ミノウエレガント



大分はミノウブルーもミノウエレガントもよく育ち、そして完熟する頃の実はバルトウインに決してひけをとらないくらい大きいです。
私はこの二つの品種が大好きなんですよ。
何年か前、雨続きでミノウエレガントが裂果がひどかった年もありましたが、本来の様な夏に晴れる天候が当たり前に来る地域なら、本当に美味しいです。
ラビットアイの品種ならオクラッカニーの味はピカ一ですが、この2品種も品種名を知らない多くの方から支持を受けております。
画像はミノウエレガントです。

房の中で一番大きいものだけ採っていきます。
後にまだ幼果が控えておりますので、まだまだ楽しめそうです。\(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

綺麗な実付ですね。やはりまろやかな甘みがあるんでしょうね。
私はミノウブルーを鉢で育てていますが、3年苗でもあり(樹高90㎝)
、少しだけしか実らせませんでした。とても美味しいですね。

きりきりさんへ

> 綺麗な実付ですね。やはりまろやかな甘みがあるんでしょうね。

ハイブッシュの大実は季節的に大味になりがちですが、ラビットアイの大実はお天気が良いとしっかり味が乗り、味が濃厚で美味しいです。
特にミノウエレガントやミノウブルーは日照時間がしっかりある年は、たくさんなっても実がかなり大きくなりますよね。

> 私はミノウブルーを鉢で育てていますが、3年苗でもあり(樹高90㎝)
> 、少しだけしか実らせませんでした。とても美味しいですね。

木の樹勢から言うとミノウエレガントの方が激しく良くて(変な表現ですみません)
最初はイナバウワの枝張りで、どうしたものかと思っておりましたが、4年苗の時にすっきりとバルタン星人カットにしましたところ、6年目あたりからとても素直なシュートが出てくる様になるのですね。
大きくなるに従ってあまり気にならなくなりました。^ ^

木のサイズ的にはミノウブルーの方がややコンパクトな気がします。
だからミノウエレガントの収量の方が断然多いんですよ。
でもコンパクトでもしっかり大きな実を確実にならせて収量は普通にありますし、コンスタントに収量が安定しているので私はどちらも追加導入しました。
味はどちらも甲乙つけがたいです。(笑)
雨が多い年にはミノウブルーに軍配、しっかり晴れる年にはミノウエレガントは負けておりません。
我が家の畑にはモンゴメリーやバルトウイン同様、欠かせない存在です。

こんにちは

ミノウブルーはそうなんですか、意外に大きくならないので心配してたのです。私のベランダは3年目の苗がほとんどですが、なぜかノビリスがぐんぐん伸び、2m弱になり上層階の天井にとどきそうです。
あとエリザベス、ブリジッタが1.5m位であとはみんな1m前後です。(葉の茂り方はまちまち)今年初めての収穫でどれも初めて頂いております。本来の味なのかはわかりませんが、みな美味しいですね。
ここんところ、水遣りのペースを試行錯誤しています。

きりきりさんへRe: こんにちは

> ミノウブルーはそうなんですか、意外に大きくならないので心配してたのです。私のベランダは3年目の苗がほとんどですが、なぜかノビリスがぐんぐん伸び、2m弱になり上層階の天井にとどきそうです。

そうなんです。5年生くらいまではミノウエレガントやティフブルーに比べると比較的低木気味ですけれど、6~7年目くらいから上に向けてシュートが出始めて背が伸び始めます。が、実のサイズは3品種の中では一番大きいです。

> あとエリザベス、ブリジッタが1.5m位であとはみんな1m前後です。(葉の茂り方はまちまち)今年初めての収穫でどれも初めて頂いております。本来の味なのかはわかりませんが、みな美味しいですね。

ブルーベリーは完熟するとみんな砂糖菓子の様に甘くなります。
私が園芸店のお姉さんに聞いた話で、栽培し始めたばかりの頃は半信半疑でした。
でも、今は本当にその通りだと思います。
ただし、それは水・肥料・太陽(光合成)の3拍子が揃ってかつ、管理を怠らなかったらの話です。

ですから、どれを食べても甘くて美味しかったと言うことは、きりきりさんがたくさんの愛情を注いでブルーベリーをかわいがってあげている証拠です。 ^^

> ここんところ、水遣りのペースを試行錯誤しています。

同感です。
夏場は雨が降らない時は一日2回が基本ですけれど、やりすぎると味が薄くなり、油断すると枯らしてしまいますものね。
私は今年管理が悪くて鉢植えのを水切れさせて数本枯らしました。
山の畑では雨が多めで全く水遣りが必要なくて、逆に裂果も出てきています。
同じ県内に植えていても水の管理は本当に難しいですね。

No title

私はブルーベリーの実質栽培歴は1~2年です。一昨年秋から今年春先にかけ今ある品種(50種ぐらい)を集めましたので、正直ビギナーズラックでしょうか、過去に枯れた品種は2年前のオニール(2年苗)と昨年春のサミット(立ち枯れ)なんですが、病気的な感じはなく、素人の水やり過ぎによるものと判断しています。
いろんな方の栽培コメント等それぞれを参考にして、これから生長期の秋対策を考えてみようと思います。またこの約2年、風の強いマンションベランダということで、使用する鉢をあえてテラ鉢にしましたが、一部のスリット系鉢とはここにきて生長差が出てきた気配がします。またテラ鉢も各々、底穴の大きさ、鉢自体の厚みによる通気性、茶系とモカ系での差異や、焼かれた温度、土の用材等で微妙なことがあるような気がいたします。
意外にスリット鉢とアップルウェア等の野菜鉢の自作改良スリット鉢には差異はなさそうです。
実家で水やりを母に任せている同品種を比較しても、結果的には実家のBBの生長は総じて鉢にかかわらずベランダ鉢と比較してよく育っており、原因が何なのかよくよく考えてみようと思います。
おしゃる通り「水・肥料・太陽(光合成)の3拍子」が重要かと思います。
それに加え特に鉢植えは根の住空間に制約があるでしょうから、葉の風通しと根の通気性をこの秋から来年にかけ観察してみようと感じてます。

きりきりさんへ

> 私はブルーベリーの実質栽培歴は1~2年です。一昨年秋から今年春先にかけ今ある品種(50種ぐらい)を集めましたので、正直ビギナーズラックでしょうか、過去に枯れた品種は2年前のオニール(2年苗)と昨年春のサミット(立ち枯れ)なんですが、病気的な感じはなく、素人の水やり過ぎによるものと判断しています。

そうでしたか。でも、そのはまりっぷりは素晴らしいです。類友のみそのさん並かも知れません。^ ^
水のやりすぎですか。
立ち枯れで病的な感じがしない場合は水枯れ、コガネムシの幼虫、テッポウムシ、シロアリなど物理的な原因が多いかも知れませんね。


> いろんな方の栽培コメント等それぞれを参考にして、これから生長期の秋対策を考えてみようと思います。またこの約2年、風の強いマンションベランダということで、使用する鉢をあえてテラ鉢にしましたが、一部のスリット系鉢とはここにきて生長差が出てきた気配がします。またテラ鉢も各々、底穴の大きさ、鉢自体の厚みによる通気性、茶系とモカ系での差異や、焼かれた温度、土の用材等で微妙なことがあるような気がいたします。
> 意外にスリット鉢とアップルウェア等の野菜鉢の自作改良スリット鉢には差異はなさそうです。
> 実家で水やりを母に任せている同品種を比較しても、結果的には実家のBBの生長は総じて鉢にかかわらずベランダ鉢と比較してよく育っており、原因が何なのかよくよく考えてみようと思います。


きりきりさんも鉢に対して色々研究されている様ですね。
凄いことです。^ ^

> おしゃる通り「水・肥料・太陽(光合成)の3拍子」が重要かと思います。
> それに加え特に鉢植えは根の住空間に制約があるでしょうから、葉の風通しと根の通気性をこの秋から来年にかけ観察してみようと感じてます。

あ、それはあるかも知れませんね。
だからうちはピートモスは繊維の細かいのは使っておりまん。
今のところ、土が火山灰を含む黒土なので鹿沼土とピートモスの組み合わせが一番生育が良かったです。(他にココチップとの組み合わせ、樹皮との組み合わせも悪くなかったけれど鹿沼土の比較するとやや劣る感じ)おかげで2年生苗が地植えから丸4年で1本で3~6キロくらい収穫できるものがあります。あと数年で1本10キロ以上の収穫を目指します。
きりきりさんのところは地植えの方はそれていませんでしたでしょうか。土の混ぜ合わせは比較していかがですか?
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード