FC2ブログ

LB OSL103

LB はローブッシュ。OSL-103は品種名です。

低くて茂っている、そのまんま。野生種に近いのでしょうね。早生品種です。

植えて間もなくの頃はパラっしか実がなかったのですが、

この品種侮ってはいけないです。粒は小粒なのですが、年々収量は増えるんです。

2014年6月29日撮影

OSL103(2)

だったのが、

昨年はこんな感じに。

2018年6月2日

OSL-103(4)

このくらいのブッシュでもシーズンを通じて1キロくらいありました。見えないでしょう~。でも収穫する袋がずしっと重くなります。

ブッシュを掻き分けるとなってるわ、なってるわ・・・で、まるで宝探しの様な収穫。

私がこの品種をリストラしない理由は、完熟した実は当たり外れなく、どれも甘い!から。

梅雨に入って日照時間が減少すると、とたんにハイブッシュ系は酸っぱいのばかりになってきます。

そんな中でこの品種は、雨がどんなに降ろうとも、です。

その甘さはラビットアイにも匹敵するくらいです。

だから、その実力に惚れ込んで、今でもうちの畑に鎮座しているのでした。(笑)

OSL103(3)

今年も花芽がいっぱいだぁ。

OSL103(1)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは(^^♪

この品種はたしかアメリカの野生種ですか(^^)?収穫量も多くなるんですね!ローブッシュだと、ブルンズウィックという品種に興味があるのですが通販とか取り扱いはあるのかご存知でしょうか?
それと、栽培品目を拝見しましたが沢山の品種を栽培なさっているんですね!REとSHが多いということはリベイル様は暖地の方でしょうか(^^♪

こんにちは♪

すごいですね、ブルーベリーの専門家なのですね。
ブルーベリーはたくさんあり過ぎて選ぶのに困ってしまいます。
そして今あるもんは、いったい何者だったのか分からんくなっています^^;滝汗

Shニューハノーバーは粒が大きいですね。
ローブッシュは実が隠れている分いいかもです。
ヒヨドリ狙われないから・・
イヤイヤ入り込んでしまうかしら?

うちのブルーベリーはひどい状態なんです。
プランターに植えておいたものが、そこから根が出て動かなくなっていますの。
しかも枕木の上なんですよ!
枕木を貫通してるのか?www

これは諦めて新しく植えた方が良いのじゃないかと思っているのですが、
作り易くてたくさん実がなるものがあれば教えて下さいな!

No title

剪定はしないのですか?
となりの爺さんは秋口に毎年せっせと剪定してます。
かなりスカスカにしてますよ~
一本の木での収量は同じなので、
剪定すると一つの実が大きくなるとよく聞かされてます。

No title

安定して甘いってのはうれしいですね。
こっちでも遅いやつは9月くらいまでなってるものもありますが、
大体すっぱくてうまくないっすねー

くつろぎさん Re: こんにちは(^^♪

コメント、ありがとうございます。

> この品種はたしかアメリカの野生種ですか(^^)?収穫量も多くなるんですね!

これは義父が生きていらした頃からあるので、詳しくはわかりません。
以前はどこかのサイトで検索をかけると出て来ていましたが、最近はヒットしませんね。
商用には不向きと言う理由からウェブショップでは販売しなくなった品種、たくさんあるし、詳しい方が交配親とかも書かれていたサイトが以前はいっぱいありましたのに、最近は本当にヒットするサイトが減りましたね。

ローブッシュだと、ブルンズウィックという品種に興味があるのですが通販とか取り扱いはあるのかご存知でしょうか?

今はウエブシッョプでは取り扱いはヒットしませんが、もしかしたら井戸園芸さんが親木を持っていらっしゃるかも知れないですね。

http://www.blueberry-country.com/shop/index.html

こちらのサイトからお問い合わせ先をお探しになって電話等で問い合わせてみるもの手かも知れません。

> それと、栽培品目を拝見しましたが沢山の品種を栽培なさっているんですね!REとSHが多いということはリベイル様は暖地の方でしょうか(^^♪

くつろぎさんもプロですね。流石の洞察力!(笑)
ピンポーン!
大正解です。うちは大分県でも標高30mちょっと。水道管は凍るのに真冬にはフェーン現象で30度とかの暑さになるかと思えば、氷が何週間も溶けない時もあり。はちゃめちゃな暖地です。真夏は40度を越えるので、摘み取りのお客様の熱中症対策に気を使います。

ただ、品種のカテゴリーに上げているのは、一部だけです。本当はポット植えしているのに、タグが飛んでしまって、品種名が不明になったハイブッシュも数知れず・・・。栽培あるあるのトホホ・・・です。(笑)
パテントがかかっている品種で、私の気になっているのはトワイライトだけ。でもいつも売り切れで手に入らないから仕方ないですね。

miyakoさん、こんばんは~♪

> すごいですね、ブルーベリーの専門家なのですね。

いえいえ、単にブルーベリーバカです。

> ブルーベリーはたくさんあり過ぎて選ぶのに困ってしまいます。
> そして今あるもんは、いったい何者だったのか分からんくなっています^^;滝汗

わかります~。本当にあるあるです!(笑)

> Shニューハノーバーは粒が大きいですね。
> ローブッシュは実が隠れている分いいかもです。


> ヒヨドリ狙われないから・・
> イヤイヤ入り込んでしまうかしら?

miyakoさん、凄いですわ~。もしかして、人の心が読めちゃう方ですか?
実は明日はヒヨドリの話題の記事なんですよ。ムフ・・・

> うちのブルーベリーはひどい状態なんです。
> プランターに植えておいたものが、そこから根が出て動かなくなっていますの。
> しかも枕木の上なんですよ!
> 枕木を貫通してるのか?www

おおっ、素晴らしい!生命力ですね。愛情がいっぱいあるから元気に育つのだと思います。たくさんなるでしょうね。

> これは諦めて新しく植えた方が良いのじゃないかと思っているのですが、
> 作り易くてたくさん実がなるものがあれば教えて下さいな!

大分市内は暖地なので、暖地目線でも大丈夫ですか?
ハーフハイブッシュならノースランド、サザンハイブッシュならブラッデンなどはラビットアイ並みに実が付いています。
ラビットアイならフクベリー、ティフブルー、バルトウィン、フェスティバル、ヤドキン、パウダーブルーなどでしょうか。パテントのタイタンも今年から収量の加減がどんなか注目しています。
他にもいっぱいあるけど、止らなくなるのでこの辺でやめておきます。

椎たけ夫さんへ

> 安定して甘いってのはうれしいですね。

そうなんですよ。酸っぱいとヒヨドリもまたいで通ります。(笑)本当か???

> こっちでも遅いやつは9月くらいまでなってるものもありますが、
> 大体すっぱくてうまくないっすねー

うちが暖地でハイブッシュがまともに育たないから秋田で育っている品種がわかりません。
酸っぱいんですか。9月は青くなってから1Wではなく、10日おいてみて下さいな~。かなり理想に近づくかもですよ~。

このみさん

コメント、ありがとうございます。

> 剪定はしないのですか?

ご心配いただき、恐縮です。
他の木は終わっていますが、この品種だけは毎年しません。
なぜなら、冬になって食料が少なくなると、野うさぎや鹿が冬にやってくるのですよ。そして、なぜかこの品種だけ毎年狙われるんです。
動物からすると好みの香りがするのかも知れません。背丈の低いこの品種は格好の餌となります。
まるで鋭利に刃物で切り落としたかの様な食ベっぷりです。
だから、そのリスクを考えて、最初から落とさないんですよ。(笑)
酷い年なんて春は咲くのを諦めて、秋に実がなるんですよ。面白い品種でしょう。

> となりの爺さんは秋口に毎年せっせと剪定してます。
> かなりスカスカにしてますよ~

はい、うちも12月中に一次剪定は終わっていますよ~。
わざと終わらせていない分は、これから1月の終わりに穂木を採って接ぎ木用にします。

二次は、遅霜のリスクが高い地域なので、それが終わってから全体の幼果の数を見て、それからの調整でないとボウズになることがありますからね~。何でもかんでも剪定は早く終わらせていれば良いと言う物ではありません。
大規模農園と小さな農園の管理の違いですね、きっと。(笑)


> 一本の木での収量は同じなので、
> 剪定すると一つの実が大きくなるとよく聞かされてます。

一般的には、そう言われています。
でも、遅霜で、ごっそり花が落ちて、1キロも採れない、って年もありますから、うちは剪定は緩めです。それとマルハナバチが来るタイミングでかなり収量が変わってきますねぇ。
読みが浅くて実の数が減少しすぎると逆に徒長して、翌年の収量が落ちることもあるんですよ。
うちの農園では、10年生以上の戦力苗は、とにかくならせて徒長させない、ノコギリで何本も主軸を切る、今年と来年2年の収穫を読んだ剪定をしているんですよ。

リベイルさん、こんばんわ。

ローブッシュだと収穫や管理もしやすくて、良さそうですね~♪
花芽がいっぱいで、今年の収穫も愉しみですね!!

ところで、収穫したブルーベリーは、生食派、それともジャム派でしょうか!?

penpen_1goさん Re: リベイルさん、こんばんわ。

> ローブッシュだと収穫や管理もしやすくて、良さそうですね~♪
> 花芽がいっぱいで、今年の収穫も愉しみですね!!

ありがとうございます。はい、ほとんど手間いらず、場所取らず、でも木の割りに甘くて嬉しい品種で、楽しみです。


> ところで、収穫したブルーベリーは、生食派、それともジャム派でしょうか!?

どちらも派です。
ブルーベリーを育て始めたばかりの頃は断然生果派でした。

ところが、私の周りにはジャム派の方が多くて、そんな方達用にご要望に応える様なこだわりのジャムを作っていたら、゛んだんジャムも美味しいなぁ、って思う様になりました。
penpen_1goさんはどちら派でしょうね。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード