FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋雨の後の農園の管理




秋雨がちょっと落ち着いたら、暑かったですね~。

これからは残りのブルーベリーの収穫と管理に忙しくなります。

秋に長雨が続くと、せっかくお礼肥をあげていても流れて効いていないことがあります。

その証拠がハイブッシュ系の花芽の形成が遅れていてなかなか付かない...

次のタイミングを見計らっていましたが、それが先週の金曜日。

うちの旦那様に、取り敢えずリンの成分が多いマグアンプを特に花芽の出が良くなかったハイブッシュ系の列とまだ現役で収穫中の一番奥の列(我が家の摘み取り体験の列)にあげてもらっておりました。

その甲斐あって、たったの数日の間に雨の助けと再び夏日の様に暑くなったこともあって、次々に花芽が形成されてきました。

ハイブッシュやサザンハイブッシュ系は、この時期に花芽形成がある木なら翌年はほとんど問題なく花が付いてくれます。

畑では、最近もぐらの活動も活発になって来て、ブルーベリーの根元にボコボコ穴が開けられてしまいます。

それでももぐらの駆除をしないのは、もぐらがコガネムシの幼虫を食べてくれるから。

穴は踏みつけて、根に土が当たる様にしてあげるだけでOK。

ただ、この時期に雨が降っていても、意外と葉っぱが繁っている木には根元に雨がかかっていないことも。

木のはっ葉の色を観察し、秋も寒くなってカメムシやバッタの被害が落ち着くまではネットを取らない。

木が弱っていればPHやもぐらの穴やネキリムシやテッポウムシなどなど疑い、カイガラムシもミノムシも大発生しそうになったら、ひたすらテデトール。(笑)

それがうちの農園が無農薬で栽培する為の必須事項なのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。