FC2ブログ

NH パイオニアを接ぎ木台にしてみました

パイオニアって、暖地でも樹勢が良く木が比較的早く大きくなります。
が、収穫量は木の大きさの割りにそこまで無いし、味もまあまあ。サイズも比較的平凡。
でも、樹勢が良さを生かしてお気に入りの品種を接いでみようかと、今年の3月頃他のアーリーブルーなどのハイブッシュ系を接いで具合を見ることに。
今年は、収穫期が遅くてたくさんなっているのに摘み取りのお客様が、他のラビットアイに目を奪われてしまうチッぺワにもノースブルーを接いで1本の木で早生~晩生まで収穫できるか実験中です。

接ぎ木から2ケ月。葉芽が動き始めました。
接いだ時に相性の良い品種同士って、本当にすくすく伸びますねぇ。

2019年5月6日撮影
20190506_131915.jpg

園内に接いだ枝の下の台の新芽は取り除いておきました。

20190506_131935.jpg

これで、再来年あたりから花が付いてきれると嬉しいなぁ。
来年は翌々年分を接ぎ木します。
パイオちゃ~ん、全部挿げ替えるのではなく、あくまでも間借りなので、同居させて下さいね~。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。


それぞれの品種の長所を生かし、生育の速度や味、収穫量を変えていくことができる……接ぎ木という作業の意味が今までは良く理解できていませんでしたが、試行錯誤を重ねていく様を拝見していると、栽培というものの奥深さを感じます。

私は園芸や栽培といったジャンルのものにほとんど知識が無い分、
リベイルさんや同じジャンルの方のブログを見ていると、毎回新鮮
な驚きに出会えますね。

No title

ノーザンは暖地では難しそうに思っていましたが、元気に育つ品種もあるのですね。
接ぎ木がお上手で尊敬しちゃいます。
ブルーベリーを試しに育ててはまって、最終的に農園に(笑)
私もそうなるかもしれません。
実家がみかん狩り園をやっていて、すでにラビットアイの大株もいくつかあるのです。
両親がそろそろみかん狩り園をやめようかと言っていて、もしかしたら一部でもひきつげないかと、思ったりしています。
相方が他界したら、姫路から鹿児島の実家に戻る予定です( ̄∀ ̄)

No title

Reveille さん

こんばんは
いろいろ接ぎ木され試され観察に
よりよくと努力されてるすごいです。
より病気につよく美味しいのできるといいですね ♪

リベイルさん、こんばんわ。

>1本の木で早生~晩生まで収穫できるか実験中です。

接ぎ木って、無限の可能性を秘めたものですね~。
是非とも理想の1本を目指し、頑張って下さい!!

ところで、アケビの花ですが、花のような姿が雌花、
小さなブドウの房のように見えるのが雄花です。
零年、4~5個の実が成ってくれるので、
今年も楽しみにしています。

シロさん、こんばんは~。

> こんにちは。

> それぞれの品種の長所を生かし、生育の速度や味、収穫量を変えていくことができる……接ぎ木という作業の意味が今までは良く理解できていませんでしたが、試行錯誤を重ねていく様を拝見していると、栽培というものの奥深さを感じます。

接ぎ木も奥が相当深くて、俗に言う相性、専門用語で『適合性』の良し悪しがあるんです。
輸血とかと同じなんですよね。合わないと拒絶反応が出て来ることもあるんですよ。
そして、骨髄移植をすると血液型が変わったり、なんてことも聞きますが、接ぎ木をすることで、新しい血、いや穂木のDNAが入ることで台にも少なからず影響はあるのだと思います。
切って接ぐ、私のエゴに付き合ってくれるブルーベリー達に感謝しています。(^^)

> 私は園芸や栽培といったジャンルのものにほとんど知識が無い分、
> リベイルさんや同じジャンルの方のブログを見ていると、毎回新鮮
> な驚きに出会えますね。

シロさんのそう言うところ、良いですね~。だからこそ、シロさんが受け入れてくれたジャンルの数だけお知り合いも知識も深まっていくのでしょうね。あれだけ緻密な作業ができるって、やっぱり凄いことだと思いますわ。大雑把な私は、10年分くらいの本気モードでもあの域には届きませんよ~。(笑)

海月さん、こんばんは~。

> ノーザンは暖地では難しそうに思っていましたが、元気に育つ品種もあるのですね。

シエラとかおおつぶ星、あまつぶ星、プル、ヌイあたりは暖地では休眠時間が圧倒的に短すぎるからか育ちませんでした。県内でも標高の高いところではもりもり大きくなるんですけれど、低いところではなかなか育ちませんし、接ぎ木しても台だけ元気で穂木が暑いのが苦手な品種は接いでどうにかなるものもあれば、接いでも駄目なものは駄目でした。

アーリーブルーやレカやコリンズもこの畑に慣れるまで6年かかりました。それまでは、60センチくらいからなかなか大きくならなくて。

でも、数年前に大分で30センチの大雪が降って寒かった年があり、それ以来、なんかスイッチが入ったみたいに少しづ花芽が付くようになり、木も成長してきました。寒くないとハイブッシュは品種によって暖地では休眠せず、花芽もなかなか付いてくれません。

その点、ハーフハイブッシュは逞しくて、ハイブッシュより暖地向きです。チッぺワ、ノースランド、ノースブルー共にすくすくと大きくなり、実付きも良いし、冷凍果が風味が抜群で、めっちゃ美味しいです。日本酒が好きな人で、ブルーベリーの冷凍果を酒のつまみにいただく方もいらっしゃるんですよ。ブルーベリーの新しい?食ベ方かもです。(笑)

> 接ぎ木がお上手で尊敬しちゃいます。

まだまだ未熟ですけれど、最近腕より切れる刃物の切れが秘訣なんじゃ・・、って思い始めました。
もし、いつか接ぎ木を始められることがあって、お道具にこだわることがあれば、福岡は田主丸山産の接ぎ木用ナイフわ試してみて下さいね~。刃の形が本当に接ぎ木向きな形でよく切れます。

> ブルーベリーを試しに育ててはまって、最終的に農園に(笑)
> 私もそうなるかもしれません。

うふっ。なりそうな予感しかしませ~ん。(笑)
きっとますます楽しいブログになりそうですね。

> 実家がみかん狩り園をやっていて、すでにラビットアイの大株もいくつかあるのです。

なるほど~、そうでしたか。だからブルーベリーに馴染みがあるのですね。

> 両親がそろそろみかん狩り園をやめようかと言っていて、もしかしたら一部でもひきつげないかと、思ったりしています。

やめたらもったいないですものね。お気持ち、わかります。(^^)

> 相方が他界したら、姫路から鹿児島の実家に戻る予定です( ̄∀ ̄)

うはっ、ごほっ、ごほっ・・・(笑)
ふむふむ、そうなんですね。鹿児島は作物の宝庫ですね。良いなぁ。土地も広そう・・・。
私は鹿児島は大分より南だから暖かい地域だとばかり思っていました。
が、地域によって必ずしもそうではないんですね。
でも、ご実家でみかんが育つと言うことは、海の近い肥沃な土地で、植物が育つのに必要なミネラルがたっぷりですね。オリーブもいけそうです。(^^)

しろさん、penpen_1goさん、こんばんは~。

ごめんなさいね。リコメ、ご訪問が追いつきません・・。
夜、リコメを書かせていただきますね~。

No title

ブルーベリーは品種が違う同士を組み合わせることで
新しい可能性が生まれるのですね。
バラは日本では野バラに接ぎ木するのですが、
野バラの血は入ってこない気がします(勉強不足かも)
それにしても接ぎ木がお上手で、まさにプロですね。
どんな結果が出るのか楽しみにしています。

お久しぶりです

ノーザン台木にノーザンを接ぐのですか!?また斬新ですね(笑)
サザン台木はあまり聞かないですけどどうなのでしょう?
あと、ローブッシュ台木とかどうなるのか気になります(笑)

しろさん、こんばんは~。

> Reveille さん
>
> こんばんは
> いろいろ接ぎ木され試され観察に
> よりよくと努力されてるすごいです。
> より病気につよく美味しいのできるといいですね ♪

しろさん、流石お詳しいですね。(^^)♪
はい、台も命あるものです。ごめんね~、痛いよね、こっちの品種に何本か枝借りるね~。
みたいな気持ちで接がせてもらっています。
その割には、接ぎ木した台の枝の欠き芽は容赦なくしてしまいますので、自分で自分が怖いです。v-12

penpen_1goさん、こんばんは~。Re: リベイルさん、こんばんわ。

> >1本の木で早生~晩生まで収穫できるか実験中です。
>
> 接ぎ木って、無限の可能性を秘めたものですね~。
> 是非とも理想の1本を目指し、頑張って下さい!!

はい、ありがとうございます。頑張りますわ~♪

> ところで、アケビの花ですが、花のような姿が雌花、
> 小さなブドウの房のように見えるのが雄花です。

なるほど!ありがとうございました。すっきりしました。(笑)
アケビの花って今回初めて拝見しました。

> 零年、4~5個の実が成ってくれるので、
> 今年も楽しみにしています。

良いですね~。私も好きで直売所でよく買っています。ご自分で育てたものをいただくのは、何か嬉しいですね。

くつろぎさん、ご無沙汰しておりました。Re: お久しぶりです

くつろぎさん、ご無沙汰しています。

> ノーザン台木にノーザンを接ぐのですか!?また斬新ですね(笑)
> サザン台木はあまり聞かないですけどどうなのでしょう?


これ、多分うちが暖地だからだと思うのですけれど、ノーザンでも遅霜の影響でどうしても収量が落ちてしまうものがあります。その点、ノーザンの早生品種を接いでついてくれれば、開花時期が早いので、やられにくく、長く楽しめるのでは、と淡い期待もあったりします。(笑)

> あと、ローブッシュ台木とかどうなるのか気になります(笑

私も気になります。(爆)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード