ナガボナツハゼの花(2)

ナガボナツハゼもシリーズ5作目となりました。
今回、静岡県で長年ナガボナツハゼの研究と保護をされている安藤 京子氏より、先日貴重な写真をいただきましたので、記事を追加いたします。

ナガボナツハゼの四季を通しての生態の記録を研究したものはほとんどありません。これはナガボナツハゼの貴重な資料のひとつとも言える画像です。

写真提供:安藤 京子氏
2014年11月7日撮影

ナガボナツハゼの果実と秋の花
最初の花は5月に開花しますが、秋~冬にかけても順次開花することがあるそうです。

20141107撮影_9897(果実と花)

結果枝と結果枝についた葉っぱには繊毛がありません。
花の形はナツハゼにそっくりです。
しかし、花弁の色と質感はブルーベリーに類似しています。
普通の枝には左右交互に葉っぱが付くのに対し、結果枝には左右対称形の葉っぱが付き、花も左右対称に付きます。

20141107撮影_9897(花芽と花)

11月には5月に開花した花の実が色付き、熟してきます。

20141107撮影_9909(拡大)

花が付く枝と花が付かない枝の比較。
花が付かない枝の葉には疎毛があります。(ブルーベリーの実生にもよく現れる特性)

20141107撮影_9897(葉と茎)

木化した主軸はシャシャンボに類似しています。
普通の枝から出た結果枝は一気に伸びています。
比較としてナガボナツハゼの花を拡大したものと5月に撮影した1固体(安藤氏命名M-12)の全体画像、ナツハゼの花の画像、ブルーベリーの花の画像をご覧下さい。

20141107撮影_9897(拡大)

ブルーベリーの様な白い花びら。ナツハゼの花の形。シャシャンボの様な鈴なりのつぼみ。しかもナツハゼよりも耐暑性を持つ。ナガボナツハゼは本当に面白い進化をしています。そして独自の進化をとげつつ、固体差が大きい。
この固体差が大きい特徴はシャシャンボやブルーベリーの系統を受け継ぐのであろうかと思います。

これらナガボナツハゼの情報に固体別の実の断面図があればさらに面白いことでしょう。

前回の記事で

特徴(1) 同属のナツハゼに似ているが、花を付ける枝と葉に全く毛がない。
特徴(2) 繊毛が無い。
特徴(3) 花が付かない小枝の葉は疎毛がある。
特徴(4) 小花柄の長さは4~8cm。花は白花と赤花がある。
特徴(5) 花期は5月・暖帯湿地に稀に生える。
特徴(6) 三方原周辺に所々点在する。

と入れましたがさらに加えるべき特徴がありましたので、ここに追記、修正をしたいと思います。

特徴(1) 同属のナツハゼに似ているが、花を付ける枝と葉に全く毛がない。
特徴(2) 繊毛が無い。⇒ 花を付けない枝には
特徴(3) 花が付かない小枝の葉は疎毛がある。
特徴(4) 小花柄の長さは4~8cm。花は白花と赤花がある。
特徴(5) 花期は5月・暖帯湿地に稀に生える。
特徴(6) 三方原周辺に所々点在する。
特徴(7) 花弁の形状は同属のナツハゼに似ているが、花弁の色や質感はブルーベリーに類似している。・・・・追記(20141125)
特徴(8) 果実の形状はブルーベリーに類似し、顎の形はブルーベリーの様に五芒星のものがある。 ・・・・追記(20141125)
特徴(9) 2倍体である。・・・・追記(20141125)
特徴(10)普通の枝には左右交互に葉っぱが付くのに対し、結果枝には左右対称形の葉っぱが付き、花も左右対称に付く。
・・・・追記(20141125)
特徴(11)開花は5月頃と11月頃。5月開花したものは10~11月下旬くらいに色付く。収穫期はシャシャンボとほぼ同じ。
・・・・追記(20141125)


**情報提供者:安藤京子氏
  編集、追記:藤元 やよい(西南暖地ブルーベリー研究会)

浜松市には「ながぼなつはぜを守る会」安藤京子氏を蔭で支えられている存在があります。
『京都大好き隆ちゃん』さんのブログです。
こちらでも浜松でのナガボナツハゼの保護の様子が伺えます。

貴重な日本のブルーベリーの近縁種、これからも是非大切に保護し育てていただきたいものです。

安藤 京子様、たくさんの情報提供をいただき、本当にありがとうございました。m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

うむ、うむ、ほー、なるほど、そう言う事かぁ~(*´∀`)なんちゃって(笑)
ほぼ、分かりません♪しかし、貴重な植物もこうして研究して、守っている方がいればこそ、残っていく訳で(@_@;)頭が下がります。
ちなみに、ブルーベリーの接ぎ木台に、使えたりするのか・・・気になります♪

No title

これも如何にもブルーベリーの近縁種という感じの愛らしい花ですね♪
浜松市付近にこんな植物があるのは知りませんでした。
ここで揚げられている情報も貴重ですね!

匿名希望さん Re: ありがとうございます

無事に着いて良かったです。
お味見程度ですけれど、そろそろ食べられると思います。^ ^
特に紅美人、名前に負けていません。(笑)

みそのさんへ

> うむ、うむ、ほー、なるほど、そう言う事かぁ~(*´∀`)なんちゃって(笑)
> ほぼ、分かりません♪しかし、貴重な植物もこうして研究して、守っている方がいればこそ、残っていく訳で(@_@;)頭が下がります。

そうなんです。日本人が日本のブルーベリーを守らなかったら誰が守るというのでしょう。それを率先して守ってくださる存在は、ナガボナツハゼの神様的存在ですよ。

> ちなみに、ブルーベリーの接ぎ木台に、使えたりするのか・・・気になります♪

できますよ。宮崎大学の國武先生が西南暖地ブルーベリー研究会の方にお教え下さって、九州ではシャシャンボに高接ぎ木したブルーベリーが10年以上の時を経て、なんとたった1本のシャシャンボの木に接いだブルーベリーの実は一日そこで摘み取っても採りきれないくらい、いっぱい実がなるそうです。
毎年新梢が出るたびに接ぎ木しているそうですよ。
それと、シャシャンボに接ぎ木したものは本格的に収穫できる様になるまで10年を要します。

それさえ待てればシャシャンボの接ぎ木はブルーベリーハイブッシュでも大量収穫が可能です。
現在、長崎の森重さんちでは木が3mくらいまで成長しており、そこに接いだブルーベリーの穂木は数知れず・・。丸一日収穫と言う事は、一人が1時間に1キロ収穫して夏場の暑い中5時間摘み取っても5キロ。
それを何日も収穫するわけですから、半端ないですよね。今では脚立で収穫するそうですよ。
シャシャンボはあまり土地も選ばないそうですが、そこはまだ実例が少ないので何ともいえません。

九州などの暖地では、ハイブッシュもサザンもある程度標高がないと大きくなりませんし、ある程度大きくなるとノコギリで更新が必要です。それをしていても収量の上でラビットアイには引けをとります。
でもシャシャンボに親和性がある品種であれば、ラビットアイにも負けない収量が得られる様ですよ。



Berryさんへ

> これも如何にもブルーベリーの近縁種という感じの愛らしい花ですね♪
> 浜松市付近にこんな植物があるのは知りませんでした。

そうなんですよ。Berryさんの県内なので、Berryさんに私の代わりに現地視察して来てレポートしていただきたいくらいです。(^m^)

> ここで揚げられている情報も貴重ですね!

ありがとうございます。原種が好きな方にはたまらない情報かもです。(笑)
山草探索がお好きな方に、『へ~・・・、そうなんだぁ。』って、楽しんでいただけると嬉しいです。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード