SH オニール実生1

0_20150429-オニール実生1

ひさびさのSH オニール実生1のアップです。
今年はなぜか実付きが悪かったので、おそらくモグラの影響で根の下に穴を掘られたみたいです。
コガネムシの被害は根のチェックがいるけれど、モグラが穴を作った時はコガネムシの幼虫の被害がなくなるので、ぶかぶかになった土を水遣りの時に踏みつけておくとまた成長し始めます。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モグラが、幼虫食べちゃう?と言う事でしょうか!
メモメモ!(*´∀`)♪

実生、、、まだまだ収穫となる株は無いんですが、今年は、ひひひ
また、作るつもりで、袋かけ頑張りました!

みそのさ~ん

> モグラが、幼虫食べちゃう?と言う事でしょうか!
> メモメモ!(*´∀`)♪

そうらしいですよ。
ただね、モグラが穴を掘りまくると心配な事が3つあります。
穴を棲みかに野ねずみが来る、その野ねずみを狙って野ねずみの天敵が棲む。
そして梅雨時期にモグラの穴が雨の通路になったら大量のブルーベリーの用土が穴から流れ出てしまいます。
土が流れれば簡単に倒れてしまうかも。
この連鎖がちょっと?だいぶ?心配です。
>
> 実生、、、まだまだ収穫となる株は無いんですが、今年は、ひひひ
> また、作るつもりで、袋かけ頑張りました!

みそのさ~ん

> モグラが、幼虫食べちゃう?と言う事でしょうか!
> メモメモ!(*´∀`)♪

ここ三年くらい夏~秋になるとコガネムシが大量発生していますが、木の一本一本にネットをしているのと、モグラのおかげかコガネムシの幼虫がごまんといておかしくないのに木が一本も枯れません。
その分、土の下はモグラの通路だらけになっています。(笑)
それでも適度な雨か水遣りと、水分がある状態でぶかぶかしている土を踏んで根に土を与えるとしおれかけたブルーベリーは復活します。

ブルーベリー栽培の10年ジンクスと言うのがあるの、知っていますか?
順調に育っていた苗が10年で突然死・・。
原因は不明らしいのですが、実際に畑で育ててみると原因無き突然死はありえないと思っています。

その原因のひとつにコガネムシの幼虫あり、モグラの穴で根が水分や養分を吸えなくなることあり、シロアリもあり、モグラの穴に住みついた野ねずみに根をかじられることあり、などなど・・。
実際には根では見えない危険がいっぱい潜んでいるのだなぁ・・、と思いますよ。(^ ^;)

> 実生、、、まだまだ収穫となる株は無いんですが、今年は、ひひひ
> また、作るつもりで、袋かけ頑張りました!

みそのさん、実生をたくさん作っていらっしゃるのですね。^ ^
種から育てると可愛いでしょう?

私が育てている実生はオニールの実生1~8以外に、ラビットアイの実生とハイブッシュの実生を各2本育てて、もう何年か収穫しています。

大分は暖地なので、実生はやはりラビットアイの系統が強く出ているものの方が絶対的に収量が多いですね。
実生の中には本家よりも収量の多いものもあれば、何年経ってもほとんど実を付けないものもあります。
その中でもみそのさんの納得のいくお気に入りが見つかると良いですね。^ ^


フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード