スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うきはのオリーブ農園 カジムラファームさんへ行ってきました

>オリーブ好きな皆さん、お待たせしました。
いつか福岡のオリーブ苗木業者さんを訪ねたいと思っておりましたが、その時がこんなに早く来るとは思ってもいませんでした。

9月13日(土)
兄夫婦と共に『うきは』の『DNAオリーブ』の『カジムラファーム』さんのところに行って参りました。

来月は田主丸の『金華園』さんを訪問予定です。

さて、この『うきは』の『DNAオリーブ』の『カジムラファーム』さんのところは名前の通り、オリーブの品種をDNA鑑定した、確かな品種を生産していらっしゃるオリーブの生産農家さんです。

こんなタグを見たことがありますか?

20140913_215504.jpg


私が色んなオリーブ生産農家さんを見学させていただこう、と思うのにはわけがあります。

国東でオリーブ栽培をしている兄のところのオリーブに、植えつけて3年になるのに花が付きません。なぜ・・?
苗が悪いのか、植えている環境が悪いのか・・?

こんな疑問を解決する情報を得たい時、知っている方に伺うのが一番ですよね。

と言うことで行って参りました。^ ^

こちらが『カジムラファーム』さん。


左、長身な社長。右、兄。

20140913_122329.jpg

事務所で概要を伺い、その時に梶村社長と兄との間で出た耳に残った言葉。
それは
『オリーブは剪定の具合が難しく、隔年結果することが多い』
『ミッションは挿し木難易度が高い』
『オリーブにも何種類か分類がある様子。』
『オリーブが徒長しすぎて花を付けない時は、根切りを半分づつする。』

オリーブの受粉に関する、品種ごとの倍体数の違いがあるのかないのか・・などは、今のところは情報として入っておりません。

でした。

最後の半分づつ根切り、というのは、徒長する木の根をスコップを差し込んで片側半分だけ切るのです。
そして、その翌年にもう片側、と言う風に。

すると根にストレスが加わり、花が咲き、結実しやすくなる、という理屈の様です。

兄から出た『根切り』と言う言葉。一昨日国東のオリーブ仲間と広島へオリープの研修会に行って来たばかり。その時に仕入れた言葉でした。^ ^

『徒長するからと言って一回で全部の根を切ってしまったら枯れてしまうので気をつけないといけないです。とも』そう付け加えておりました。

社長は、最近その根切りをされたらしくその様子の写真撮影をされたことがあるそうです。

奥様からは、オリーブの塩水漬けのレシピをいただきました。

『化成ソーダは、劇薬だから薬局で購入する時は印鑑がいります。難しい様に感じますけれど、やってみると普通に漬物を漬けるのと手間はかわらないんですよ~。』と。

この奥様は、とても綺麗・可愛い・賢い奥様です。
手前の方が社長ご自慢の奥様。(笑)

20140913_123316_20140915145441e0e.jpg

このファームの特徴は、イタリアのオリーブ農園さんのところにスタッフを一人在住してもらって、技術のノウハウを勉強しながらその技術情報を本社にフィードバックしていらっしゃるところです。
天草のオリーブ農園さんとも情報共有しながら日々オリーブを極めていらっしゃる様です。

その後、カジムラファームさんのシンボルツリーを見せていただきました。
何と大きい!!!

20140913_100011.jpg

20140913_100037.jpg

実もいっぱい。
この木から昨年は100キロ収穫できたのだとか。

20140913_122314_20140915155123fb4.jpg

この木は、昨年日本最大級のオリーブの木で名木と認定された木。
ホームページ ニュースはコチラ

http://www.kajif-m.com/news.html

品種は『フラントイオ』(またはルッカ)ではないかとのこと。

オリーブでは、DNAが良く似たこの品種の判定は、DNA試験の際にマーカー試験をすることで品種の微妙な違いがわかるそうです。
いや~、DNAでの識別、難易度が高そうですね。^ ^
(うちのブログに来られる方には、こんなマニアックな情報は好きそうな人いっぱいいそうですね~・・誰とは言いませんが。ニヤっ ^m^)
枝代わりしてても、DNAはほとんど一緒の様ですね。
ブルーベリーの疑わしい品種鑑定もマーカー試験で白黒できる時代なのでしょうかね~。

こちらは、7haもの土地に苗を栽培していらっしゃるそうです。
たくさんの畑を見学させていただきました。

ちなみに、これはプロの農家さんのところで、結果率が悪くて間引きしたものをカジムラファームさんが引き取って育てている苗達。

20140913_113843.jpg

枝がまばら・・。
でも葉っぱがあるところは、ここに来てから回復したものだそうです。

Reveille 『どうして幹に麻を巻いてあるのですか?』
社長『根を切って掘り起こしてあるので、水分の蒸発を極力抑えるのと、夏の暑さから日焼けによる体力の消耗を抑える為です。』

今年間引きされてものは、こんな感じですが、2年目になるものには、かなり結果していました。

20140913_113818.jpg

兄も私も、こちらの苗を見て、
何年も花が付かない苗も確かにあるそうですが、普通の苗なら、決して苗が悪いのではなくて、育て方で実は付くものなのだ・・、と愕然とした反面、逆に、やり方さえ押さえれば、ちゃんと実が付くのでは・・、と何となく希望が持てる様になりました。
木や育てる環境によっても、実が付き始める年数が違うのでしょうね。

いくつものオリーブ畑を見学させていただきましたが、1~2年の幼木以外は実が付いていない苗がないくらい。
兄のところの苗より小さくても、とにかく実がいっぱい付いています。

やっぱり技術・・。(笑)

olishibaさんのお話によると、こちらの栽培方法である、富士山型の盛り土と杯型の根元の土の盛り方はとても基本に忠実なのだそうです。

ちなみにこちらの用土はこんな感じ。

20140913_122439.jpg


恥ずかしがり屋さんでとても奥ゆかしいスタッフの皆さん。話しかけると凄く気さくで、仕事熱心な楽しい方々でした。写真を撮りましょうとカメラを向けたら、くもの子を散らした様に・・。
で、戻ってこられたところをパチリ(^m^)

20140913_123249.jpg

20140913_123301.jpg

20140913_123309.jpg

ちょっと新鮮なリアクション、楽しかったです。(笑)

カジムラファームの皆さん、色々教えていただき、ご親切にしていただいて、ありがとうございました。
奥様ご自慢のマンザニロの塩水漬け、いつか購入したいものです。

苗は、以下のものを取り扱っています。

20140913_220802.jpg

な、なんと・・まさかの、ノッチェラーラ・デルベリーチェがあるではないですか!!!

凄すぎ。。。驚きました~。

特性はこちら。

20140913_220911.jpg


完全予約制です。
間引き苗や10万くらいする庭木用の特大苗も需要があれば販売しているそうですよ。

20140913_100053_2014091515380759d.jpg

20140913_122708_201409151538090ff.jpg

カタログは準備中の様ですが、苗の予約をしたい方は、

TEL 0943-75-2319

有限会社 カジムラファームさんまで

営業 8:00~17:00
休日日 日曜・祭日

土曜日は普通に営業されているので、私達も土曜日に訪問を希望しました。^ ^
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい!!

素晴らしい体験をしてこられたのですね。
羨ましい。 近ければすぐにでも飛んで行きたいものです。
いや、本当に飛行機で行きそう・・・
オリーブがブームから定着してきた最近ですが、誰しも好きになってしばらくすると懸念というか心配というか、引っかかるのが品種の信憑性。
人気が先行して、情報や品種管理が追いついていませんね。
多くのオリーブファンが感じているであろう疑問に対して、積極的に科学的に生産規模で実行されているのは素晴らしいことですね。
さらにイタリア常駐のスタッフから、旧来の伝統やテクニック、そして最新の情報も取り込んでいるとは・・・
新しくオリーブ生産を始められてる農園さんも多くなってきているようですが、カジムラさんはちょっと違うものを感じますね。

olishibaさんへ Re: 素晴らしい!!

olishibaさん、早速のコメントをありがとうございます!!!

> 素晴らしい体験をしてこられたのですね。
> 羨ましい。 近ければすぐにでも飛んで行きたいものです。
> いや、本当に飛行機で行きそう・・・

えっ、マジですか。では来月金華園さんのところにも行きますのでオリーブ好きな方、大募集して、皆でオリーブ農園をハシゴしましょう。(爆)
オリーブでolishibaさんをご存知ない方はモグリですから、きっと皆さん、腰を抜かすことでしょう。
あはは、どこまで本当かな?(^m^)

> オリーブがブームから定着してきた最近ですが、誰しも好きになってしばらくすると懸念というか心配というか、引っかかるのが品種の信憑性。
> 人気が先行して、情報や品種管理が追いついていませんね。

そうそう。花が付かないと特に。(笑)

> 多くのオリーブファンが感じているであろう疑問に対して、積極的に科学的に生産規模で実行されているのは素晴らしいことですね。
> さらにイタリア常駐のスタッフから、旧来の伝統やテクニック、そして最新の情報も取り込んでいるとは・・・
> 新しくオリーブ生産を始められてる農園さんも多くなってきているようですが、カジムラさんはちょっと違うものを感じますね。

う~ん・・。olishibaさんからこんなコメントをいただくなんて超ラッキーです。
きっと、こんなコメントを書ける方も日本にはごく一握りの方だと思います。

今回は、DNAオリーブさんのタグ1枚から検索して、ご迷惑も顧みず、長居をさせていただきました。
そんなカジムラファームさんのことが少しでも皆さんに伝わってもらえたなら、ブロガー冥利に尽きます。嬉しいですよ~。(ToT)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。