FC2ブログ

ぶどうのスチューベンの花と困ったさん

記事の前に、もしも虫が苦手な方はどうぞスルーして下さいね。
ぶどうの木は刻々と成長しています。3日も経つと既に状況が変わっているので油断ができません。

これは開花4日くらい前の蕾。

20190512212121ed9.jpg

これは開花中。白い粒々がおしベ。ちっちゃなポチっとしているのがめしベです。
小さな蜂が来て受粉していましたが、来ていないものには、私が花房に握手するようにして受粉しました。
本当は耳掻きのふわふわ綿毛を買おうと思ったのに、今年はなぜかどこにもありませんでした。耳掻きを置いているのに、それにふわふわが付いてないわ・・・(^^;)

201905122122003b6.jpg

先週消毒のスプレーをシュッシュッてしていたのに、葉の蔭になって消毒スプレーのかかっていないものが哀れな姿に・・・。
でも、早く見つけて良かった~。
何個かは受粉が完了していますわ。
テデトール、ならぬ『ピンセットデトール』です。(笑)
こんな害虫を数匹見つけました。私、毛虫の類は鳥肌が立つくらい嫌いです・・・(ToT)
背中がぞくぞくしますわ。

20190512212157b5d.jpg

時既に遅しのぶどうもあります。
が、老眼に保護色じゃ、どこにいるのかわっかりませ~ん・・・(ToT)

2019051221215362a.jpg

去年はこんな虫の害はほとんど無かったのに、今年は暖冬の影響で虫も早くに産卵していたのでしょうね。
かかっていなかったと思われる場所にモスピランとトップジン入りのスプレーをしておきました。

で、これも失敗のぶどう。
今年、ジベレリン処理をしようと思っていたら既に咲いているものがあって、かけるつもりはなかったのに思わずかけてしまって食紅の赤が実についてしまいました。
蕾の時は色が無くなるけれど、花にかけてしまうとこんな感じになってします。

20190512212153d79.jpg

この後、これがどんな風になるのかは、また後日。

それにしても、先日捕まえ損なった虫、いったい何匹いるのだろう。実が最後まで残るのか心配になって来ました。
ポチっと拡大してみて下さい。黒っぽいのは虫からのかじられた痕です。
受粉した直後に食ベられたものもありますが、完全に受粉が完了して膨らみ始めているものが増えて来ておりました。

20190515205029882.jpg

ぶどうもブルーベリーと同じで受粉が完了すると房が持ち上がって来るものがあります。(笑)

2019051816281749c.jpg

2019051816284273f.jpg

20190518162844280.jpg

201905181629218ab.jpg

これなんか上にもちあげる力が強いです。
実を支える軸も少し太くなったかな。

2019年5月17日撮影

20190518162922a71.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そっちは暑くて大変だべなぁ~
こっちも、今日は25℃超えてた~
明日は真夏日になるカモ~

畑でもアブラーとか病気が出て来た。
二日後、大変だけど一旦帰って半日だけ畑仕事する予定~
出張が多いと畑仕事も出来ない~
>_<

No title

農薬に関して勉強する機会があったので調べるツールがあるんですが、
モスピランではブドウに関する登録でのチョウ目害虫の登録が少ないっすね。
(あるのはトビイロトラガくらい)
チョウ目攻撃するならフェニックスフロアブルがいいですよ。
去年南瓜にも使ったけどタバコガにもがっちり効きましたー

せっかく受粉したものが食われるのは癪ですね
こっちだとカメムシも結構な害虫になってますよ(汗

No title

Reveille さん こんばんは
コメントありがとうございます。
緑いっぱいの畑でリハビリです、薬が効いてじわじわ快方に向かっています。
ブドウも凄い手のかかる作業がいっぱいなんですね
美味しいブドウがいっぱい出来ればいいですね\(-o-)/

No title

おはようございます。

世には益虫と呼ばれる存在もいますが、農作物にとっては害をなす物の方が多いですね。
私も虫全般は苦手なのですが、芋虫など動きのスローモーなヤツはまだ耐えられます。
しかし、Gやヤスデのように超高速で移動するヤツは文字どおり虫唾が走るほど苦手です(ああ。書きているだけで鳥肌が)。

今回の害虫の駆除も大変でしたが、これでしばらくは生育も順調にいきそうですね。


>綿毛付き耳かき
そういえば、最近はとんと姿を見なくなってしまいましたね。
私もアレ好きだったのですが……。
やはり使い込むと色とかけっこいう変わりますし、衛生面からまり作られなくなっていったのかもしれませんね。

このはさん、こんにちは~。遅くなりました。

> そっちは暑くて大変だべなぁ~


昨日、今日は雨で風もあって気持ち良いですが、先日までは暑かったです~。

> こっちも、今日は25℃超えてた~
> 明日は真夏日になるカモ~

北海道・東北はこの季節はまだ朝晩が冷えるのですね。日中は暖かいけれど、このはさんのところのサイトで最低・最高気温をチェックしていると、"あぁ~、この気温差、大変そう・・。これじゃ風邪引きさんが増えそうだなぁ・・・"
って思います。
このはさんも睡眠不足と出張続きでお疲れだと思いますから、お風邪とか召しません様にね~。(^^)/

> 畑でもアブラーとか病気が出て来た。

マジですか?
北海道って、寒い地域だから虫の類ってあまり害がないかと・・。でも、暖かくなると出るですね。

> 二日後、大変だけど一旦帰って半日だけ畑仕事する予定~
> 出張が多いと畑仕事も出来ない~
> >_<

そうそう。まるでサイトだけ見ていたらまるでこのはさんマジックにびっくりしますよ。
あの短期間にどれだけ効率良く仕事しているんだろう、って。でも、いつも感心するのが、このはさんちの食育ですね。何があっても、それだけはぶれないって、やっぱりこのはさんならではです。(^^)
これがこのはさんの体力の源なんですね。

椎たけ夫さん、こんにちは。遅くなりました。

> 農薬に関して勉強する機会があったので調べるツールがあるんですが、
> モスピランではブドウに関する登録でのチョウ目害虫の登録が少ないっすね。
> (あるのはトビイロトラガくらい)
> チョウ目攻撃するならフェニックスフロアブルがいいですよ。

おおっ、流石椎たけ夫さん。私はそこまで調ベていませんでした。(笑)
貴重な情報をありがとうございます。

https://www.nippon-soda.co.jp/nougyo/seihin/pdf/F_PHOENIX_SC.pdf

拝見しました。そのサイトで載っていた幼虫ですね、きっと。

まだ親である蛾は目撃していないですが、この幼虫も私は初めて見る種類でした。
最近、この辺りに目にする毛虫の類って、イラガとマイマイガとヨトウムシくらいだったのですが、栽培品目が増えれば増えるほど付く毛虫の種類も増えて来た様に感じます。

> 去年南瓜にも使ったけどタバコガにもがっちり効きましたー

そうなんですね。強い薬剤は虫によく効きますよね。しかもミツバチには害がないのですね。
椎たけ夫さんは、農薬が付いた果実を知らずにそのまま食ベたことはありますか?
私は、あるんです。何系かもわからない、無農薬・低農薬で育てているはずの果実に付いていました。

恐らくだけど、出荷数日前に散布したと思われます。しかも濃度が適当だと思わざるを得ない状態でした。
どうなったと思います?
食ベた時にはわからないんです。
食ベて数分もしないうちに唇の周辺が数時間痺れてきたんです。気分は悪くなるし、最低の気分でした。
点滴は受けないまでも、大量の水や牛乳で体内濃度を薄めて、ひたすら体からの排出を待つのみ。
症状が治まったのは翌日でした。怖い時間でした。
毛虫も同じか、あるいは即窒息です。色んな神経系もやられるでしょうから。

大人の私でさえも、これだけの症状が出ました。子供ならなおさらです。
だから、製品として野菜や果実を育てる上で農薬選びと濃度は慎重になります。よく効くものは人間にも肝臓・腎臓をはじめとする臓器被害は酷いはずです。

そしてリピーターさんであればあるほど、その農薬をたくさん摂取することになります。
自分の作った商品を愛してくれるお客様に同じ思いはさせたくない、と思います。
うちのブルーベリー農園が無農薬栽培にこだわる所以です。
でも、ぶどうや、薬剤散布しないと育たない作物には、害虫に対してほどほどに効いて、人には無害に近い。そんな理想的なものを見つけたら、また是非教えて下さいね~。
(^_-)-☆
ただし、私は味見はしませんから。(笑)
出荷前の農薬は各農家さんが調ベるとして、秋田県では何ppm以下が合格ラインですか?
ちなみに大分では0.01ppmです。
http://www.pref.oita.jp/soshiki/13002/nouyakukensa.html
私、以前ふるさと納税の返礼品の条件を調ベたことがあったのですが、大分の方は規制がとても厳しいらしいんです。
ジャムも細菌検査・残留農薬検査も必須項目なんですよ。

> せっかく受粉したものが食われるのは癪ですね

全く同感です。(^^)

> こっちだとカメムシも結構な害虫になってますよ(汗

それそれ、うちもカメムシには困っています。農薬は使いたくないし、カメムシが好む草はできるだけ排除していますが、梅雨時期にはその草をアジトにして増殖、梅雨明けには手に負えない数になっていますよね。
私は、収穫の時に収穫をひとしきり終えてから、カメムシハンター・テデトールの発動です。(笑)
コストがほとんどかからなくて、有効なカメムシ対策って無いかしら・・・。

ちなみに緑色のカメムシは4mm目の防鳥ネットでバリアできるので問題ないんですが、問題はグレイの方です。

あれは、卵から成虫になるまでの間はまるでアブラムシとかわらないくらい小さい時期があるから箸にも棒にもかからないのに、大人になるまでに甚大な被害をもたらしますわ。

まあちゃんさん、こんにちは~。

> Reveille さん こんばんは
> コメントありがとうございます。
> 緑いっぱいの畑でリハビリです、薬が効いてじわじわ快方に向かっています。
> ブドウも凄い手のかかる作業がいっぱいなんですね
> 美味しいブドウがいっぱい出来ればいいですね\(-o-)/

無事に眼帯が外れて良かったですね~。順調に回復中とのこと、安心致しました。
グリーンのリハビリは森林浴効果もあって体にはバッチリですね。
緑の中で仕事をするのは時間を忘れて、気持ち良いですよね~。
イチゴは孫ちゃんに大人気なんですね。あきひめとか、めっちゃ美味しそうです。
ただ、まあちゃんさんは高い目標がたくさんありすぎて、なのに一日の時間は24時間。体を休める、と言う時間も仕事の内なのに、無理し過ぎる様に思えて、ちょっと心配ですわ。体も目もどちらもまあちゃんさんの大切なものの一部ですからね。収穫になったら嫌でも嬉しい悲鳴を上げながら頑張りましょう。それまでの休める時は、体を労わってあげましょうね~。(笑)(^^)

シロさん、こんにちは~。遅くなりました。

> おはようございます。
>
> 世には益虫と呼ばれる存在もいますが、農作物にとっては害をなす物の方が多いですね。
> 私も虫全般は苦手なのですが、芋虫など動きのスローモーなヤツはまだ耐えられます。
> しかし、Gやヤスデのように超高速で移動するヤツは文字どおり虫唾が走るほど苦手です(ああ。書きているだけで鳥肌が)。

あはは、Gやヤスデですね。わかります~。あの鳥肌もんは、何なのでょうね。
私は、それらがいつ嫌いになったのかすら記憶していないのに、生理的に受け付けません。
でも、多くの女性が嫌がる蛇とかトカゲとかは平気だったりするのは不思議です。

他人に理解できない本能的な好き嫌いはやっかいなものですわ。(笑)
例えば果実みたいに、農家さんが可愛い果実や野菜の為に害虫を排除する行為。
これ、人間なら当たり前なのかも知れないけれど、例えばアニメの世界で言う、魔物と人間の関係に置き換えたら、虫を除外する為のぶどうへの薬剤散布は魔物とやっていることは大した違いはないんじゃなかろうか・・・、とか思えて来て、自分は本当に正しいことをしているのか疑問に思えてくるんです。

> 今回の害虫の駆除も大変でしたが、これでしばらくは生育も順調にいきそうですね。

本当は木村さんの『奇跡のリンゴ』みたいにできれば一番なんですけれどね。
私のエゴな行為で虫は来なくなりました。

> >綿毛付き耳かき
> そういえば、最近はとんと姿を見なくなってしまいましたね。
> 私もアレ好きだったのですが……。

シロさんもですか。
あはは、使う用途は違っても嬉しいですね。

> やはり使い込むと色とかけっこいう変わりますし、衛生面からまり作られなくなっていったのかもしれませんね。

なるほど~。そうなんですね。(^^)
う~ん・・・、それにしてもシロさんて、普段はどんな仕事をされている方なのか、興味津々です。
シロさんてジャンルが全く違うのに、うちのサイトでコメントされても、全く違和感を感じませんわ。(笑)
何か、不思議です~。(^^)/

No title

虫への作用点はほぼ神経チャンネルですからね、
農薬付きのもの食べたとしたら怖いですね(汗
出荷前日といってもそれは約24時間のことですからそこを間違えるのはいただけません。
それかどこぞからのドリフトかもしれないですね。
意外と農家の農薬使用が雑という話を講義で聞いたことがありますが、
農薬を使用する機会がある人はこういった講義を1度は受講してほしいもんです。

農薬に関するあれこれで言えば最近のものは選択毒性の向上が追及されてるようです。
虫にはよく効くけど動物には効かないという具合ですね。
ずっと昔のエンドリンという成分では選択係数2.4倍に対して、新しいメソプレンという成分では173万倍という数値になります。
それだけ動物に対しての安全性は向上してきているということらしいですが、結局使い方間違えばどうしようもないって話ではあります(汗

残留農薬の基準値は多分同じです。
これはポジティブリスト制度で全国同じだと思います。
ただし作物によってはもっと低い基準があったりするので、気を付けないといけませんね。

効果のほどは何とも言えないですが、農薬の中には回数制限のないものというものがあります。
例えば無機銅剤とかBT剤などなど、面白いのでは納豆菌のような枯草菌利用の農薬もあります。
BT剤はチョウ目幼虫に効くらしいですが、効果が出るのに時間がかかるそうで。
人体に影響の少ないものとして考えるならこういったものを使うのも手かと。

長くなってますが、カメムシ類はイネ科雑草あるとてきめんに増えます。草刈り頑張ってください(笑
グレーのはクサギカメムシかな?こっちじゃ一番ポピュラーなカメムシで家の中に入ってきて越冬するので、晩秋は家の中がやばいやばい。数千匹を一冬で駆除してるかも・・・・
そういやニュージーランドへの荷物の中に紛れ込んでて大問題にもなってたな・・・・

No title

虫は苦手だけど 蝶じゃなさそうだから 読みました。(笑)
葡萄大好きな私が ぶどうは買うことと決めてる理由が ブドウに付く虫です。(・。・;
以前 市内でブドウを軒先に作ってるお爺ちゃんがテレビに出てて、、ほら虫がこんなに・・って かんかんの中に虫をいっぱい溜めてたの。ゾ~~~~。

何日か後のブログに書くけど 志村のヒロカワローズガーデン 行ったことある?
素敵な薔薇がいっぱいなんだけど、、私は お家の中側にあるブドウをちゃんとチェックしてる。(笑)

No title

きゃ~~~房と握手って、良くわかる表現~。
Reveille さん♪
相手が、葡萄じゃなくて
毛虫の毛無しだったら、怖いですね~~~。




椎たけ夫さん、おはようございます~。

> 虫への作用点はほぼ神経チャンネルですからね、
> 農薬付きのもの食べたとしたら怖いですね(汗
> 出荷前日といってもそれは約24時間のことですからそこを間違えるのはいただけません。
> それかどこぞからのドリフトかもしれないですね。
> 意外と農家の農薬使用が雑という話を講義で聞いたことがありますが、
> 農薬を使用する機会がある人はこういった講義を1度は受講してほしいもんです。

本当にそうですよね。
椎たけ夫さん、最近、こんな話があるんですよ。知り合いは仲の良いご夫婦でしたが、農薬の管理と言う点で怖いことがありました。
おじいちゃんが農薬のあまりがもったいなくて?ぺットボトルに液を入れておりましたが、何も明記していなかったんですよ。それを知らないおばあちゃんは、麦茶と勘違いして、知らずにおじいちゃんのところに運んで飲ませてしまいました。
嘘みたいな話でしょ。幸い、おじいちゃんが一口飲んで気づいて、すぐに救急車で運ばれて胃洗浄を受けたから大事に至らなかったんですけれど、もしおじいちゃんが亡くなっていたらおばあちゃんは危うく殺人犯になるところでした。90歳近いこともあり、お咎めなしでしたが、農薬は怖いです。
明示していなかった、たったそれだけのミスで自分が死にそうになってしまったおじいちゃん。不幸中の幸いで、一歩間違えば、自分が他人を・・・、ってこともありえたわけです。ぞっとしますわ。

> 農薬に関するあれこれで言えば最近のものは選択毒性の向上が追及されてるようです。
> 虫にはよく効くけど動物には効かないという具合ですね。
> ずっと昔のエンドリンという成分では選択係数2.4倍に対して、新しいメソプレンという成分では173万倍という数値になります。
> それだけ動物に対しての安全性は向上してきているということらしいですが、結局使い方間違えばどうしようもないって話ではあります(汗


農薬も日々進歩しているのですね。選択係数なんて言うのがあるのですか。秋田県の研修って凄いですね。
メソプレンって言うのも脱皮を制御する考え方っていうもの凄いですね。ただ、メソプレンとか、生まれたばかりの幼齢虫には効かないとしたら、今回みたいな幼果には間に合わないのですかねぇ。
使い方を間違えれば、って言うのもわかります。

> 残留農薬の基準値は多分同じです。
> これはポジティブリスト制度で全国同じだと思います。
> ただし作物によってはもっと低い基準があったりするので、気を付けないといけませんね。

なるほど~、そうでしたか。気を付けないといけないですね。
たとえどんなに無農薬をうたっていても、隣の畑がガンガンやっていては飛沫してきた農薬で図らずも・・・、なんて言うのがあるそうですものね。・・・、とJAの方に教えてもらってことがあります。

> 効果のほどは何とも言えないですが、農薬の中には回数制限のないものというものがあります。
> 例えば無機銅剤とかBT剤などなど、面白いのでは納豆菌のような枯草菌利用の農薬もあります。
> BT剤はチョウ目幼虫に効くらしいですが、効果が出るのに時間がかかるそうで。
> 人体に影響の少ないものとして考えるならこういったものを使うのも手かと。

BT剤ですか。なんか懐かしいですね~。3年くらい前にブルーベリーのサイトで流行しました。
今でも使っている方、いると思います。それなら安心な気がします。
コガネムシの幼虫だけでなく、チョウ目幼虫に効くなら、テッポウムシとかにも効くのかしら・・・。
ぶどうの大敵なんですよ。

> 長くなってますが、カメムシ類はイネ科雑草あるとてきめんに増えます。草刈り頑張ってください(笑

大分では、名前はど忘れしたけれどナス科の様なはっぱにブルーベリーの小粒みたいな実をつける毒性の強い植物をグレイのカメムシは凄く好むんですよ。草刈は旦那さまがマメにしてくれますが、刈った後に次々に梅雨時期生えてくるその植物の蔭に親子で潜んでいるので、とっても見つけにくいんですよ。
ちょっと取り逃がすと、後で凄い数になっています・・・。

> グレーのはクサギカメムシかな?

名前がわからなかったのですが、多分それです。ありがとう~。

>こっちじゃ一番ポピュラーなカメムシで家の中に入ってきて越冬するので、晩秋は家の中がやばいやばい。数千匹を一冬で駆除してるかも・・・・

あはは、駆除シーン、動画で見てみたいかも(爆)テデトールですか?

> そういやニュージーランドへの荷物の中に紛れ込んでて大問題にもなってたな・・・・

そうだったのですか。(笑)
椎たけ夫さん、興味深い貴重な情報をいっぱいありがとうございました。m(_ _)m

No title

虫が食べる部分って、ピンポイントで新芽やつぼみなどの柔らかいところですよね。
うちはバラに薬をかけずに根元から浸透する殺虫剤入りのハイポネックスを使っていますが、アブラムシ以外にはいまいち効果がないみたいです。
虫にやられてぶどうの粒が減るの、摘果のようになるといいのに^^;

フジタガーデンのアジサイ、私の好みにどんぴしゃよ。
なんでわかったのかしら(笑)

ゆずちゃん、こんばんは〜。

> 虫は苦手だけど 蝶じゃなさそうだから 読みました。(笑)

ゆずちゃん、嫌いなのに読んで下さってありがとうございます。
> 葡萄大好きな私が ぶどうは買うことと決めてる理由が ブドウに付く虫です。(・。・;
> 以前 市内でブドウを軒先に作ってるお爺ちゃんがテレビに出てて、、ほら虫がこんなに・・って かんかんの中に虫をいっぱい溜めてたの。ゾ~~~~。

そうそう、嫌いなものはゾーっとしますよね。(笑)
>
> 何日か後のブログに書くけど 志村のヒロカワローズガーデン 行ったことある?
> 素敵な薔薇がいっぱいなんだけど、、私は お家の中側にあるブドウをちゃんとチェックしてる。(笑)

大分にいながら、知りませんでした〜。ありがとう〜。
来年は行ってみたいです。
あはは、ブドウをチェックしていたなんて、凄いです。
好きなものと嫌いなものは、不思議と目に入るんですよね。
ホームページにあったジューンベリーがもう真っ赤でしたね。早いです。うちのはまだこれからなのに。

飛花ぽんちゃん、こんばんは〜。

> きゃ~~~房と握手って、良くわかる表現~。
> Reveille さん♪
> 相手が、葡萄じゃなくて
> 毛虫の毛無しだったら、怖いですね~~~。

ぶゎっはっ〜、あはは。飛花ぽんちゃん、相変わらず発想が面白いなぁ。
いやいや、想像するまでもなく、空想もパスっ!
ですね。
あぁ〜、どうしてこんなに苦手なんでしょうかねぇ。
でも、これでも少しマシになった方なんですよ。
昔は義母の育てたキャベツで、虫がこんにちは、してようものなら、反射的にギャーっと叫ぶよりも、キャベツがまるごと空を飛んでいる方が早かったです。(爆)

海月さん、こんばんは〜。

> 虫が食べる部分って、ピンポイントで新芽やつぼみなどの柔らかいところですよね。

ブドウの葉っぱの柔らかいものは天ぷらにしてもいただけます。人間でも食べられる柔らかい部分を食べているのですから、かなりグルメですよね。(笑)

> うちはバラに薬をかけずに根元から浸透する殺虫剤入りのハイポネックスを使っていますが、アブラムシ以外にはいまいち効果がないみたいです。

そうでしたか。残念でしたね。

> 虫にやられてぶどうの粒が減るの、摘果のようになるといいのに^^;

えんうん、わかります〜。
この時期になると、ブドウの房に栄養の行き届くものと、そうでないものができて来ますね。房の中にも栄養の行く粒とそうでないものも。今年もうちのブドウはきっと、すかすかな入具合のまばらかもです。(笑)

> フジタガーデンのアジサイ、私の好みにどんぴしゃよ。
> なんでわかったのかしら(笑)

わぁっ、良かったです。本当は花でなく、葉っぱの斑入りがお好きなのか、自信はありませんでした。(笑)
斑入りの花が好きそう、と思ったのは、海月さんのブログの記事で斑入りが好き、と書かれてあったからですよ〜。

No title

どもー何度も(汗

農薬を別容器に入れるなというのは最初の段階で習うやってはいけないものの一つですね(大汗
そういうのも結局やってしまうんですよねぇ。
とっておいても加水分解されるから効果はなくなっていくんだけど…
だから作ったのは使い切るが正しいんですよねー

ナス科に似たやつってえとハシリドコロですかね。
ベラドンナが出てきたけどそれはこっちじゃ自生してないだろうし。
調べると意外と知らない毒草がどんどん出てきて恐怖ですわ(笑
カメムシそんなの好むとは命知らずめ(爆
そういやうちのブルーベリーの葉裏には毎年産卵されてて、孵化したのが固まってるのを見つけた時の気持ち悪さといったらないです…

I'll be come back!!

Reveilleさん

おはようございます

今日は 遠くへ通院だと思いますが いかがでしたか。

ふらついていたのに ま、いいか が重なり 病魔が進行していました。
重症になり気づくのですから しょうがないですね。
49歳で右腎臓癌摘出あと 数年再発おそれながら 退職するまで 気をつけ送っていました。  ついつい わすれていました。

思えば昨年 遠距離通園50回新記録の重労働が大きな影響だろうと思います。 運動好きで過信していました。
楽しみなラグビーワールドカップ観戦も控えておりますし 

だいぶ 動いた後 従来の気分になってまいりました。
すこしずつ うごいていきます。

これから
家内の言うことをまじめに聞き ゆっくり 生活したいです。

椎たけ夫さん、おはようございます~。

> どもー何度も(汗

大変遅くってしまい、申し訳ありません。
何度もありがとうございます。(笑)
ちょっと本業が月単位で入って来たのと、ブルーベリー農園の仕事が本腰を入れてやらないと色付き始めているのと、家族の体調不良等など、来月からの収穫に間に合うかどうか・・の状態になってきました。(汗)

> 農薬を別容器に入れるなというのは最初の段階で習うやってはいけないものの一つですね(大汗
> そういうのも結局やってしまうんですよねぇ。

そうそう、自分だけがわかっていれば大丈夫・・・なんて思ってしまうのでしょうね。でも、高齢化が進んだら、ますます怖いです。
でも、家族で住んでいれば、いつ誰が何をするかなんて予測もできませんね。

> とっておいても加水分解されるから効果はなくなっていくんだけど…
> だから作ったのは使い切るが正しいんですよねー

そうなんですか。それは知らなかったです。(笑)
でも、作った量のうちどのくらい使うのか、ってプロでもわからないで残ったりするのではないでしょうかねぇ。
私なんか本数少ないのにジベレリンなんか小分けして使っていてもある程度カップでつからないと・・・、でやっているとカップの分だけ余りますわ。

> ナス科に似たやつってえとハシリドコロですかね。
> ベラドンナが出てきたけどそれはこっちじゃ自生してないだろうし。
> 調べると意外と知らない毒草がどんどん出てきて恐怖ですわ(笑
> カメムシそんなの好むとは命知らずめ(爆

秋になったら画像をアップしますね。
似ている気もするし、イヌなんとか・・・とか言うのにも似ている気もします。

> そういやうちのブルーベリーの葉裏には毎年産卵されてて、孵化したのが固まってるのを見つけた時の気持ち悪さといったらないです…

えっ、そうなんですか。私はうか後の小さいのしか見たことないです。
そんなに気持ち悪いんですか。

ゆうちゃんさん、元気になられるのをお待ちしております。Re: I'll be come back!!

> Reveilleさん
>
> おはようございます
>
> 今日は 遠くへ通院だと思いますが いかがでしたか。

おおっ、ゆうちゃんさん、流石ですね。はい、黄班円孔の方も新たにわかった緑内障の方も変化なしで、ひとまずほっとしました。
その時の記事を書こうと思っていたのですが、仕事が立て込んで来て、自宅に帰ってPCも見る前にバタンキューの毎日です。
今日もこれからネット張りにいそしむ予定ですが、義母や同居の家族も今年に入ってから二人交互に、もしくは同時期に具合が悪くなり、嫁の立場としてはあれこれ目が回りそうですわ。

> ふらついていたのに ま、いいか が重なり 病魔が進行していました。
> 重症になり気づくのですから しょうがないですね。

何事も無理は禁物ですよ~。多分ですけれど、今回のことでゆうちゃんさんの限界値がわかっただけでも儲けものです。
これは神様が与えて下さったチャンスです。
知らなければ、もっと怖かったし、これからの変化も悪い方ばかりだったかも、ですよ。(^^)
でも、ものごとは『人間万事塞翁が馬』です。その事に気付けない方ではないと思っておりますので、どうか一度には無理なさらずに。
多分、燃え尽き症候群状態に近かったことでしょうから、これからは頭を白紙に戻して、やることの優先順位を付けて少しづつ、ですからね~。

私も、がむしゃらにし過ぎて何度も体を壊しましたことがありました。忙しい時は不幸ごとその他、忙しいことが重なるもので、どうにもならない時ってあるものですよね。

が、家族も会社もそんなに具合が悪いと思っていないから無理をしていても"頑張れ~"くらいしかわかりません。
それが無理、って判断するのは周りの人間ではなくて、自分自身なんです。

ところが、今まではご自分でさえも気付けなかった。周囲も。
けれど、これからは違います。

医療スタッフの方達や家族と一緒に考え、三人四客・・、いえ、それ以上に、たくさんのブロガーさんもそうですけれど、ゆうちゃんさんを見てくれる人が浮上したのですから、心は神様や家族や友達に預けて、まずは体を精一杯元通りにしましょうね。体担当はあくまでもゆうちゃんさんの責任において、です。食するものも、休むのも、心を開放してあげるのも。

一人じゃない、って思ったら気持ちも少し楽でしょう。たまには、まあちゃんさんに苗木をお願いしたみたいに、少し人に寄りかかっても良いんですよ。ゆうちゃんさんはめちゃめちゃ頑張り屋さんだし、正義感も人一倍強いから、ずーっと一人でやらなきゃ、って思い込んでいたのですよね。辛くても一人で抱え込まなくて良いんですよ。ゆうちゃんさんが誰かを頼れば、きっとその頼られた方も成長するでしょう。信念は曲げなくても、その場その場に応じた軌道修正すれば、きっと未来は明るいはずです。(なんちゃってですけど)

> 49歳で右腎臓癌摘出あと 数年再発おそれながら 退職するまで 気をつけ送っていました。  ついつい わすれていました。

大きな病気をされたのですね。恐らく、精神的に追い詰められることの多いお仕事、または悲しいことも多かったのでしょうね。いやいや、ゆうちゃんさんはご自分から苦労をしょって出られる方ですから、こればかりはゆうちゃんさんじゃないとわかりませんね。

> 思えば昨年 遠距離通園50回新記録の重労働が大きな影響だろうと思います。 運動好きで過信していました。
> 楽しみなラグビーワールドカップ観戦も控えておりますし 
>
> だいぶ 動いた後 従来の気分になってまいりました。
> すこしずつ うごいていきます。

あはは、そこでしたか。(笑)
そうそう、最初遠距離って何のことだろうって思っていたんです。老後を考えたら、絶対近場を普通の方なら選びますから。うちは車で35分だけれど、それでも目が見えなくて運転できない時は、もっと近くだったら・・・、って思いましたよ。約2年くらい放置に近かったけれど家族に頼りながら、なんとか
そうそう、ラグビーの試合みたいに楽しみなことが楽しみと感じる様なら心配ありません。
回復されて良かった~。

> これから
> 家内の言うことをまじめに聞き ゆっくり 生活したいです。

それそれ、それが一番です。『そのことに気付け。』家内、かみさん、色々呼び方はありますが、かみさんは神様です。神様のお告げです。心預けて、お告げは守って幸せににりましょうね~。
神様はゆうちゃんさんの『予兆』が気付ける唯一無二の偉い方なんですよ。(笑)元気になられたら、神様のお願いごとも効いてあげて、幸せにして差し上げましょうね。(*^^*)
これもなんちゃって、ですけど。
こんな変なリコメしかできなくて、こめんなさいね。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード