FC2ブログ

ツルまで出たら試してみよう〜

これは去年くらいから不調のブドウのロザリオビアンコの実生。数年前、食べた種を撒いておいたら3年後から収穫できる様になり、隔年結果ではありますが、木は小さいのにたくさん実がなります。
一昨年実のならせ過ぎで昨年途中まで実を付けたのに、体力付きて枯れ始めたので、手入れしてやっとここまで回復しました。

この木は以前は私が毎年記事にしているスチューベンと同時期に花が咲いていたのですが、昨年は実が一つも付かず終い。今年は、ツルまでは出ました。
実の出来損ないみたいなのもチラホラ。
でも一週間経ってもなかなか蕾が付いてくれません。

20200511012432cc5.jpg
ブドウの蕾はツルとセットで出て来るけれど、ツルは摘んでも花芽は摘まないでおきます。ツルだけカットすると、そちらへの栄養が回って来て、やがて蕾の基礎らしきものが出て来ます。
でも、今の状態は絶対的に根が弱っているか栄養が足りていないみたいで、一週間当たりの成長が芳しくないので、2000倍希釈した液肥を2週間続けてあげてみた結果、

202005110124368a7.jpg
こんな風な成長をして来ます。

20200511012435016.jpg
これは全て5月10日撮影分です。
2週間前は一枚目の写真ほどしかなかったものが、2週間で蕾の形がはっきりし、ブドウらしくなって来ました。

2020051101243337c.jpg

さて、昨日も液肥をあげたので、一枚目〜三枚目の写真のも、ブドウっぽくなってくれると良いなぁ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 果樹は、隔年結果など植物生理などが分からないと剪定や肥培管理など難しいですね。このように1年かかりで試したりって、なかなか出来ることでないですね。
 マイガーデンも果樹は、柿、夏みかんなどいろいろありますが、お礼肥などもせず、収穫だけ。自分の花と同じ思いの愛情が果樹にも必要ですね。

No title

これが噂のブドウですね。
私も以前より液肥をあげる回数を増やしてみました。
実生から実がなるまで育てられるとは、あっぱれです。
うちのは苗木を植えたのがいまだ実らず。
隔年でもいいから実を拝んでみたいです・°・(ノД`)・°・

No title

ブドウの蕾はツルがセットで出て来るのを初めて知りました。
ツルは摘んでも花芽は摘まないのですね(メモメモ)
私の所にも実生のブドウが生えてきたのですが、
どうして良いものやら困っていたところでした。
ちょっと育てて見ようと思います。

リベールさん

お仕事お疲れ様です。

ブルーベリーも気がかりですが 教えて頂いたぶどうです。
今年こそと思いきや全く蕾を見ることはかないませんでした。
木自体はいいかんじなんです。三年経ちました。

切り替えてりんご 柿 オリーブ それと日本蜜蜂
遠い畑に通います。

こんばんは♪

ふ~む、ブドウって難しいのね。
ツルはその辺に絡まるから必要だと思っていたわ。
明日、しみじみ眺めてみようっと!

※今日はお疲れ気味です。ねむぅ

しんごさん、こんばんは~。

>  果樹は、隔年結果など植物生理などが分からないと剪定や肥培管理など難しいですね。このように1年かかりで試したりって、なかなか出来ることでないですね。

昔から実験もどきが大好きなんです。隔年結果もわかっていても"食べたい、家族や友人に食べさせたいと言う欲"のなせる業で、ならしてしまうんですよね~。
試して何らかの結果が得られるのって、凄くすっきりするから好きです。
偉人のお言葉をお借りすれば、失敗は、その方法では駄目だって言うことがわかっただけで大成功なんです。^ ^

>  マイガーデンも果樹は、柿、夏みかんなどいろいろありますが、お礼肥などもせず、収穫だけ。自分の花と同じ思いの愛情が果樹にも必要ですね。

うん、うん、何だかわかる気がします~。しんごさんのお花に対する愛情は半端ないと思います。それは美しく育ったお花を見れば、愛情のほどがいかほどか伺えます。

人はそれぞれ、自分自身にも、植物にも、金属や石や樹脂などにも、もちろんお花にも、色にも波長があります。
人の持つ波長はそれぞれ違いますから、しんごさんの持つ波長とぴったり合って同調できるのが"しんごさんが育てられているお花"なのではないでしょうか。だから苦もなくお手入れして、幸福感が得られます。

私の場合は、ブルーベリーやブラックベリーやブドウのスチューベンなどがそうです。(^ ^)
とても惹きつけられて、傍にいるだけでとても心地良いのです。
同じ木でもスモモの類はそこまで感じません。
金属と波長が合う方は車とか好きでしょうし、石の類と波長が合う方は宝石とかの方に惹きつけられるかも知れません。
それもそれぞれ個性ですよね。

海月さん、こんばんは~。

> これが噂のブドウですね。

そうそう、アレです。(笑)

> 私も以前より液肥をあげる回数を増やしてみました。

グッジョブ!(笑)

> 実生から実がなるまで育てられるとは、あっぱれです。

実生って、その環境に適応しやすいものだけが生き残るので、欧州系とかより遥かにその土地でも育つんですよ~。
ちなみにスチューベンは挿し木なので、台に接いだものではなくて自根です。

> うちのは苗木を植えたのがいまだ実らず。
> 隔年でもいいから実を拝んでみたいです・°・(ノД`)・°・

そのお気持ち、よ~くわかります。私もシャインマスカットやクィーンニーナとかはHCの購入分は成育が・・・。甘くて美味しいのは虫も大好きです。

あの~・・、スチューベンの挿し木があります。海月さんのところの気候に合うかわからないけれど、1本お送りしましょうか?

katatakaさん、こんばんは~。

> ブドウの蕾はツルがセットで出て来るのを初めて知りました。
> ツルは摘んでも花芽は摘まないのですね(メモメモ)

katatakaさん、なんと栽培熱心な・・・。頭が下がります。(*^ ^*)

> 私の所にも実生のブドウが生えてきたのですが、
> どうして良いものやら困っていたところでした。
> ちょっと育てて見ようと思います。

わぉっ、katatakaさん、ブドウの実生のお仲間でしたか~。わ~い、嬉しいなぁ。
はい、是非!
記事を楽しみにしています。^ ^

ゆうちゃんさん、こんばんは~ Re: 蕾

> リベールさん
>
> お仕事お疲れ様です。
>
> ブルーベリーも気がかりですが 教えて頂いたぶどうです。
> 今年こそと思いきや全く蕾を見ることはかないませんでした。
> 木自体はいいかんじなんです。三年経ちました。

ゆうちゃんさん、残念でした。
ブドウは元気の良いものは挿し木後2~3年で初花芽を付けますが、普通は遅くても4年目には花は付きますので、来年に期待です。
来年は2月の時点でリンの割合を今より少し増やした施肥(マグアンプ+魚粉+骨粉+有機肥料8:8:8の混合)とはいかがでしょうか。
窒素分が多すぎると肥料バランスが崩れて、花がいつまでも付かず、私は何度も失敗しています。

それでも花が付かなかったらウィルス感染していて不調の可能性もありますから、ウィルスフリー苗木を購入しておくか、HCで花芽が付いているのを見てから購入する、と言うのも手かも知れません。

> 切り替えてりんご 柿 オリーブ それと日本蜜蜂
> 遠い畑に通います。

ゆうちゃんさん、毎日暑い、遠い、のにお疲れ様です。瀬戸内気候にオリーブは羨ましいです~。日本ミツバチも始めましたか。

みやこしゃ~ん、こんばんは Re: こんばんは♪


みやこしゃん、お疲れなのにコメントに来て下さってありがとうございます~。

> ふ~む、ブドウって難しいのね。
> ツルはその辺に絡まるから必要だと思っていたわ。

枯れる原因になったり、網に絡まったまま成長すると木質化して外れなくなるから指でプチつて切れる内に切っておくと後で手入れが楽なんですよ。^ ^

> 明日、しみじみ眺めてみようっと!

はい、是非!

> ※今日はお疲れ気味です。ねむぅ



おやすみなさ~い。(_ _)zzzz
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード