FC2ブログ

味噌作りの季節がやってきました。

昨夜、我が家に味噌作りの強い味方がやってきました。
ミナト 電動ミンサー HMM-5 (グレー/2種カットプレート付き/100V)

電動ミンサー

音も静か目。
パワフル。しかも処理が速い!
しかも送料込みで9000円しないのです。

今回は、潰すと混ぜるを同時にやってもらいます。

記録として。
豆 1Kg
麦麹 1Kg
米麹 100g
あま汁 約300cc程度(豆の煮汁)
塩 120g

塩分の量は、本来なら乾燥豆1Kg 麹1Kgの総量の2割が基本。
ですが、防腐目的で、麹には事前に塩が入っています。
今回は麦麹1Kgに260gの塩が、米麹にも1Kgに260gの塩が入っている竹田市の伊達屋さんの麹を使用しました。
塩  2Kgx0.2=400g が入っていれば良いのに対して、今回のは麦麹 塩 260g  米麹 塩 26g だから、

400g-(260g+26g)=114g の塩を入れれば良いことになります。
が、大分の夏は40度にも気温が上がるので、夏を越せる様に114g→120gに微調整。

これが豆の煮汁のあま汁。そのまま飲んでも甘いです。
豆は、我が家の5Lタイプの圧力ナベで炊きました。

20190314_002938.jpg

段取り

1.麹、塩、豆、容器などの材料を準備しておく。
(乾燥豆1Kgなら4.5L~5L容器でOK。あとは作る量で容器のサイズは加減。)

2.前日夜、豆1Kgを洗って倍以上の水に浸けておく。)

3..翌日の夜、豆をザルに濾して、圧力ナベに投入。水を豆の半分くらいの量を入れてセット。

4.圧力ナベなら火にかけている時間は合計20分。(沸騰してピンが上がり、再びシュンシュンと回ること2分、それから弱火にしてさらに8分くらい弱火で煮て、火を止める。)
 (普通ナベならその工程が4時間かかります)

5.豆をザルにあげ、汁は捨てずに残します。

冷めるまでの間に、電動ミンサーのパーツを洗剤で洗います。(サビ防止に油がついていますので綺麗にしてから使います)
洗って乾かしてから、組み立て。電気のコンセントを挿し、動きを確認。

ここで本来なら、煮豆だけ潰して、後で麹、塩、あま汁を混ぜていたところを、電動ミンサーでは、

6.麹、塩、煮豆、あま汁を全部混ぜて上のサラに乗せます。

7.スイッチ ON

この棒。めちゃくちゃ仕事人の優れ者です。いや~、これの威力は凄かった!!!

20190314_002150.jpg

これ、左側の穴(一番上の画像の筒の部分)にさして押し込むと、

20190314_002028.jpg

超ハイスピードで、ミンチが出てきます。味噌いちには無い機能ですねぇ。

8.あとは、一度よく塩がまんベんなく均等になる様に混ぜてから、手で固まりを作って空気を抜きながらボール状に。
それを容器に叩き込む。

9.容器の味噌は表面を平らにならして、淵に付いた味噌の汚れはカビの原因になるので、キッチンぺーパーなどでふき取る。

10.味噌の表面にパラパラと塩を降り、サランラップをかけて、表面の空気を抜く。ラップの上にも塩をパラパラ。

11.蓋をして、蓋の上に新聞紙、ビニール風呂敷をかけて蓋の口あたりを紐でしばって、床下収納の涼しい場所に保管します。

20190314_002155.jpg

12. 収納後は、1カ月に1回チェック。
この時、表面には必ずカビが生えるので、綺麗に取り除き、味噌を混ぜて塩や麹がまんベんなく行き渡る様にして、発酵を均一にしてあげる。

後は、出来上がるのを待つだけ。

と言うことで、これまで田舎で煮炊き(豆1Kg+麹1Kgあたり)

大釜             4時間 → 圧力ナベで20分
潰して混ぜる作業時間  30分 → 電動ミンサー 5分

の時短となりました~。
文明の利器に感謝です。

あまりに超ハイスピードの処理で楽しく味噌作りができたので、これで腸詰めウインナーも作ってみたくなりました。
このはさんや椎たけ夫さんなら、腸詰めしたものをさらにスモークしちゃうんだろうなぁ。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

やっぱこれかぁ~
前の記事で見てから検索して見つけてた。
もう少し安いやつもあったけど、少し評判悪かったよねぇ~
わが家は手回しのミンサーで毎年やってたけろ~
来年の為に買って置くかな?

子供達小さい頃には、手回しミンサーでソーセージ大量生産したものさぁ~
最近は、たまにハンバーグ作ったりする程度。
でも、時々使うには置き場所が重要だじょ~
もう台所狭くなってるしなぁ~
(--;

このはさん、こんにちは~。(*^^*)

> やっぱこれかぁ~
> 前の記事で見てから検索して見つけてた。
> もう少し安いやつもあったけど、少し評判悪かったよねぇ~
そうなんですか?

これは総合評価がめっちゃたかかったので、五年前から買いたくて機会を待っていました。
(どうも買いたいタイミングで不幸ごとや手術や車検などと重なって、捻出不可能になってむしたわ。)

> わが家は手回しのミンサーで毎年やってたけろ~

私も~。
義母宅のも借りてたことがありますが、重い!音がうるさい!

> 来年の為に買って置くかな?

是非!(笑)
実際に使ってオススメでした。

> 子供達小さい頃には、手回しミンサーでソーセージ大量生産したものさぁ~

やたぱり。流石、お料理男子このはさん。(*^^*)

> 最近は、たまにハンバーグ作ったりする程度。
> でも、時々使うには置き場所が重要だじょ~
> もう台所狭くなってるしなぁ~
> (--;

これ、箱も小さくて、そんなに邪魔になりませんわ。小型のコンプレッサーより小型ですよ。(笑)
これだけ小さいのにこれだけのパワーは恐れ入ります!でした。

No title

小型のコンプレッサーなんて一般家庭にあるわけ無いやん~
大きさ比較にならないじょ~
(^^)

まだ、何度か使うんでしょう?
不満な点なんか合ったら教えて下さい~

そうそう・・・
今日の夕方の記事でBBの品種紹介します~
同じのあるかな?

このはさん、こんにちは~。遅くなりました。

> 小型のコンプレッサーなんて一般家庭にあるわけ無いやん~
> 大きさ比較にならないじょ~
> (^^)

あはは、そうですよね~。
発送時のダンボールの中に本体とパーツが入った箱が入っています。
そのサイズは
W x D x H=195x372x257(実測です)
もし、組み立てた状態で袋をかけて保管されるなら設置面積はさらに減り、
W x D x H=170x280x380(突き棒込み)(実測です)

> まだ、何度か使うんでしょう?
> 不満な点なんか合ったら教えて下さい~

今日も使いますよ~。
不満な点で思い当たる所はナッシングです(笑)
味噌いちでの改善した方が良いのに、って点が全部改善されています。

第一 軽い!3.2キロ~。産まれてまもない赤ちゃんの重さ~。(笑)

第二 大豆のロスが少ない!

第三 カバーが樹脂製だから塩分が入っていても、機器の部品さえしっかり洗浄すればサビにくいです。(鉄ものにはちゃんとサラダオイルで労わってあげてます)

第四 部品点数が減って組立がめっちゃ楽!位置決めロックピンがいかしてます~。(笑)カチャっ!ロック完了~。
いい子、いい子したくなるくらい、できる子です。(笑)

第五 材料の使い方、上手いです。正しく、適材適所。アルミ合金?で剛性と軽さ、でも強度が目いっぱいのところはちゃんと鉄の良さを使って、複雑な形状では樹脂。設計が素晴らしい~。

第六 モーター音、うちのおばあちゃんが難聴でつけているTVの音量より、よほど静かです。今度測定してみます。

第七 穴付きのワッシャの穴のサイズが味噌つぐりに絶妙~。
大きい方だと麦麹が硬くて潰れなくても穴が大きいから出てくれるところが良いです。(もちろん、ウィンナー用に小さい穴用も付属であります)

> そうそう・・・
> 今日の夕方の記事でBBの品種紹介します~
> 同じのあるかな?

マジですか?
行く行く~。夕方ですね。夜帰ってくるので、片付けが終わる23時頃までには行けると思います。(笑)
多分、うちで育たない品種ばかりなんだろうなぁ・・。羨ましいっ!(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード