イチジクのネコブセンチュウと木酢液の効果のその後

イチジクにネコブセンチュウが付くことがあるのを知ったのはついこの前のことの様です。

自分の持っていたイチジクのロンドボーデックスにまさかのネコブセンチュウがびっしり付いて、色んなサイトを拝見し、木酢液とバーク堆肥で実験した記事以来、かじつ畑さんから、その後のイチジクの根の様子はいかがですか?とコメントをいただきました。^ ^

と言うことで、私も気になっていたので先週畑に行った時、根を掘ってみました。

現在の様子は

2014-2-2-ロンドボーデックス (1)


2014-2-2-ロンドボーデックス (2)

根は白いきれいな根で細い根もあります。太めの根はデコボコが見えません。
3年前のゴツゴツした感じもなく柔軟な感じの根です。ところどころにネコブセンチュウがありますが、3年前に比較して増殖しておらず、ますます減少傾向です。
残ったコブの大きさも2011年に比べると小さくなっています。

関連記事は以下

ネコブへ木酢液&杉のバークと皮で実験
イチジクと木酢液 (蟻酸編)

ちなみに実験開始前と比較

2010年12月から実験を開始した時から現在までの比較です。

2010~2014イチジクの変化

2010年12月には写真視野に無数のネコブセンチュウに侵されたデコボコの根。
これが木酢液とバーク堆肥で次第に数が減少してきています。
ネコブセンチュウに感染すると新しくできた根もすぐに膨らむのですが、2010年に2週間木酢液に浸けた根はその後地植えしても、元のボコボコにまではならず、ゼロではないけれど元気に生育できています。

木も2m近くまで大きくなりましたが、昨年末の剪定で1mくらいにしています。


かじつ畑さ~ん、今回のレポートは

『イチジクは木酢液とバーク堆肥で3年経った今でもゼロではないが、生育に支障がない程度にネコブセンチュウは抑制されている』

と言う結果でした。

今年も引き続き木酢液とバーク堆肥でネコブが抑制され続けるのか観察を続けていきたいと思います。(^ ^)/

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ロンドボーデックスとは、別名、ロンドボルドーと同じですか?
線虫って多犯なんですね。
イチジクは、昔の印象でいえば、カミキリムシが
致命的って感じで、ほっとけばえらくデカくなる、
手間いらずの与太木って感じでしたが、
新品種は、りベイルさんと同じで、いやBB、デリケート何ですかね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ライターさんへ

> ロンドボーデックスとは、別名、ロンドボルドーと同じですか?

はい。同じものだと思います。私は、イチジク農家さんから挿し木苗を分けていただいた時、農家さんが購入時の品種名がそれだったらしく、その名前で分けていただいたのでそう呼んでおります。

> 線虫って多犯なんですね。
> イチジクは、昔の印象でいえば、カミキリムシが
> 致命的って感じで、ほっとけばえらくデカくなる、
> 手間いらずの与太木って感じでしたが、
> 新品種は、りベイルさんと同じで、いやBB、デリケート何ですかね。

イチジク、確かに私の実家にあったものは全く消毒もしなくても勝手に大きくなって毎年たくさんの実をつけていたのに、自分が育ててみると違いますね。私が植えている場所は昔義父がイモ類や野稲などを植えていた場所で連作でセンチュウが増え放題だった様です。
同じ土地に植えてもブルーベリーにはネコブはできたのをあまり見ないので、センチュウに対する耐性があるのでしょうか。
私はイチジクは全く詳しくないのですが、ロンドボーデックスは私が植えている品種(ロードス、ホワイトゼノア、ロンドボーデックス、ロングドゥート、ダルマティ、トルコ産実生、イラン産実生)の中で一番寒さに敏感な気がします。そのデリケートさは、マグノリア並みです。(笑)

匿名希望さんへ

> お~、すばらしい結果を出しましたね。

ありがとうございます。今のところはこんな感じです。今まではちょっと表面の土をはずしただけでネコブがざくざくで気持ち悪かったですが、この程度ならほとんど気になりません。
あとは、他の肥料をあげるタイミングと効きと木酢液を使うことで徒長する・しない、このあたりの調整がうまくいくと良いなぁと思います。できれば夏果も秋果も欲しいところですが、まだ栽培が下手なのでせめて秋果だけでも食べたいものです。

> 鉢植えのときにある程度センチュウ密度を落として地植えされたんですよね?

そうです。鉢植えから地植えしようと鉢から出した時にコブに気づき、二週間の木酢液浴をしました。

> うちのように最初から地植えの場合だとちょっと難しいとは思いますが
> 昨年教えてもらって木酢液をたった1ヶ月ほどでしたか、定期的に与えたときも効果が出たと思っています。

私も地植えしているものでも今年かかったものもあったので、堀り起こして対処しようか植えたままでいこうか思案中です。

地植えへの散水量は

初めまして。しおさんのリンクから来ました。
地植えのイチジクにネマ被害があります。
何倍液を㎡当り何リットル散水するのか教えてくださいますか。
既に述べてあるページがあるでしょうから、そこへのへのリンクを貼ってくださればと思います。
URL欄に正しく記載されているので、初めてではないのかもしれません。

タネツギさんへ Re: 地植えへの散水量は

> 初めまして。しおさんのリンクから来ました。

タネツギさん、ようこそ。つたないブログへ。
タネツギさんのHP拝見しました。タネツギさんは栽培の先生でいらっしゃいますね。^ ^
とても充実したHP、長い年月をかけてノウハウを記録として残すことは容易ではありませんのに、まるで辞典の様な記事、色々勉強させていただきました。φ(^-^)メモメモ・・

> 地植えのイチジクにネマ被害があります。
> 何倍液を㎡当り何リットル散水するのか教えてくださいますか。
> 既に述べてあるページがあるでしょうから、そこへのへのリンクを貼ってくださればと思います。

地植えに関しては雨が比較的降る場合は 1回/週 100倍-1㎡当り10リットル程度あげています。
濃い目は1ケ月。
あとは根を掘ってコブの様子を観察しながら500倍、1000倍を2回/月程度。

非常に乾燥していてずっと雨が降らない場合はあまり濃くしないで1000倍くらいであげる時もありますし、夏場40度近い日や夜間でも高温な日が続く場合は液肥と木酢液を混合であげる時もあります。
木と天候と様子を見ながら適当に調整していますのであまり参考にならないかも知れません。

参考にさせていただいたサイト
http://www1.tst.ne.jp/kmitani/mokusaku.html
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード