スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナガボナツハゼを取り巻く環境と近縁種との違い

さて、シリーズ3話目となりました。

シリーズ1~2はコチラから。

『ナガボナツハゼ』

IMG_7999.jpg

IMG_8033.jpg


とはいつ誰が発見し、普通の『ナツハゼ』や『アラボナツハゼ』とどう異なるのでしょう。

安藤 京子氏からいただいた資料(2013年10月18日)分によると

最初の発見は1899年、発見者は『梅村甚太郎』先生です。

1899年植物学雑誌17巻には、『梅村甚太郎』先生によって『ナガボナツハゼ』の以下の様な特性が報じられたと言います。

特徴(1) 同属のナツハゼに似ているが、花を付ける枝と葉に全く毛がない。
特徴(2) 繊毛が無い。
特徴(3) 花が付かない小枝の葉は疎毛がある。
特徴(4) 小花柄の長さは4~8cm。花は白花と赤花がある。
特徴(5) 花期は5月・暖帯湿地に稀に生える。
特徴(6) 三方原周辺に所々点在する。

特徴(4)より、白い方は『シロバナホナガ(ナガボ)ナツハゼ』赤い方を『アカバナホナガ(ナガボ)ナツハゼ』 と呼んだそうです。

それから69年を経、1968年浜松市植物同好会では以下の様な特性が報じられております。

特徴(1) ナツハゼに比べて、花序の苞は紙質で葉は楕円形で先が尖る。
特徴(2) 葉・枝・花序はほとんど無毛で上面は光沢があり、脈上にわずかな細毛がある。
特徴(3) 台地の日当たりの良い湿地やその周辺で見かける。
特徴(4) 分布域は三河各地から三方原台地の東斜面まで。
特徴(5) 最初の採集者は1899年 梅村甚太郎先生。

これらの情報では、かなり『ナツハゼ』とは特徴が異なり、葉の特徴だけから言うと、ラビットアイに近い感じがしますね。

さらに、長年環境保全の仕事に携わって来られた安藤 京子氏の環境保全時の観察によると、『アラゲナツハゼ』との大きな違いは夏の暑さによる耐性の違いを指摘されています。『ナガボナツハゼ』の方がはるかに強いそうです。



また、安藤 京子氏は、その一帯にある赤松と『ナガボナツハゼ』について密接な関係がある様だと言われます。

彼女の調査の結果、赤松の松の葉やマツボックリはPH試験でPH4.5くらいの酸性を示すそうです。
そんな松の葉が敷き詰められた土壌である三方原台地にブルーベリーの近縁種である『ナツハゼ』や『ナガボナツハゼ』がよく生育していました。
他にも野生のききょう・おみなえし・春りんどう・すみれのアザミ・オカトラノオ・萩・オトギリ草・スズメカルカヤ・ウンヌケモドキ・トンボ草・金欄・笹ゆりなどが自生しておりました。

ところが、前の記事でも書きました様に、戦後食料増産の為に開発する際に処分された以外にも、この三方原台地の環境に大きな変化がありました。

今から7年前の2007年秋、三方原台地は、松くい虫の被害により赤松、黒松がどんどん枯れてしまいました。
黒松は赤松よりも松くい虫に対する耐性がある、という事で赤松に代わって植樹されていた経緯がある様ですが、それでも松くい虫の猛威には敵わなかった様です。

この松くい虫の被害後、三方原台地は、貴重な『ナガボナツハゼ』のみでなく、一部の地域では野生ききょうまでもが消滅しました。
地震・津波対策で高台になるこの地域に開発が入って、以前の

特徴(3) 台地の日当たりの良い湿地やその周辺で見かける。と言う地域は、

は、すっかり容貌を変え、住宅街になってきています。
『ナガボナツハゼ』を取り巻く環境はますます厳しいものになって来ました。


写真・情報提供: 安藤 京子氏
(2014年8月16日 いただいたお手紙とメールに添付していただいた画像データからの抜粋です)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
ナツハゼをそこまで調べるとは流石です。
我が家のは普通のナツハゼですが、今年も沢山結実しています。
そのナツハゼ、当地では【ぶんぶくちゃがま】と呼んでいます。
ナツハゼもそうですが、ブルーベリーや他の果樹も蜜蜂を飼育していると沢山良い実が生ります。
Reveilleさんも蜜蜂を飼育されてみられては如何でしょうか。(^^)
ハッチたち、Reveilleさんを小型化したようで可愛らしいですよ。笑

ホワイトモグタンさんへ

> こんばんは。
> ナツハゼをそこまで調べるとは流石です。

ナガボナツハゼは、葉っぱの形こそナツハゼっぽいのですけれど、実も顎もまるでラビットアイ。
日本に自生する白いブルーベリーですね。
黒、青、紫、そしてピンクの次は白なんですね。^ ^
ブルームの美しさを取り出して交配させて新品種を作るにはもってこいの原種なのかも知れません。(笑)
花もシロバナとアカバナがあるらしいのですが、来年の花の画像を楽しみにしているんです。

> 我が家のは普通のナツハゼですが、今年も沢山結実しています。
> そのナツハゼ、当地では【ぶんぶくちゃがま】と呼んでいます。

う~ん・・、なかなか言い当てていますね。良い感じです。(爆)
ドングリコロコロでも通じそうですけど。^ ^

> ナツハゼもそうですが、ブルーベリーや他の果樹も蜜蜂を飼育していると沢山良い実が生ります。
> Reveilleさんも蜜蜂を飼育されてみられては如何でしょうか。(^^)

蜜蜂、興味がないわけではありませんが、まだ自分でやってみようと思うほどは気持ちが傾いていないかもです・・。蜜蜂を見たら、きっと可愛いんでしょうね。実は、私は幼少時代に蜂にさされたことがあって、深層心理の中でちょっと恐怖感があるのかも知れません。


>ハッチたち、Reveilleさんを小型化したようで可愛らしいですよ。笑

あはは、でました!
ホワイトモグタンさん節!(笑)
ありがとうございま~す。(^ ^)/
いつも楽しいコメントをご馳走様でした(^人^)
次回は五七五調でお待ちしております!(大嘘)

それから注文させていただいているブドウ、むっちゃくちゃ、楽しみです~。
まだ見たこともない品種、どんなのがあるか、楽しみですわ。ルンルン♪

No title

これはなかなか学術的な色々参考になりそうな内容ですね。
ブルーベリーを育てる上でも大事な資料に成りそうですよ!

Berryさんへ

> これはなかなか学術的な色々参考になりそうな内容ですね。
> ブルーベリーを育てる上でも大事な資料に成りそうですよ!

ありがとうございます。
安藤 京子様、ご本人様からたくさんのお便りとメールとお電話をいだたき、その内容を今まとめ中です。
まだまだ書きたいことはたくさんありますので、少しづつまとめていきますね。
これからアップしていく記事には大学も絡むことが出てくる為、どこまでアップして良いかの確認も必要と思われるので、ちょっと慎重になっております。(笑)

実は『ナガボナツハゼ』に関する資料はウィキペディアにも掲載されていない超レア情報なんです。
そんな情報をいただき、この様に皆様へ発信させていただけるなんて本当にブロガー冥利に尽きます。
安藤様に感謝です!
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。