FC2ブログ

ドッグショーに行って来ました2010年大分(その3)

昨日はドッグショーの記事・・・いや、ワンちゃんの写真を楽しみにしていて下さっていた皆様、すみません。
ブログをお休みしました。

今日でドッグショーの記事は3日目になります。

実は、場所のこと、記事にする予定でしたが
あお父さんからズバリ、この様なコメントをいただきました。

『それにしても、今回山国川の河川敷とは、思いっきり福岡県境じゃないですか!?大分川とか大野川とかでは、良い場所がなかったのかもしれませんね。』
そうなのです。あお父さんのおっしゃる通りなんです


会場を選定するのも親友Aさんの大切な仕事だと言います。
ここの河川敷はかなりの広さがあって、この会場の隣はテニスコートもあります。
ここに限らず、ワンちゃん達のご主人様や代理人様達は、全国からお見えになっています。
オーナーさん方は、県外から来られる時には家に数頭だけ居残りさせるわけには行かず、出場しないけど連れて来たいワンちゃんも多いのですよ。

そこで必要なのが会場と駐車場が目と鼻の先であると言う条件。
多い方で一度に10頭くらい連れて来られる方もいますから、これを満たさないといけません。
また、ショーに出るからと言っても、躾けられているとは言え、普段は番犬として飼われているワンちゃんも同席していますから、見知らぬ人に吠えることも・・・。当然、住宅街の中にある施設だと夜間のワンちゃんの鳴き声が地域住民の苦情の元。そんな場所はNGとなります。そんな苦情のこない場所、それも必要なんです。

そうやって県内で開催できそうな場所を協会に代わって探すのも親友Aさんにとって大事な仕事なのだそうです。会員さんへお渡しする会報(ドッグショーでの名簿も含む)作りと印刷、当日の受付、苦情処理までも彼女が一人で担当しています。
苦情と言うのは、例えば会員さんの中でご本人は出場手続きを取っていたつもりだが、実際には手続きが完了していかった・・・などなど。手続きが終わっていなければ、当然ショーにも出られませんし、名簿にも記載されません。そんなお客様へも、きちっと対応されるのですよね~。

そんな会場がこの広さ。

2010-02-14-ドッグショ- C (0)

【写真C-1】

コリー(額から鼻にかけ、真っすぐ一直線でしたらだったらの条件付きで)
イギリス、スコットランド

****さちこさんからのコメント
『うわ、さっそく難しいですね^^;
Reveilleさんもおっしゃってるようにコリーか、祖先はコリーと同じでもより小型のシャットランド・シープドッグか…。
ちょっとだけ写ってるコーギーと比較して…やっぱりコリーかなぁ。。。
お顔の写真がもう少しはっきりわかればいいんですが…。
Reveilleさんのお手元の(編集前の)お写真で、額から鼻にかけ、真っすぐ一直線でしたら間違いなくコリーです。

ちなみに、コリーだと原産はイギリス、スコットランド。
シェルティーだとイギリスでもシャットランド諸島です。』

うふふ、懐かしい~。
このワンちゃんを見て懐かしく思う年代の方って私と年が近いのでしょうか(笑)
かいづさんやBerryさんあたりは知っていますかねぇ・・?
座敷童さんあたりはどうかしら。あお父さんやsappiさんは、『まだ小さかったから知りましぇ~ん』とかおっしゃるかな???(笑)

『名犬ラッシー』って言うドラマでしたが、ちょっと犬種が違ったかしら。

2010-02-14-ドッグショ- C (1)

【写真C-2】

チワワ
中北米大陸原産です。

****さちこさんからのコメント
『毛色がいろいろありますからね~。』

おっ、このワンちゃんは私が抱っこさせていただいたワンちゃんと似ていますが、別のワンちゃんでしょうか。

2010-02-14-ドッグショ- C (2)

【写真C-3】

パピヨン
ヨーロッパ(フランス、ベルギー)原産

****さちこさんからのコメント
『この子、まだ耳の飾り毛短いので子犬ですね~。
パピヨンってピョンピョン垂直に飛ぶんですよ^^ 』

こちらオーナーさん、『この子はいいけど、私は載せないでね~(笑)適当にトリムしてね~』
はい、確かにお約束は守りましたからね~(^ ^)v
でも、このくらいは良いですよね。これ以上トリムしちゃったらワンちゃんが切れちゃいます。
・・・にしても、トリムしてね~って、普通言いませんよね。
この女性の方、何者なんでしょう???(笑)

2010-02-14-ドッグショ- C (3)

【写真C-4】

シーズー
中国原産

例の美貌の持ち主の前でトリマーさんに奇麗にしてもらっているところです。
早朝からお疲れ様です。トリマーさんもワンちゃんの美容院で働くだけじゃないのですね~。知りませんでした。

2010-02-14-ドッグショ- C (4)

【写真C-5】

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
イギリス(スコットランド西部のハイランド地方)原産

『この子はこんな風に顔全体がふっくらする様にカット&ブローをするんですよ』
そう言って、形作って見せてくれました。
う~ん、このワンちゃんはどこかで見たことがあるのかも知れませんが、もうカットしちゃっているのでもともとのお顔は想像が付きません(^ ^;)

2010-02-14-ドッグショ- C (5)

【写真C-6】

ウォルシュ・コーギー・ペンブローグ
イギリス原産


よく吠える犬でした。私は、この犬からは嫌われていた見たいです(笑)
他のワンちゃんからは『遊んで、遊んで~』って足によじ登らんばかりに歓迎されたのですが、やっぱり相性とかあるのですね。

****さちこさんからのコメント
『「落ち着きがなく興奮しやすい」という特徴があげられてるので、Reveilleさんが嫌われてたわけじゃないと思いますよ^^;
ちなみにご近所の最低でも2頭のコーギーちゃんがいますが、私もよく吠えられます^^;・・・でした。
いや~、安心しました。』

2010-02-14-ドッグショ- C (6)

【写真C-7】

柴犬
日本(本州、四国の山岳地帯)原産

あお父さんちのワンちゃんがこの犬種です。

ねぇ、あお父さん、これ誰かに似ていませんか?
写真のピント自動合わせに0.数秒かかるので、パチっと撮れた時には、動いていて後姿しか写っていませんでした。

****あお父さんからのコメント
『さちこさんも書かれていますが、「柴犬」っす!我が家のあおさんと一緒だぁ~!この柴、毛並みが綺麗ですねぇ~。』

2010-02-14-ドッグショ- C (7)

【写真C-8】

ダルメシアン
旧ユーゴスラビア(ダルメシア)原産

101匹ワンちゃん物語???

2010-02-14-ドッグショ- C (8)

【写真C-9】

ニューファンドランド
カナダ(ニューファンドランド島)原産

とにかく大きかったです。
じゃれて圧し掛かられたら、むぎゅ~って倒されちゃいそうなくらい大きいですね。

2010-02-14-ドッグショ- C (9)

【写真C-10】

グレート・デーン ?かも。(By さちこさん)

あ~、顔が写っていなかったです。残念~。いくらさちこさんでもここまでは調べるのは無理がも知れません。

2010-02-14-ドッグショ- C (10)

写真は、あと僅か。
次回はラストです。
コメント追加もちょっと賑やかになりました(笑)

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

場所探しも大変なのですね…。
それら全てをひとりでこなされた親友Aさん。
犬がお好きってだけでは絶対に務まらないお仕事ですね。
お疲れ様でしたm(_ _)m


では、犬種、頑張ってみたいと思います^^


[C-1]

うわ、さっそく難しいですね^^;
Reveilleさんもおっしゃってるようにコリーか、祖先はコリーと同じでもより小型のシャットランド・シープドッグか…。
ちょっとだけ写ってるコーギーと比較して…やっぱりコリーかなぁ。。。
お顔の写真がもう少しはっきりわかればいいんですが…。
Reveilleさんのお手元の(編集前の)お写真で、額から鼻にかけ、真っすぐ一直線でしたら間違いなくコリーです。

ちなみに、コリーだと原産はイギリス、スコットランド。
シェルティーだとイギリスでもシャットランド諸島です。



[C-2]

これもチワワですね^^
毛色がいろいろありますからね~。
中北米大陸原産です。



[C-3]

パピヨン
ヨーロッパ(フランス、ベルギー)原産

この子、まだ耳の飾り毛短いので子犬ですね~。
パピヨンってピョンピョン垂直に飛ぶんですよ^^



[C-4]

前回の記事に乗っていたシーズーですね♪
中国原産ですw



[C-5]

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア
イギリス(スコットランド西部のハイランド地方)原産



[C-6]

ウォルシュ・コーギー・ペンブローグ
イギリス原産

「落ち着きがなく興奮しやすい」という特徴があげられてるので、Reveilleさんが嫌われてたわけじゃないと思いますよ^^;
ちなみにご近所の最低でも2頭のコーギーちゃんがいますが、私もよく吠えられます^^;



[C-7]

柴犬
日本(本州、四国の山岳地帯)原産



[C-8]

ダルメシアン
旧ユーゴスラビア(ダルメシア)原産



[C-9]

ニューファンドランド
カナダ(ニューファンドランド島)原産



[C-10]

確かに厳しいですね^^;
体高、毛色、尾から、グレート・デーンかなぁとも思うのですが、確かなことはわからないです、すみません(汗)



ほんとに沢山の犬種が集まってたんですね~。
私も行ってみたくなっちゃいました^^
バセットハウンドがいなかったみたいで残念です~。
九州にはブリーダーさん、いないのかなぁ。

さちこさんへ

今日もありがとうございます。
今夜は定年退職される方達の送別会があるので、土曜日までには記事の追加、日曜日には最後の締めをしたいと思います。

お忙しかったでしょうに、本当にすみません。でも、さちこさんのお陰で、このシリーズが続けられました。感謝感謝です。次回が最後、最後まで、宜しくお願いしますね~。

No title

そうそう。
先日アメリカで、チャンピオンしか集まれないとても大きなドッグショーがあったんですよ~。
そちらで優勝したのはスコティッシュテリアというワンちゃんだったのですが、その様子を写真付きで説明されてるブリーダーさんがいらっしゃったので、リンク貼っておきますね♪


http://ameblo.jp/bensonkn/entry-10462629549.html


お祭り騒ぎのドッグショー、ほんと行ってみたいですwww

柴犬!

こんばんはぁ~っす!

場所探しって、大変そうですよね。我が家近くのドッグショーは、市民ホールの駐車場で開かれていました。前日から会場入りされる方もいたりして、普通の場所だと難しいですね。

で、【写真C-7】。
さちこさんも書かれていますが、「柴犬」っす!我が家のあおさんと一緒だぁ~!この柴、毛並みが綺麗ですねぇ~。

No title

C-9はグレートピレニーズかなと思ったんですが
違うかな??
こういう大会の運営は大変でしょうねぇ・・・
私には無理!

さちこさんへ

>そちらで優勝したのはスコティッシュテリアというワンちゃんだったのですが、その様子を写真付きで説明されてるブリーダーさんがいらっしゃったので、リンク貼っておきますね♪

拝見しましたよ~。スコティッシュテリアと言うワンちゃんもネットで検索してみました。
ショーの様子は、本当に大分で行われていたものと雰囲気と言うか、何かが違いますね。
チャンピョンの大会だけのことはあってさすがです。TV撮影もあるなんてどうやら屋内でのショーの様でしたね。

>お祭り騒ぎのドッグショー、ほんと行ってみたいですwww

ワンちゃんを飼っていなくても動物好きなら楽しめそうですねぇ。
あの会場の雰囲気は、ダンスの大会の雰囲気に似ていますね。
そうそう、審査員の方はビシっとしたスーツに身を包み、その辺だけはちょっと雰囲気が出てました。(笑)

あお父さんへ

>場所探しって、大変そうですよね。我が家近くのドッグショーは、市民ホールの駐車場で開かれていました。前日から会場入りされる方もいたりして、普通の場所だと難しいですね。

そうなんですよ。住宅地がそばにあると言うのは、気を遣いますよね。
会場入りしても、残りのワンちゃん達を会場に入れられない場合は、車の中・・・、って言うのも可愛そうですしね。

>で、【写真C-7】。
さちこさんも書かれていますが、「柴犬」っす!我が家のあおさんと一緒だぁ~!この柴、毛並みが綺麗ですねぇ~。

おっ、さすが『あお』君のパパ(笑)
もう絶対撮れなかった~、って思っていたのですが、帰ってからアップしてみたらこの後ろ姿・・・。本当は前から見た時にシャッターを押したのですよ。でも、0.何秒後にはくるって、向きを変えちゃって・・・(^ ^;)

動く動物を撮るにはそれなりのカメラが要りそうですけど、お遊び程度ですから、皆さまにはご勘弁を・・・、と言うところです。
それにしても、あの角度で毛艶までわかるなんて、柴犬LOVEですね~(笑)

No title

sappiさん、Reveilleさん♪

C-9、私も調べるまではグレート・ピレニーズかと思ったんですが、図鑑見るとその犬種のカラーにブラックは入ってないんですよ~。
その代わり、このニューファンドランドという犬種は、グレート・ピレニーズが祖先じゃないかって説もあるそうですよ^^

いろんな犬種があって、おもしろいですよね^^

sappiさん、さちこさんへ

お二人ともどうもありがとうございました。

グレートピレニーズ、ニューファンドランドともに初めて聞く名前だったので、ネット検索してみました。
なるほどそっくりですね。
この様な犬種に色による区別があることも知りませんでした。

>こういう大会の運営は大変でしょうねぇ・・・
私には無理!

sappiさんの様に、いつもご自分の身に置き換えて下さる方ってなかなかいません。優しいですね。私は、調べて教えて下さるその気持ちがとても嬉しいです。

さちこさんへ

>このニューファンドランドという犬種は、グレート・ピレニーズが祖先じゃないかって説もあるそうですよ^^

なんだかこう言うところがブルーベリーの品種みたいで面白いなぁと思います。○○は、○○X○○を交配親に持つ品種・・・(笑)
興味がないわけじゃないのですが、ブルーベリーの方はなかなか覚えられません。いや、覚える気がないのかも・・・。それに比べてさちこさんは、凄いですよね。

>いろんな犬種があって、おもしろいですよね^^

はい!!!今回は、さちこさんをはじめブログのお友達の皆様がこうやってコメントを入れていただきながらの記事だったので、記事を書きながらとても楽しかったですよ。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード