福岡の田主丸 金華園さんに行って来ました!

20141003_210401.jpg

何とも言えない艶。
このオリーブは、9月27日の土曜日に金華園さんのところにお邪魔した際に、金華園のchibamataさんこと代表 二又 朋則氏からいただいたオリーブの生果で、生まれて初めて自分で漬けたものです。

今回の記事は、訪問した際のこととオリーブの実のレポートがあちこちしてしまいますが、ご容赦下さいね。m(_ _)m
それと、品種名はあとで書き直しました。ご迷惑をおかけしてすみません。
(訂正前 シプレッシーノ 訂正後 レッチーノ)
ブルーベリーの名前は覚えられるのにオリーブの名前ってどうしてこうも覚えられないのか・・。(- -;)

ネットで調べ、カジムラファームさんで奥様のお話しを聞きolishibaさんに作り方もご教授いただいた上で作ったものです。(笑)

作り方は別の記事で。

小さい方がレッチーノ、大きい方がアスコナーラです。

カジムラファームさんを訪問してから、10月に入ってから金華園さんを訪問予定でしたが、大塚ナーセリーさんのところに以前からお願いしていたブルーベリーの苗を引き取りに行くのが私の都合で9月下旬に早まったもので、大塚さんのところに行くなら、車で10分かからない金華園さんに寄らない手はありません。

この実は、金華園さんを訪問した際に園内を案内していただいた時、

2014年9月27日撮影
金華園さんとオリーブ苗

20140927_122121.jpg

『ちくし昴(すばる)』 『ちくし碧(あおい)』 『ちくし瑠(るり)』の1年苗

20140927_120717.jpg

この日購入した↑の苗(^m^)

20140927_122052.jpg

こちらの園(車で少し走ったところ)でたわわになるレッチーノの大苗

20140927_123651.jpg

まるでなつめの様に大実のアスコナーラ

20140927_123630.jpg

olishibaさんの話によると、このアスコナーラは品種違いと思われるものが世にたくさん出回っているのだとか。
こちらのは10~11グラムくらいあるんですよ。

オリーブの花が咲かない、実が付かないとお悩みの方がいらしたら、実際にこんな風に実が付いているものを見学させていただくときっとモチベーションが上がることでしょう。

同じ敷地に植えるなら、実際にその品種で漬けた塩水漬けがどんな食味なのか、品種名にたいしてリアルにどんな実が木の大きさに対してどの程度なるのか、結果率のよしあし、それがどんな味がするものなのか。知った上で漬けると楽しみですよね。どうせ漬けるなら、自分の好みの味・食感・サイズ・旨みのオリーブを自分で育てて一番美味しいときを狙って収穫して新鮮なうちに漬けたいですよね~。^ ^


帰り際にご案内いただいた農園でお土産用にいただいたオリーブ。
この時期、本当に漬けるのに一番良いタイミングの実の熟れ具合でした。

20140927_200013_201410070439578a7.jpg

このくらい色付いていても触ってやわらかすぎないくらいがオイリーで、かつ漬けた時の食感が柔らかすぎず、塩水漬けしても凄く美味しいんですよね~。(^ ^)

もう1種お土産に珍しい品種の日本のカボチャもいただきました。
こちらの園は、このカボチャの種を販売用としても栽培していらっしゃるそうです。
三つもいただいたのですが、写真に納まらないので、ふたつパチリ。(笑)

20140929_122152_20141007043955a75.jpg

金華園さんいわく。

このカボチャは、西洋カボチャと違ってほくほくしていないので、汁物や天婦羅にすると美味しいのだそうです。
1個は我が家。1個はご近所のYさんち。一個はご縁があって信州まで飛んで行きました。(笑)


前回の記事では書いておりませんでしたが、大塚さんのところでも、すっぱくない珍しい品種のザクロをお土産にいただたりしました。

1411815455684.jpg

うふっ、甘くて食感の良い美味しいザクロでした。^ ^

1411816219573.jpg


あまりに急に決まったので一人旅。(笑)きままな田主丸散策旅でした。(笑)

この後、巨峰ワイナリーさんまで足を伸ばし、ランチ。

爽やかな森。

20140927_132331.jpg

トロトロっの美味しいオムライス。優しいけれど味だけど旨みはぎゅっと凝縮のランチです。

20140927_140034.jpg

20140927_141531.jpg

こだわりのコーヒー。オーガニックコーヒーって本当に美味しいものですね。^ ^

20140927_143304.jpg

オリーブとブルーベリーの両方に興味のある方なら、こちらも是非足を運んで欲しいオススメの場所です。
美味しい&気持ち良かった~。
前回訪問時の記事はコチラ

お話は戻りますが、仮漬け1.5%で一日。本漬けは3%にしてみました。できたてホヤホヤのオリーブの塩水漬け(漬けて3日目の写真です)は、やっぱり美味しいですね~。

20140928_100738.jpg

生果の時には赤っぽく色付いているものも、あく抜きと塩水漬けでこんな色になります。

以前、olishibaさんからこだわりのオリーブの塩水漬けを何種類もお裾分けしていただいて、(しかも2回も)

レッチーノは旨みがあるのにあっさりめ。オイルと旨味のバランスがとっても良い感じです。非常にオリーブオイルが強く、食べたあと唇がとても潤います。

これ、苛性ソーダを抜く水に浸ける工程で何度もアクの抜け方を味見し、サイズの割りにオリーブオイルの割合、つまり含有量が多そう、と思いました。

自然派の方なら、いつか定年退職をして自家製化粧品としてもオリーブを栽培したい方にはこん品種は、食べて良し、塗って良しな品種の様に感じます。

オリーブの塩水漬けなどの加工は比較的易しいのですが、苛性ソーダが劇薬で手に入らない、そしてそんな危険な劇薬を自分では扱えないと思い込んでいらっしゃる方が多いから、自分で漬けられらると思っていない方がほとんどです。

でも、オリーブを自分で植えて、自分の家のオリーブを自分で漬けることができたら、女子力大幅アップです。(本当か...? 笑)

オリーブは品種によって味と食感がまるで違うんです。
オイルがたっぷりなのもあれば、旨味が豊富なのもあります。
一方で、そんな美味しい品種の受粉相手の為に栽培されている品種で塩水漬けで食べるには味的にちょっと落ちる、と言うものもあるわけです。

このレッチーノ。皮を噛んだ時に皮と実の硬さが柔らかすぎず固すぎず。私は、丁度良いタイミングの実をいただいたみたいでラッキー!
初めてオリーブ漬けにチャレンジするなら、ミッションやこのレッチーノあたり良さそうです。

大きい方のアスコナーラ。これはオオイタリアンのオステリアブーチョの菅さんが金華園さんを訪れた時、入手された品種として知られています。(笑)

オステリアブーチョさんの記事はこちら。

フェイスブックですが、
金華園さんの記事はコチラ。

ちなみに金華園さんはolishibaさんちにも行かれているんですよね。

olishibaさんちの記事はコチラ。

フェイスブックですが
金華園さんの記事はコチラ。


オステリアブーチョの菅さんとお話しした時、olishibaさんのことを、凄い方だと絶賛されていたので、オリーブのサイトに関わる方は、私達の知らないところでピンポイントで繋がりがあるものだ、と感心します。

脱線を戻しまして、アスコナーラのお味見。
これはレアものです。

なぜなら、アスコナーラは、品種違いと思われる苗木がたくさん出回っているから。

本当のアスコナーラは、結果枝にたくさん結果しても最後の一粒に栄養が全部いくので、数は少ないけど実が大きくなる品種なのだそうです。

写真でもおわかりになるようにサイズが違うでしょう?
レッチーノ2~2.5グラムに対し、アスコナーラは11グラムもある、なんともマニアックな方が好むデカデカ品種なんです。

そう、ブルーベリーでいうところのチャンドラーやタイタンに相当する品種なんです。

この2品種は同じ畑で結実していたところを見ると受粉相性は良いみたいですね。

さて、肝心のお味。
皮、果肉、オイル共に食味は良いですね。レッチーノは完熟1日前くらいの、かなり充実した実でしたので、オイルはたっぷりはわかるのですが、アスコナーラには、これに加えて、僅かにどう表現して良いかわからないですが、鼻の奥で感じる良い感じの風味があるんです。
これはオリーブオイルを飲んだ時のフルーティーな感じとはまた違うんですけれど、舌の確かな方ならきっと上手く表現できるのでしょうね。

どなたか、アスコナーラを表現できる方がいらしたら、コメントを下さいね。

訪問記事と食味レポートが一緒になって、長文記事になってしまいましたが、最後まで読んで下さった忍耐強い皆様に感謝・感謝です。(^人^)

そして、今回、ご訪問させていただいた金華園さん、大塚ナーセリーさん。
大変お世話になりました。なかなか記事がまとまらなくて(書きたいことが多すぎ)、記事のアップが遅くなりました。ごめんなさいね。
そして、本当にありがとうございました。m(_ _)m

最後になりましたが、金華園さんのネットショップはコチラ

苗木が小さくても実が付いている写真に感動しますわ。(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

気ままな、でも充実した一人旅。 さぞや楽しくエネルギーいっぱい充電できたでしょうね~
新漬け、いい色に仕上がっているじゃあないですか!
さすが、シビアな感覚と凝り凝りな貴女ならではですね。
美味しくないはずはない!!
 

No title

ボリューム一杯の記事楽しく拝見しました

こちら香川は小豆島でオリーブ栽培が盛んで
オリーブは香川県の県木に指定されています

今ちょうどオリーブの収穫時期で
新漬けがニュースで盛んに取り上げられています

一昨年4本のオリーブを植えましたが
まだ肩の高さ程で実をつけるのはまだ先でしょうか
楽しみです。

olishibaさんへ

> 気ままな、でも充実した一人旅。 さぞや楽しくエネルギーいっぱい充電できたでしょうね~

はい。今年はもう思い残すことはありません。(^ ^)

> 新漬け、いい色に仕上がっているじゃあないですか!

うふっ。(^m^)

> さすが、シビアな感覚と凝り凝りな貴女ならではですね。
> 美味しくないはずはない!!

そりぁ~、師匠が良いですからね。^ ^
あはは、olishibaさんのことですよ~。(笑)
 

Tazumichiさんへ

> ボリューム一杯の記事楽しく拝見しました

ありがとうございます。Tazumichiさんの様なお方からその様なお褒めの言葉をいただけるなんて、もの凄く光栄です。
Tazumichiさん、いつも長文を読んで下さってありがとうございます。私もTazumichiさんのところの記事は、栽培ブロ友さんの記事とはちょっと毛並みの違うのに知らなかったことがいっぱいの、ガツンと読み応えのある面白い情報ばかりで、楽しく拝見しています。

> こちら香川は小豆島でオリーブ栽培が盛んで
> オリーブは香川県の県木に指定されています
> 今ちょうどオリーブの収穫時期で
> 新漬けがニュースで盛んに取り上げられています

うわ~っ、そうでしたか。良いですね。新漬け、美味しいでしょうね。

そちらのオリーブは知名度が高いですからね。色々と美味しいオリーブの加工品が研究されていると思います。小豆島には、私も兄といつか行ってみたいんですよ。Tazumichiさん、私達兄弟は美味しい実がなる品種を植えたいと思って、今苗を色々と見てまわっています。植える場所が限られているので、私達が元気でいられるうちに植えつけて収穫できる様になりたいなぁ、と思いまして。

> 一昨年4本のオリーブを植えましたが
> まだ肩の高さ程で実をつけるのはまだ先でしょうか
> 楽しみです。

それは楽しみですね。来年くらいにしっかりした花が咲いてうまく受粉ができます様に。(^人^)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード