黄色いサクランボ♪





仙人さんからの頂き物、黄色いサクランボの月山錦。

昨日は、ハンズマン(HC)で受粉木になるお嫁さん探しに行きました。
残念ながら、ありませんでしたのでお店の方にお取り寄せをお願いしました。

来週くらいには有無の連絡が入ることでしょう。

サクランボはS遺伝子が異なる品種との受粉が必要なのですが、この月山錦のは佐藤錦と同じなので、佐藤錦と一緒に植えても受粉しません。

私は詳しくありませんが、専門機関だとS遺伝子のことは自家不和合性遺伝子型(S-RNase遺伝子型)と言う様ですね。

ある情報では高砂が良いとも聞きます。(それは本当なのだろうか・・???)
思い切り疑問がわきます。

では、ちょっと調べてみましょうか。

その原理からいくと大将錦とか良いのかな、と思いましたが、いかんせん九州で栽培している人をあまり知りませんし、果実も流通していませんから、暖地である九州では、開花時期が同じなのかどうか、って言う情報なんて尚更ありません。

やってみなければわからないことは、取り敢えずチャレンジですよね。(笑)

ある樹医さんのお話によると、このS遺伝子の形の違うもの同士を受粉する際には、

S3S6のものに対し、S3 または S6 のどちらかだけ異なるものの受粉相手よりも S3 S6 のどちらも異なる方がより受粉率が高くなる、とおっしゃるのですが、そう考えると

片側がS1 S2 S4 などで始まり、 もう一つがS2 S4 S5を持つ遺伝子の形を探しますよね。

S1 S2
S1 S4
S1 S5
S2 S4
S2 S5
S4 S5

私がお取り寄せを希望したのは大将錦。S1 S4です。

さくらんぼ月山錦の受粉相手

でもね、開花時期が一緒でないと駄目なので、遺伝子の型が良いからと言って受粉できるとは限りませんから、その時は県外の方で花の時期が合う方と花粉の交換、って言うのが良いですよね。
こう言う時って同じ様なことを考えていらっしゃるブロ友さんがいらっしゃるとありがたいです。

春は良いですね~。
お目当ての品種と、同じ時期に開花をしてくれる品種まで可愛くてしょうがなくなるのですよね。
このウズウズがきっと家族には理解できない病気なんですけどね~。(爆)

家族に興味があるのは、甘くて美味しい実が食べられるかどうか、です。(#^.^#)
ま、却下されるよりは良いですよね。(笑)

もしかして、変な方向に走る不良おばさんになるよりはマシって、皆で優しく見守って(諦めているのかも)くれているのだと思うことにしています。(笑)

そう言えば、この月山錦、たわわになる方と、なかなかならない方と別れる様です。

ブルーベリーでも同じ木から取れた穂木を挿し木しても、枝変わりとかあると個体差が出て収量が違って来ますから、仕方ないですが、ところ変われば品変わる、と言う言葉もあります。

この月山錦の低温要求時間って、どのくらい必要なのかな~?
九州でも大量収穫の実績とかあるのかな~?

暖地だから育たない品種かも知れないけれど、これもやってみないとわかりません。

そんな好奇心旺盛な私に、昨年、珍しい果実の苗を送っていただいた仙人さん。
いつもありがとうございます。m(_ _)m

禁煙中で辛いと思いますが、ファイトです!
応援していますからね~。頑張って下さいね。

そして、この記事を読んだ仙人さんのイチジクのファンの皆さん。

仙人さんが無事に禁煙できます様に仙人さんのブログに応援コメントを入れて下さいね~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんな情報どこから入手してくるんすか!
すごいでござんすなー

受粉しやすいとかしにくいとかの相性は、
とりあえずこいつとはよさげみたいな感覚というのはわかるんですが、
遺伝子から攻めてくるとは恐れ入ります(笑

No title

珍しい品種を育てるのは楽しいですよね♪
交配ですがさくらんぼのことは全然分からないけれど三角はあまりあてにならないと考えたほうが良いと思います。
私の経験から言ってそんな感じのことが多いように思います(笑。

椎たけ夫さ~ん

> こんな情報どこから入手してくるんすか!
> すごいでござんすなー
>
> 受粉しやすいとかしにくいとかの相性は、
> とりあえずこいつとはよさげみたいな感覚というのはわかるんですが、
> 遺伝子から攻めてくるとは恐れ入ります(笑

これね、さくらんぼを栽培されている方は普通にご存知のことなんだそうです。
私は昨年、山形県のブルーベリーの鈴木さんからさくらんぼ農家さんをご紹介していただいて、相談してみたんです。

すると、山形県にさくらんぼを研究していて、詳しい機関があるから、そこに尋ねてみたら?って教えていただきました。
で、ネットで検索。で、当時はすぐにヒットしておりましたが、最近どういうわけか検索にかからなくなり、探せません・・。

一部の引用はコチラです。

http://www.applenet.jp/~nouken/promote/H14/H14-102.html


ちなみに自家不和合性の植物では、同一または類似の遺伝子型を持つ個体の柱頭に花粉が到達しても、花粉の発芽・花粉管の伸長・胚珠の受精・受精胚の生育のいずれかの段階が停止し、結果として種子が形成されないといわれています。
こう言うタイプって類似でも受粉しにくい傾向があるみたいなんです。

これの配偶体型自家不和合性の項目を読んで、図を参考にされてみて下さい。
さくらんぼの受粉のメカニズムがかかれています。

こちらはネットで見つかった一部の資料です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%AE%B6%E4%B8%8D%E5%92%8C%E5%90%88%E6%80%A7_%28%E6%A4%8D%E7%89%A9%29


元農業公園の吉野先生にさらにお伺いしてみたら、全く違う型を探してみては・・?と教えていただきました。

ただ、さくらんぼがいくらS遺伝子の型があるとは言え、本当にその組み合わせで相性が良いかどうかは、あくまでもS遺伝子上の相性だけでのこと。

もしも、この関係や開花時期以外で何か受粉相性の良し悪しを決める何かがあるとしたら、まだそれは私にはわかっておりません・・。

ブルーベリーは倍体数って言う考え方で受粉できるかどうかって見ているんですけれど、さくらんぼはそんな情報ってまだ聞いたことがありません。

Berryさ~ん

> 珍しい品種を育てるのは楽しいですよね♪

はい。何だかとっても興味をそそられる品種です。考えただけでも楽しいですね。(笑)

> 交配ですがさくらんぼのことは全然分からないけれど三角はあまりあてにならないと考えたほうが良いと思います。
> 私の経験から言ってそんな感じのことが多いように思います(笑。

Berryさん、コメントをありがとうございます。
△はあてになりませんか。(笑)
私も確立は1/2なんだろうか・・?って思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ながおちゃん、了解しました!(笑)
ありがとうございました。

No title

As we say in England – spiffing! Thanks!
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード