スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コゴミ

GW中には、ちょっと珍しい戴き物をしました。
義母の友人からいただいたコゴミです。

2010-5-3-こごみ

天婦羅、お浸し、炒め物などなど、お料理のレパートリーの多い、癖のない美味しさ。
嬉しい一品です。

ご希望の方がいらっしゃれば、株が増えたら、お裾分けしますのでご連絡下さいね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コゴミ…プランターでも育てられるんですね♪
あの土の香り…プランターで育てたものでも再現できるものなのでしょうか。。。
それにしても…数が沢山ないとおかずの一品にもなりませんから、しばらくは収穫を我慢して地下茎を太らせて…という手順になるのでしょうね^^;
粘り強く気の長そうなReveilleさんならそれも可能なのでしょうね^^

さちこさんへ

>コゴミ…プランターでも育てられるんですね♪
あの土の香り…プランターで育てたものでも再現できるものなのでしょうか。。。

初めて育てるので本当はわからないんですけど、普通のプランター用の土で育てています。直射日光がガンガン当たるときつそうなので、午後からは、車庫の蔭になるところへ置いています。
あの香りは、独特なんですけど、料理によってはまるで貴婦人の様な風味の感じが好きですね~(笑)

>それにしても…数が沢山ないとおかずの一品にもなりませんから、しばらくは収穫を我慢して地下茎を太らせて…という手順になるのでしょうね^^;

はい、毎年シーズンになるとコゴミが届きますので、それをいただいてます(笑)我慢ならいくらでもできますよ。・・・って、我慢していることにはなっていませんけど(爆

>粘り強く気の長そうなReveilleさんならそれも可能なのでしょうね^^

粘り強くで思い出しましたが、今年チャンドラーの鉢で実生を見つけました。ラビットアイかハイブッシュかまだわかりません。

またまた、オニールの実生に続いて気長~に育てようかと思います(笑)
さちこさんちの鉢にも、よ~く見たらあるかも知れませんよ。
・・・、あの残業続きでよく観察する時間があるなぁ、って思うでしょ。
あるアイテムで夜な夜な観察しているんですよ(笑)
今度紹介しますね。

No title

コゴミは中々株が増えないのですよね。太りも遅いし。
有機を沢山入れれて加湿気味にすると太りが早いと思います。

No title

山菜作りも楽しいですよね。今度はコゴミを始められますか。
我が家も育ててみたいけれど流石に場所がそろそろ厳しいかもしれません・・・。
プランターでどんな感じに育つか楽しみです♪

座敷童さんへ

>コゴミは中々株が増えないのですよね。太りも遅いし。
有機を沢山入れれて加湿気味にすると太りが早いと思います。

そうでしたか。義母の友人宅のこれを植えているところが土手状の傾斜部なのですが、土手のあたり一面にこれが生い茂っています。もう株が増えすぎて・・・って、私にくれたんです。だから始末に負えないくらい繁殖するものだと思っていましたが、ブルーベリージャングルの中なら、繁殖力が旺盛でなくてもちょっと嬉しかったりします。家の周りのスペースが・・・(笑)
育て方、教えていただきありがとうございます。藁か腐葉土をたっぷりあげてみますね。なんだか、座敷童さんも先生みたいです。(^ ^)v

Berryさんへ

>山菜作りも楽しいですよね。今度はコゴミを始められますか。
我が家も育ててみたいけれど流石に場所がそろそろ厳しいかもしれません・・・。

何だかんだ言いながら、栽培するものがだんだん増えていって庭が狭~くなってきていますよ。そして梅雨時期になったら庭にネットも張るので、いよいよ狭くなり、家族への肩身も狭くなりそうです・・・(^ ^;)

>プランターでどんな感じに育つか楽しみです♪
義母の友人宅とは、夏の気温がこちらの方が暑いので夏越しが心配なんですよ。
来年の春にコゴミの収穫の記事がなかったら暑さにやられたんだ、と思って下さいね~。

うちにもあります

ゼンマイはあまり増えないのですが、クサソテツミは爆発的に増えます。
うちでも観葉植物として育てていました。水切れしやすいのが欠点でしたね。
ゼンマイと同様、湿った土地を好みますが、ゼンマイよりは乾いたところが好きなようです。

KOHさんへ

>ゼンマイはあまり増えないのですが、クサソテツミは爆発的に増えます。

あはは、KOHさんのところって本当に何でもありますね~(笑)
クサソテツミが正式名でしたか。またまた勉強になりました(^ ^)v

>うちでも観葉植物として育てていました。水切れしやすいのが欠点でしたね。

同じ観葉植物でも食用にできるのが嬉しいですよね。水切れし易いのですか。夏場は気をつけないといけませんね。来年は少しでも収穫したいのと、実生を見てみたいです。

>ゼンマイと同様、湿った土地を好みますが、ゼンマイよりは乾いたところが好きなようです。

これが生えていたところが日当たりの良い土手の傾斜で近くに用水路があってしかも水はけが良いところだったので、茂るわけですね。
そう考えると今まで最高の場所からうちに来て、ちょっぴり可哀想だったかもしれませんね。(笑)

ミ?

あ、1文字余分だった…。
そのまま「クサソテツ」で結構です(笑)。
シダは胞子で繁殖するので実生はなかなか大変だと思います。
室内で育てている鉢物に水苔が乗っているなら、そこに胞子を蒔いておけば発芽します。
他のシダですが、うちは室内で育てている観音竹の鉢でやってます。

KOHさんへ

題名の『ミ?』って何だろう・・・???って、思いましたよ(笑)

>あ、1文字余分だった…。

あ、私も言われるまで気づきませんでした(爆
すみません、こちらも・・で(笑)
(very blueさん、今日も・・でも笑わないで下さいね~。・・私もしつこいなぁ・・、どうもオバサン度が進んでいる様な・・・)

>そのまま「クサソテツ」で結構です(笑)。

はい、了解です。(*^ ^*)v
修正かけときます!!!

>シダは胞子で繁殖するので実生はなかなか大変だと思います。

げげっ、と言う事は飛びに飛んで、我が家以外の家に自生するのが出てきちゃうわけですね(笑)
確か、KOHさんのコゴミも自生でしたよね。

>室内で育てている鉢物に水苔が乗っているなら、そこに胞子を蒔いておけば発芽します。

水苔に胞子ですか。なるほど~。早速今度、試してみようかな・・・。

>他のシダですが、うちは室内で育てている観音竹の鉢でやってます。

KOHさんのおうちって本当に色んなものがありますね~。
子供さんたちも半端なく凄いけど、何もかも、びっくり玉手箱ですよ(笑)

クサソテツの繁殖

クサソテツが爆発的に繁殖できるのは、地下茎で繁殖できるからです。
ゼンマイのような株を作り、ワラビのような地下茎で増えるわけですから、繁殖力はかなりのものです。
胞子で繁殖することは、家庭ではまずないと思いますよ。

KOHさんへ

>クサソテツが爆発的に繁殖できるのは、地下茎で繁殖できるからです。
>ゼンマイのような株を作り、ワラビのような地下茎で増えるわけですから、繁殖力はかなりのものです。
胞子で繁殖することは、家庭ではまずないと思いますよ。

そうでしたか。なるほど~。
あ、そう言えば関係ないのですが、先日HCでコゴミの苗が1株198円で売られていました。
長いこと、暇があるとちょこっと寄っちゃうんですけど、初めてでしたね~。(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。