FC2ブログ

マルハナバチの受粉能力はいかに?










皆様、こんばんは。
同居の家族が倒れて緊急入院してからしばらくバタバタしておりましたが、ようやく落ち着きを取り戻しました。

今日は私の胃カメラと大腸検診で、胃の方にポリープが見つかったので取って来ました。
旦那様に送迎をお願いし、日帰りでした。

それにしても大腸検診の検査前の食事の仕方って、流行りとかあるのですかねぇ。
何年か前まではレトルト三種を渡され、朝卵がゆ→昼シチュウ→夜クラッカーみたいな感じだったんです。

それが一昨年くらいには、消化の良いものを軽く(多少の柔らかく煮た具あり)が、今年は更に進化して、
朝、昼、夜 おかゆ、うどん(具なし)、パン(具なし食パン)のどれかのみ。但し、水分に水やお茶、ジュース、コーヒーなどはしっかり摂る、に。

この検査、夜に内服の下剤で朝5時から2リットルもの下剤を飲みます。慣れないうちはよく脱水になって、体が3日くらいきつかったので、これではいけないと思い、夜はジュースの代わりに梅酢を濾して、お湯で割って飲んでみました。これはバッチリ効果ありました。
やっぱり普段通りの食事じゃないのと、体から下剤と共に塩分も抜けて行くので補ってあげないとおかしくなりますよね。
その甲斐があって、これまでのこの検査の中で一番体の負担の少ないものとなりました。

明日は月曜日に熊本で眼の術後検診があるので行ってきます。

さて、ブルーベリーに来てくれているマルハナバチ、何時から仕事をしているかご存知ですか?

うちのブルーベリーの畑に一番早く来てくれる子は、早朝五時半からお仕事開始です。(笑)

で、多い時には一度に六匹くらい飛んでいます。

以前、受粉後花弁は下に落ちる、と記事に書きましたが、花が成熟してくるとこの様に無数の花弁が落ちています。

マルハナバチがブルーベリーの花の蜜や花粉をどのくらいのペースで移動するか計った事があるブロ友さんも少なくはないでしょう。(笑)
なぜなら、ここに記事を読みに来られる方はとても好奇心が旺盛で研究熱心な方がとても多いからです。φ(..)

ブルーベリーは一つの花芽から品種にもよりますがだいたい10個くらいの蕾がついて咲きます。
その隣の花への移動は約2秒。マシンガンの様とはいかないけれど、人間の処理能力はかなり越えています。

隣の花房へ飛んで移動するのも含めると、うちに飛んでくるマルハナバチは1分当たり14~15個の花の受粉をしていました。
(管理人測定より)

ここで、その受粉能力が大体何を意味するか、すぐに計算してみたくなるのが私。
一本のブルーベリーの戦力で仮に5キロ収穫できるとして、一粒2gの果実をならす為には

5000g?2=2500個の花の受粉が必要です。
では2500個の花をマルハナバチが何時間で受粉するのか。

2500?(1秒14個x60分)=2.97 H

約三時間で済ませる凄腕と言うことになるのでしょうか。

でも実際には巣に戻るのにどれくらいの時間を要しているかとか、何個分のの蜜を吸ったら巣に戻るのかとかわかりませんので、あくまでも計算上の話です。(笑)

それに朝から15時過ぎまでマルハナバチを確認したことがありますので、あの花柄の落方は伊達ではないと言うことがわかります。

マルハナバチは群れを作らずに住んでいるそうですが、私はいまだにマルハナバチの巣を見たことがありません。

受粉が完了した割合がだんだん増えてきたブルーベリー畑からのレポートでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして。

ブロ友になってくれませんか?
一応果樹栽培のブログもやってます。
motoqのブログ

Re: 初めまして。

> ブロ友になってくれませんか?
> 一応果樹栽培のブログもやってます。
> motoqのブログ

motoqさん、初めまして。
ありがとうございます。ブログを拝見致しました。無農薬の果樹の味は格別でしょうね。とても美味しそうです。
ぶどうも多品種植えていらして夏、秋が楽しみですね。
そちらのブログのリンクを貼らせていただきました。
こちらこそ宜しくお願い致します。

マルハナバチ

ご無沙汰してます。

うちは、毎年1匹だけマルハナバチが来ます。
来始めるのは気温が20度を超える日が出始めてからなので、サザン系の品種には間に合わず、結局このマルハナバチが来る時期に咲く品種だけがまともに実がなります。
ところで、花弁が落ちる時期ってミツバチきてないですか? ミツバチは蜜をすうときに花弁を外すのでそれでってことはないですか? うちはラビットアイ全部やめちゃったので、ハイブッシュだと受粉すると花が上に向くので花弁が受粉で落ちるってのはあまり感じた事がないです。

No title

コメントにやたら英語あってビビった(笑

これまた面白いネタですね。
うちはマルハナも来ますけど、もっぱらヒゲナガハナバチですかね。
蜂の種類は結構多いので何がメインかは何とも言えませんけどねー
それにしても訪花昆虫の仕事っぷりには驚かされますね。

マルハナバチ

今日はブルーベリーが満開状態なのでどんな蜂が来ているのか観察しました。ミツバチは殆んどいませんでした、でもマルハナバチか黒い蜂がきていました、西洋を飼育しているのですがいませんねー。
 でも前面の緩衝地帯にシロツメクサを植えているのですがそこには
西洋が沢山きていましたね。
だけどブルーベリーが実るのですから受粉は時間帯によるものですかなー。少し不思議な気がしました。PM:300頃

ガンチャさん Re: マルハナバチ

ガンチャさん
拙いブログにお越しいただき、コメントまでもいただいて本当にありがとうございました。m(_ _)m

> 今日はブルーベリーが満開状態なのでどんな蜂が来ているのか観察しました。ミツバチは殆んどいませんでした、でもマルハナバチか黒い蜂がきていました、西洋を飼育しているのですがいませんねー。
>  でも前面の緩衝地帯にシロツメクサを植えているのですがそこには
> 西洋が沢山きていましたね。
> だけどブルーベリーが実るのですから受粉は時間帯によるものですかなー。少し不思議な気がしました。PM:300頃

うちもミツバチをゲットしたくて巣箱まで準備していましたが、結果頑張ってくれていたのは95%マルハナバチでした。
野生のミツバチもいましたが、見たことがないくらい触角の長いミツバチで、日本には色んな野生種がいるものなのでなぁ、と思いました。
凄い働き者で、朝は5:30~出勤。夕方は6:30まで頑張っていました。
なので、ガンチャさんさんのところはきっと早朝に受粉作業を終わらせている可能性が大です。(笑)
蜂の種類によって好みの花の香りが異なるのでしょうね。

Soさん Re: マルハナバチ

> ご無沙汰してます。

こちらこそご無沙汰しておりました。
お元気そうですか?
収穫まであと一カ月ちっょとですね。

> うちは、毎年1匹だけマルハナバチが来ます。
> 来始めるのは気温が20度を超える日が出始めてからなので、サザン系の品種には間に合わず、結局このマルハナバチが来る時期に咲く品種だけがまともに実がなります。

あ、わかります。もっと早く来てくれると嬉しいですのにね。

> ところで、花弁が落ちる時期ってミツバチきてないですか? ミツバチは蜜をすうときに花弁を外すのでそれでってことはないですか? 

はい、みつばちは来ていません。

うちは今年みつばちは開花からは一匹だけしか、しかも一日限りしか見ていないんですよ。

(触角の長~い(2cmくらい)の蜂のみ)

うちがネットの天井を付けたまま裾上げだけしているのが気に入らないのか、天に舞おうとして飛び上がった時にネットから抜けるのに苦労したので、以来来なくなりました。
日本みつばちも西洋みつばちも見ません。

一方、マルハナバチは天井にネットがあってもそれを認識して、まるで避けてくぐる様に自在に花を渡り飛びます。総合判断力や危険回避能力はマルハナバチの方が凄いなと思います。

>うちはラビットアイ全部やめちゃったので、ハイブッシュだと受粉すると花が上に向くので花弁が受粉で落ちるってのはあまり感じた事がないです。

そう言えばBerryさんも何年くらい前だったか、その様な記事を書かれていたことがありましたね。

うちで花が上向きになっているのをあまり見ないのは、私がそのタイミングに居合わせていないだけかもですね。
気が付くと幼果になっていますから。

でもsoさんのおっしゃる通り花は付いていなくても幼果は花弁が外れた姿が上向きなので花が上を向いていた、と言うのは言い当たっているのかも知れません。

私が傍にいるマルハナバチの観察中では、マルハナバチが飛び立つ際に羽の風圧で受粉済み花弁が落ちる瞬間を見たこともあり、写真にも収めたこともあります。

椎たけ夫さんへ

> コメントにやたら英語あってビビった(笑

うっくっくっく・・・、私もです。(ToT)
すみません。私がコメントしやすい様に4ケタ番号入力しなくてもいい様に設定しているから、ちょっと放置しているとすぐあれです。まとめてちょこちょこ消したり、拒否設定しているんですけれど、全く効き目がありません。
でもあれだけの数をブログのコメント管理で消しまくっていると日本人のブログのハンドルネームの方まで消してしまいそうになりますわ。(汗)

> これまた面白いネタですね。

あはは、椎たけ夫さん、こう言うネタお好きですね。(笑)

> うちはマルハナも来ますけど、もっぱらヒゲナガハナバチですかね。

椎たけ夫さん、ありがとうございます~。それです。うちに一回来たことがある蜂で名前がわからなかったのは。

画像みて触角の長い蜂の名前がわかってすっきりしました~。

いや~、秋田にも同種が分布していること自体驚きです。寒さで凍え死んでいたのを見かけたことがあったので寒いのが苦手な種なのかと思っておりましたので、秋田で受粉の担い手No1と伺い、妙に嬉しいですね。(笑)

> 蜂の種類は結構多いので何がメインかは何とも言えませんけどねー
> それにしても訪花昆虫の仕事っぷりには驚かされますね。

その通りですよね。
この働きっぷりを見ながら、蜂には決して働き方改革とかは無いよなぁ、とか、こんな時間を計ったりしている私を暇人と思う方々もきっといるんだろうなぁ、なんて思いながらの観察でした。(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード