FC2ブログ

ブルーベリーの受粉作業

先週、雨降り前に人口受粉をしました。
例年より蜂の数が少なく、蜂よりも花の方が圧倒的に多いからです。

蜂は自分が気に入った品種とその隣から隣あたりには足しげく通うみたいですが、あんまり花が多いとえり好みしているのか、受粉が終わっていないものは殆どスルーされている感が・・・。(笑)

使ったのはこのボールぺン。

2019年4月21日撮影

20190420201548de0.jpg

ブルーベリーの花粉を胴体に降りかけ、たくさん集めたらお目当ての品種に受粉する単純なもの。
連なった花の先端のめしベをバイオリンでも奏でる様にスライドさせながら花粉を付けていきます。

綿棒とか筆を使う方がいらっしゃるそうですが、それらは我が家では使いません。

一度ブルーぺリーの受粉に使ったら二度と使い物にならなくなってしまうし、花粉が少ない場合、綿や毛の中に入り込む花粉のロスが多いので使いません。

で、ボールぺンの胴体を使った実力、本日確認してきました。
うっふっふっ・・、パーフェクト~。(笑)
花柄の色が変わっているものが、受粉完了しているものです。

2019年4月21日撮影

20190420201535fea.jpg

これは受粉完了後、花柄が落ちたもの。今見えているところがおへそになります。
ブルーベリーは、おへそと柄の中間のところがこれから膨らんで、これらは1~2カ月後には出荷されます。♪

2019年4月21日撮影

20190420215547e0b.jpg

これも

20190420215601a39.jpg

これも、人口受粉分。

2019年4月21日撮影

201904202156068dc.jpg

2019年4月21日撮影

20190420215610044.jpg


で、この様に受粉が終わっているのに花柄が実の先端に残ったままになっているものは、ポロっと取れる品種もあればものまま残る品種もあります。
これが付いたままパック詰めされている海外のブルーぺリーがたまにありますが、間違えて食ベてしまうと、ぺっぺっ!っと吐き出してしまいます。

そこで、花柄の枯れたものが残るものを取り除きながらかつ受粉もしやすいものを作ろう♪と思って、今日はこんなものを購入しました。

2019年4月21日撮影

へラと黒のガムテープ

20190420201451acf.jpg

こんな風に巻いて

2019042020154830d.jpg

これ、花粉が付いているところ。
左手で花房を持って、これでスライドさせながらめしベを優しく撫でるのです。マルハナ蜂の数倍仕事が速いです。(笑)

201904202015027b1.jpg

ブルーベリー20本くらい受粉しただけで、こんな風にハチミツを付けたみたいにベタベタしたものが付いています。

何が付くのかと言うと、

201904202217263c5.jpg

(↑クリックしてみてね)
めしベの先端に水の様に光るものです。

この蜜が付着した受粉のお道具はこんな風になります。(^^;)

20190420201548e51.jpg

今日は、このへラで受粉しながら、枯れた花柄を三味線でもならす様にしながら払い収穫時に余分な作業をしなくてもすむ様にしました。
このへラ、使えます!(笑)軽くて仕事がはかどる~。気持ち良く人口受粉が終わりました。
来週からは、まだこれから咲くラビットアイが残りとなりますので、これから増えるであろうマルハナバチさん達にお任せです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード