筍の雄雌の違い


筍の出回る季節になりましたね。

筍に雄雌があるって、ご存じですか?

私は今日まで知らなかったです。(笑)

確かに昔、竹の花が咲くことがあるのを聞いたことはありますが。
この写真の様に葉芽が緑色のは雄、薄い黄緑っぽいのが雌の筍なのだそうです。

見た目はそんなに違わないのに、どこが違うのかって?
農家さん曰く、柔らかさが違いがあり、雌の筍の方が断然柔らかいのだそうです。

だから、サイズが同じで葉芽の色が薄いものの方が高値。

でも農家さんの皆さんがそれをご存じというわけでもなさそうです。♪

もし筍が皮付きで売られていたら、是非葉芽の薄いものを探してみてはいかがでしょう。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へぇーへぇーへぇー
でもこっちじゃでかいタケノコってあんまり見ないですね。
笹竹の方が一般的かな―

椎たけ夫さんへ

> へぇーへぇーへぇー

あはは。

> でもこっちじゃでかいタケノコってあんまり見ないですね。
> 笹竹の方が一般的かな―

笹竹と言うのがあるのですか。
その名は初めて伺いました。どのくらいの太さでしょう。
東北では太い竹が育たないなら、かぐや姫は暖地から産まれた童話なのでしょうか、と思ってしまいました。(笑)
大分では、この時期に孟宗竹、その後破竹や御三竹(漢字は違うかも知れませんが)などサイズやバリエーションがあって色々楽しめます。

痛い、頭が痛い、、、
知恵熱が、、、(笑)

もう、筍の話がマニアック過ぎで(*´∀`)♪
しかし、いつもなんですが
リベさんブログで知った事は、翌日以降に、人に自慢して話します!
へへへ、オレって物知りだろ♪って(笑)
今度、竹林みてきます♪

No title

笹竹って一般的じゃないのかな(汗
こっちではポピュラーなんですが、細い奴なんですよ。
竹でなく笹らしいです。
こんなかんじです
http://healthmate-sakegawa.com/?p=733

No title

今年の筍の出来はどうなんですか?

雌雄があるなんて・・・私も知りませんでした。

竹は花を咲かせ、しかも枯れてしまう・・・と言う話を聞いたことがあります。

ミステリアスですね。

みそのさ~ん

> 痛い、頭が痛い、、、
> 知恵熱が、、、(笑)

あはは・・、みそのさん、面白すぎです。(//▽//)
それは暑さ・寒さの体が順応できなくて風邪ですわよ~。(爆)
実は私も昨日まで仕事から帰宅すると寝込んでました。(- -;)
あれだけ初夏の様な暑さから冬の寒さになると疲れがどっと出ますよね。
みそのさん、お大事になさって下さいよ~。
みそのさんはいつも人に言ってあげていらっしゃるお仕事で、人から言われることの方が少ないと思いますので、今日は私が言って差し上げます。
暖かくして消化の良いものを食べて、ゆっくり休んで下さいね。^ ^

> もう、筍の話がマニアック過ぎで(*´∀`)♪

えっ、これでもマニアックなんですか?

> しかし、いつもなんですが
> リベさんブログで知った事は、翌日以降に、人に自慢して話します!

いや~・・、そんなぁ~・・

> へへへ、オレって物知りだろ♪って(笑)

ぶわっはっはっは・・・(^O^)

> 今度、竹林みてきます♪

はい。60~120年に1回竹林が一斉に枯れ、花を咲かすと言われている竹。その花は稲の花にそっくりなんですよ。
咲くと竹林が一斉に枯れ、咲いた花が受粉して種を散らして、10年くらいかけて再び新しい竹林を作るのだそうですよ。何だか神秘的ですね。

私は竹と言うとauの家族割のCMがどうも笑いのツボにハマッてしまって・・・。あのCMがお気に入りなんですよね~。
桃ちゃんとかぐちゃんの家族になった馴れ初め・・"パッカ~ン"

http://camera-beginner.sakura.ne.jp/wp/?p=3046

椎たけ夫さんへ

> 笹竹って一般的じゃないのかな(汗
> こっちではポピュラーなんですが、細い奴なんですよ。
> 竹でなく笹らしいです。
> こんなかんじです
> http://healthmate-sakegawa.com/?p=733

ひゃ~、私、こんな細い竹を食用に食べたことがなかったです。
これも食べられるのですね。
笹、あ~、なるほど。七夕様の飾り付けの方の笹でしょうか。
孟宗竹、調べたら確かに"アジアの温暖湿潤地域に分布する竹の一種"と書かれてありました。
孟宗竹って全国どこにでもある竹だとばかり思っておりました・・。(^ ^;)
椎たけ夫さんのおかげでひとつ利口になりました。(笑)

monalisaさんへ

monalisaさん、お元気でいらっしゃいましたか。

> 今年の筍の出来はどうなんですか?

大分では直売所でたくさん見かけるので豊作な方でしょうか。


> 雌雄があるなんて・・・私も知りませんでした。
>
> 竹は花を咲かせ、しかも枯れてしまう・・・と言う話を聞いたことがあります。

竹も身の危険を感じると花を咲かせるのでしょうか。一旦枯れてまた種から新しい命が生まれもとの様な竹林が戻るそうです。

> ミステリアスですね。

本当に不思議ですよね。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード