今日は一足早い?施肥をしました。


私は先に確実に行ったかわかる様に硫黄華を早足で歩きながら撒き、続いて漁粉と微量要素を撒いた形跡を確認しながら撒きます。
有機石灰は硫黄華5有機石灰1~1.5くらい。一本当たりの硫黄華は2年木くらいで10グラムくらい。生育の悪いのは少し多めに。
成木は手のひらで俵型に握れるくらい。

これも恐らく自分はこれで、うまくいっている、と言う量があればそれがその畑に一番適しているのでしょう。

うちのはあくまでも黒土PH5.5くらいの土地なので毎年これくらいの比率で試しています。

硫黄華にはこの時期にあげると一番良いと言う時期はありません。
なぜなら、いつあげても、暖かくなって硫黄細菌が動き出さないと分解してくれないから。

だから私は比較的時間の取れる時期にあげているというわけです。

二月は寒いだろうし…(((・・;)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほほー早いですなー
一足どころか姿かたちが見えないほど前走ってますな―(笑
こちらではまだまだ当分先ですな・・・

様々なもの使ってるんですね。
ウチはリン酸のかん水とブルーベリーの肥料くらいです。
いろんなものつかった方がおいしくなるもんですかね?

椎たけ夫さんへ

> ほほー早いですなー

うふふ、暖地ですからね。早いでしょう~。(^m^)
今年は4月の遅霜の影響を、この時期の施肥にすることで回避できるか実験です。
毎年4月の終わりに咲く品種は壊滅的ですからね。
早めに咲くものは受粉が完了さえすれば幼果のままなら霜も回避できます。
だから晩生種も含めて3月中に咲いてくれないかなぁ~、と期待を込めてあえてこの時期に施肥してみたと言うわけです。
今はサザンの早生品種の早いものはもう蕾が展開しつつあります。

> 一足どころか姿かたちが見えないほど前走ってますな―(笑
> こちらではまだまだ当分先ですな・・・

あはは、私は東北の気候が不思議で仕方ないです。
そちらは5月に入ってから実が成長するまでが、動画を早送りしているみたいに一斉に成長して、結局ハイブッシュは私のところよりも早く収穫できてたりするわけですから。(笑)

こちらの畑は寒暖の差が割りと激しくて夜は霜柱が立つほど寒いのに日中は12~16℃くらいで比較的暖かいんです。潅水は2週間近くまともに降っていませんでしたので、花芽の付いた新梢の中には枝が水不足の兆候が見受けられるものがありましたので、あげておきました。
私のところでは12月でも施肥をして休眠期に茎をしっかり太くして上げる様にしています。
太い茎には太いシュートと大きな実が付きます。

> 様々なもの使ってるんですね。
> ウチはリン酸のかん水とブルーベリーの肥料くらいです。
> いろんなものつかった方がおいしくなるもんですかね?

元々のうちの畑に不足しがちなものをその時々の植物の様子を見ながらあげてみているんですよ。
うちの畑、やせてましたから。
それにブルーベリーの専門の肥料は大分では割高です。それに有機メインだとどうしても毛虫の類が増える気がしています。化成肥料と油カスの発酵肥料の組み合わせは地植えした時に東海大学の小松教授に電話して伺った時に地植えならそれがオススメと教えていただきました。
以来ずっとそれでやっています。
効果がなければ続けておりませんが、木は3年でちゃんと2~2.5mの成木になってくれましたし花芽もちゃんと付いてくれるので気に入っております。

確かに鉢植えでブルーベリーの肥料オンリーで育てていた時に比べると畑でこんなやり方をしている方がヨトウムシやイラガの発生率と被害が低い気がしています。ゼロではありませんけど。

幼木では成長重視に少し牛堆肥をあげると秋にぐぐっと効いて成長具合が良いです。
この施肥でのブルーベリーの実の味好きです。
この畑で色んな肥料を試してみたんですけれど、何の肥料だったかわすれましたが、肥料によってはブルーベリーの味がどれも似たりよったりになっちゃうのもあるんですよね。

これじゃ全然面白くない・・(この辺が妙にこだわりが・・)
でも、化成肥料と油カスの組み合わせにちょっと色々ブレンドするのはブルーベリーの味の品種特性がちゃんと出るんです。(と思っているだけかな?(笑))

オクラッカニーはオクラッカニー、ベッキーブルーはベッキーブルー、バルトウィンはバルトウィン。
やっぱり、そんな味わい方ができるのがブルーベリーマニアの栽培冥利に尽きるところと言うのでしょうか。。プロの方が見たらきっと笑っちゃうかも知れませんね。(爆)
もちろん、値段も重視ですから、化成肥料よりマグアンプがお買い得な時は化成肥料の割合を減らしてみたり骨粉をなくしたりしてざっくり似た様な感じに調整していますが、おおよそです。(笑)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード