隠れ上手なカイガラムシ(ミズキタカイガラムシ)

気が付くとsoさんの記事で見たことがあったカイガラムシを見かけました。

虫の類が嫌いな方は、スルーして下さいね。


名をミズキタカイガラムシと言います。

20140506_カイガラムシ2

『本州では年1回の発生,幼虫越冬,5月頃に成虫になり産卵,卵の孵化は5月下旬頃から始まるとされる.
美唄市では6月上旬頃,成虫があらわれ,併発する煤病が目立つようになる.本州より1ヶ月ほど発生が遅い.
幼虫ははじめ葉裏に寄生するが,秋に幹や枝に移って越冬するとされる.
天敵としてアカボシテントウがよくみられる』とあります。
・・・・北海道立林業試験場・緑化樹センター ミズキカタカイガラムシ 資料参照させていただきました。

我が家のは既に成虫サイズものが多かったので、これから産卵なら粉状の卵をたくさんもっているかも知れないですね。
ぞっとします。


アブラムシを見かけなかったのに、アリが出入りしているわけです。

殺虫剤はないし、あっても使いたくない。

と言うことで試しにオリーブオイルの使い残しが少しあったので、効果があるか実験。

良い子の皆さんは、結果が出るまで真似しないで下さいね。

マシン油の代用になるのか、みて見たかっただけですので。(笑)

取り敢えず、刷毛で塗ってみますわ。

結果は...

ブルーベリー自体に影響がなかったどうかは一日以上様子を見てから書くとして、
オリーブオイルを塗ったところはこんな感じ。

20140506_カイガラムシ

驚いたことに、このカイガラムシは根元の皮がめくれかかっているところを剥がすと隠れているんですよ。
これでは見落としてしまいそうです。

なるほど、『秋に幹や枝に移って越冬するとされる』と言うのは納得です。



白いカイガラムシは色が目立つけれど、これは木化したところにいても保護色になっていますのでわかりにくいです。

アリが集まっていたのでわかりました。

20140506_カイガラムシ3

乾燥したまま外そうとすると、粉みたいなものが残ることがあって、それが卵なら嫌だな・・と思っておりました。

しばらくするとオイルが回って来た様で、手袋を付けた指先で押して見ると簡単に外れます。
少し残ったものは卵の可能性があったので、もう一度刷毛でオリーブオイルをひと塗り。

カイガラムシの中身。怖いものみたさの裏返し。
裏返すと白いものが。

20140506_カイガラムシ4

この中には写っていませんが、幼いものは殻が半透明で枝にくっついていてもほとんどわかりません。
黒くなっているものだと緑の枝にいる時はわかります。

でも、気持ち悪いですねぇ。
木が弱りかけているかな・・、て感じていましたが、こんなのに取り付かれていたとは・・。トホホ・・
でも見つかって良かったです。^ ^

これもsoさんのお陰です。
soさん、いつも貴重な情報をありがとうございます~m(_ _)m

海に似た様なのがいましたが、殻の中にはまるで貝の様な生き物がいるものと、ほとんど中身がないものがあります。
中身のない物が付いていた場所は、殻を外したところは皮をかじられているものがあります。

このかじられたところから病原菌を入れられたらたまりませんね。

このカイガラムシの天敵であるアカホシテントウの幼虫は益虫トゲトゲがあって、見た目が毛虫みたいです。(笑)
知らないで虫が嫌いな方には農薬を撒かれてしまいそうだけれど、れっきとした益虫なんですね。



そういえば我が家は昨年アカホシテントウが発生していたのを思い出しました。

下手な絵でごめんなさい。模様はともかくこんなイメージのテントウムシをよく見かけません?

アカホシテントウ


オリーブオイルも良いかも知れないですが、範囲が広い時はこのカイガラムシの天敵にお世話になるのも自然な感じで良いかもですよね。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カイガラムシ、ここ最近やけに増殖してきて困ってます。
見つけたらこすってとってますけど、
やつらどこからやってくるもんか・・・
この実験がうまくいったら、私も試してみることにしますー(笑

椎たけ夫 さんへ

> カイガラムシ、ここ最近やけに増殖してきて困ってます。
> 見つけたらこすってとってますけど、
> やつらどこからやってくるもんか・・・
> この実験がうまくいったら、私も試してみることにしますー(笑

5月から産卵の季節になるみたいなので、広がないうちに早めの対策は必要そうですね。
オリープオイルは天然素材なので、このまま使った方が良いか、酢で割って乳剤にした方が良いか迷いましたが、今回は一回目の実験としてそのままストレートで使ってみました。

何も塗らないものを外そうとすると中には粉状のものが出てきます。
後で調べたら、5月~6月は産卵の時期とのこと。

まずいですよね~。

はけ塗りして15分くらいしておいたら、吸着面まで浸透していました。

外した時、内面は油が染みた色になっていたので恐らく死んでいると思いますが、動かない虫なのでわかりません・・(笑)

これ、この時期でなくて新芽が出る前の方がきっと見つけやすいし駆除しやすいのでしょうね。
でも冬の間は全く気づきませんでしたから、きっと木化した皮の中に潜んでいたに違いありません。

取り外さなかったものは、そのままにしておくとどうなっているのか、また後日観察してみます。

No title

カイガラムシは初めてですが、
なんだか見てたら憎らしくなってきました。(笑)
やはり殺虫剤より、アカホシテントウにお願いしたいですね。

ぎゃーぎゃー(@_@;)
早速、探さないと!

普通の白いカイガラムシは見付けているものの、これは見たことないです(T_T)

しっかり見てみないと!

かえるママさんへ

> カイガラムシは初めてですが、
> なんだか見てたら憎らしくなってきました。(笑)
> やはり殺虫剤より、アカホシテントウにお願いしたいですね。

虫は虫なりに生きているので、それを殺生している自覚は凄くあります。
でも、大事なブルーベリーの苗がこれの為に弱っているのを見るといたたまれないんですよ。
そうそう。アカホシさんに全部お任せしたいですね。(笑)
ただ、これが農園なら、毛虫みたいなのを嫌う方もいらっしゃるたろうから、幼虫は決して他人には見せられませんねぇ。(笑)

みそのさんへ

> ぎゃーぎゃー(@_@;)
> 早速、探さないと!
>
> 普通の白いカイガラムシは見付けているものの、これは見たことないです(T_T)
>
> しっかり見てみないと!

元気な苗にはほとんど見かけないと思います。ちょっと調子が悪い苗には要るかもしれないので、要注意でした。(T-T)

で、そちらはいかがでしたか?
これは全国的な傾向でしょうかねぇ。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード