FC2ブログ

稲の間断潅水

昨日はお盆の準備の為、旦那様と共に嫁ぎ先の田舎へ。
中九州道路は晴天です。この道ができてから、田舎へ帰るのが楽になりました。

2009-08-08-中九州道路

帰る途中に我が家の田んぼがあります。
稲のその後は・・・
2009年8月8日撮影

2009-08-08-田んぼ

前回は水を抜いてひび割れていた土も今は水で一杯です。

2009-08-08-田んぼの水張り

『水の出し入れはいつからいつまでするのでしょう?』
その疑問に水稲栽培のプロ、義母は答えてくれます。

『中干しが終わる7月下旬~8月下旬まで。』

『何のために?』

その疑問に答えるべく、義母は一枚の資料を渡してくれました。

答えは

『中干し以降は新しい根は増えません。間断潅水で酸素を与え、根の活性を維持します』
我が家では、雨か晴天かによっても調整するそうですが、5~6日干して5~6日潅水をするそうです。

そのさらに資料の読むと・・・。

『草刈りすべし』
病害虫の隠れ場所をなくす為。

そう言えば、うちの旦那様、先週畦の草刈りを済ませました。

『出穂期に病害虫を叩け!』
出穂期の一斉防除が効果的。この時期から、発生するカメムシ・いもちによる病気の予防のことの様です。

我が家のブルーベリーの葉にも、最近の雨続きで、斑点が出たものもあります。
コガネムシも気をつけなければならないし・・・。

育てるものは違っても、時期的に注意するものが病害虫と言うのは同じですね。


本日、T&Fさんのホームページを追加させていただきました。

昨年、2008ブルーベリーin九重のシンポジウム会場のブースに展示されてあったフクベリーにびっくりして、T&Fさんより取り寄せしました。
私も、T&Fさんにあやかって、あの時展示されていたフクベリーの木の様に、力強く体力のある木に育てられる様に頑張りたいです。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード