり変な形をしていますが、糖度は白桃よりずっと高く、甘さと酸味が程よくて美味らしいです。日本でも生産者が非常に少なく、幻の桃と言われています。
ネットで調べたら、7個で送料込価格 約5000~6000円くらいでした(^o^)

ひぇ~、お味見したいとか我儘言わなくて良かった・・・(- -;)

この実が終わったら、来年また接ぎ木をして『蟠桃』(ばんとう)を増やすそうです。
私達一般人の口に入るのは、何年先でしょうね~。

そのうち、農業公園でも一般向けに摘み取り体験あるかもしれないけど、人数限定なんだろうなぁ・・。寂しっ!!!

もしこの実を食べることができたら、あなたも不老長寿に・・・、なれるかな?(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

蟠桃の品種

蟠桃は、20年前には園芸カタログに登場していましたので、そんなに珍しいものではないように思います。
私が食べた限りでは、味は普通のモモと変わりません。おいしいモモか、そうでないかの違いだけ。
日本独自の品種も誕生しているようで、通販では色々な品種が手に入ります。
原産地の中国でも色んな品種があるようですね。
http://baike.baidu.com/view/299240.htm#5

KOHさんへ

KOHさん、藁のコメントもありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。
そしてこちらにも、連ちゃんでのコメント、感謝感謝です。

>蟠桃は、20年前には園芸カタログに登場していましたので、そんなに珍しいものではないように思います。

あはは、KOHさんのところは、珍しいものがいっぱいある県ですからね~。そう思われるなんて、なんて羨ましいんでしょう。
この記事での珍しさの物差しはあくまでも記事を書いている自分ですからね~。流通の悪い大分の地から偏見の塊で書かせていただいておりますよ(爆
すみませんm(_ _)m
この品種は20年も前からありましたか。でも、私達の食卓にも、スーパーにも並んでいないので庶民からすると、と~っても珍しいものです。e-328>

>おいしいモモか、そうでないかの違いだけ。

で、KOHさんは美味しかった?美味しくなかったです?

私、思うのですけれど、この品種を栽培しネット販売しているところ4軒ほど拝見しました。信州その他内陸部の方が多い様な気がします。
そして、それらを購入して食べた方のブログも4人ほど訪問してみました。殆どの方がブログでかなり甘いと評価されている・・。この桃もきっとそんな昔から栽培されてきているのに、現在ネット販売しているところが少ないと言うことは、それだけの味になる様に栽培できる技術を持った方が少ないのと、その蟠桃が甘くなるだけの日照時間が足りない場所で育てられ、甘さの実力は十分ある品種なのに、低い評価のまま諦められてしまったケースと、値が高く設定され過ぎて直売では売れないなんて言う問題がある様な気がしてなりません。

これは、蟠桃を食べたことがない私の個人的な感想です。(笑)
一度食べてみたいと思いましたが、1個800円~1000円ではよほど好きな方や大切な方への贈答用でないと庶民には・・です(笑)
ひたすら農業公園でお味見できる日を待つことにします。

お味見できたら、記事にしますのでその時はまたコメント下さいね~。
(^ ^)/

>日本独自の品種も誕生しているようで、通販では色々な品種が手に入ります。
原産地の中国でも色んな品種があるようですね。
http://baike.baidu.com/view/299240.htm#5

↑のサイト、拝見しました。ありがとうございます。
翻訳サイトで見ましたが、翻訳するとみんな同じ様な表現になるので、記述が日本語でバリバリわかりやすく説明してくれているところがあるとさらに嬉しいです。(^人^)

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード