スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昆虫食女子のKY

久しぶりのKYシリーズです。^ ^
KYはもちろん、『危険予知』ですよ~。
でも今回のは『キモイ ヤバイ』か・・?(笑)

(ここから先は虫類が苦手な方はスルーして下さいね。)

先日、何気なくTVを見ていたら「昆虫食」女子会が流行、30年後は昆虫が主食に。など、ホンマでっかTVで紹介されていましたが、「死んだほうがマシ」の声も。
と言う記事
を拝見しました。


私も女性の立場からすると、そんなの絶対ありえない、と思っております。


そのサイトを読むと、そう思うのは私だけでなく、一般女子達は『ありえない。絶対無理!!!昆虫を食べるくらいなら餓死した方がマシ!』って言う反論コメントが続出だった様ですね。

ですが、『昆虫食女子』って言うフレース゜だけはしっかりと記憶に残っているから不思議です。

そして、実際に昆虫食にどんなのがあるのか興味津々。(笑)
例えばコチラ(モグモグ昆虫食ランドさん)

ここで気になるフレーズが
『食用昆虫には「昆虫食を肯定するだけの味」を持っていることが望まれる』でした。

例えば

甲虫の身肉はプリプリとした魚のような質感を持ち歯ごたえに富んでいる、とか、

バッタは炒めるとサクサクとしたスナック菓子のような食感と、しっかりした肉質を味わうことが出来る、とか、

中国では、竹に寄生する「竹虫」が高級食材で柔らかく、火を通すことで焼き目が付いて適度な歯ごたえが出ること、噛んだ時濃厚なクリームを口にしたようなまろやかな味わいがある・・

などなど『肯定するだけの味』に対する評価は言葉の魔術師ですね~。ちょっと興味が湧いてくるかも・・(爆)



確かに、変な病気にもならず、外見のグロテスクさを見て見ぬふりができるくらい美味しいのなら私も食べれちゃうかも知れません。
だって、いつもエビやシャコなどの調理をしながらいつも"グロテスクだし虫みたい・・バッタみたい・・、"とか心でブツブツつぶやきながら塩ゆでしたり、お頭(かしら)をむしり取り皮を剥いでいますよ。

あれだって、小さい頃からの食文化として【食べられる美味しいもの】と言う概念があるから何も疑問に思わず調理して美味しい!とか食べていますけれど、山の食材しか目にしたことが無い方に見せたらどう思うことでしょう・・。

目隠しされて触ってから食べさせられたら怖過ぎて口にできるかどうかは疑問です・・(笑)

そうそう、KOHさんのところでは毎年イナゴの佃煮を食べていらっしゃるし、今年はカメムシもチャレンジされていました。(笑)


イナゴ1

イナゴ2

カメムシ

カメムシはパクチーの香りがするから、上手に調理できたものならひょっとしたら食べれるかしら???と思ってしまった私は変人かも知れません。
少なくても芋虫の類いよりはマシかな~・・。(^ ^;)


先日、仙人さんのブログでナメクジのワープの記事が書かれており、


そこへocelotさんが世界の巨大ナメクジの話題をコメントされておりました。
そのコメントの中には私が以前、白蟻の画像をいただいたことがある、

2009-10-21-シロアリとオオハリアリ-1

antroomさんのところの記事が紹介されておりました。


いや~、antroomさんのところは相変わらず昆虫ブログではNo1なだけあって記事も画像も行動力も半端ないですね。

そこで調査されていたナメクジは20センチくらいにもなる大きなナメクジ。
ocelotさん曰く、

『マイマイとナメクジは、親戚ですからね。殻が有るか無いか。薬剤も同じだし。
アフリカ産のナメクジは、南欧には、早くから居たらしいですが
なかなか、アルプスが越えられずだったのが、越えたみたいですね。
イギリスやドイツにも出没しているらしいです。』

よくよく調べてみると、『ナメクジ』の中にはカタツムリなのに殻がないから『ナメクジ』と呼ばれているものもあるとか・・。

ちなみに『マイマイ』ってカタツムリのことです。^ ^


ところで、皆さんはアフリカマイマイって言う超特大で危険で美味しいカタツムリをご存知ですか?

日本にもいるらしくて問題になっている日本の侵略的外来種ワースト100の中に入る動物です。

このカタツムリ。どこが危険なのかご存知の方も多いと思います。

実は、ネズミの肺の中に「広東住血線虫」という寄生虫がおり、カタツムリやナメクジの類いの中には中間媒体になるものがあるのです。

う~ん・・、このままじゃわかりにくいですよね。

具体的には、感染ネズミの口から這い出した幼虫は、陸棲貝(カタツムリ、アフリカマイマイ、ナメクジなど)に侵入します。

幼虫は“感染期幼虫”まで発育し、この“感染期幼虫”をヒトが経口摂取することにより感染します。

経口摂取と言うと生で食べるのか・・?って思うでしょ?

実際に昔からの言い伝えで

『ナメクジを生のまま食べると心臓病などに効く』なんて言われている地域があったらしく、ナメクジに寄生虫がいて危険だと言うことを知らずに食べて感染した例もあるそうです。

それから、アフリカマイマイは20~30センチもあるカタツムリなので珍しいもので、見かけた学校の先生が生徒に見せたくて学校に持ち帰った例も。

感染は生で食べるだけでなく、触った手を洗わずにいて手でおやつを食べたり、紙をめくるのに指を舐めたり、頬にご飯粒が付いたからと指で口に運んでも感染するわけです。

もし寄生虫の存在を知らず生徒全員に巨大カタツムリを触らせていたら大量の寄生虫が全生徒の手に付着する・・、と思うとぞっとしますよね。
巨大なカタツムリなんて珍しいからきっと生徒たちも大喜びで手に乗せたりするに違いありません。

それから、健康に良いからと生野菜を好んで飲む方もご注意くださいね。生野菜やジュースの中に入っているカタツムリやナメクジを知らずに食べてしまった場合にもうつります。

知らぬが仏です。

感染すると2週間の潜伏期間を置いて、

『頭痛』『発熱』『吐き気』『物が2重に見える』『手足が痛い』『手足が思う様に動かない』なんて言う症状が現れるそうです。

2週間くらい症状が続いて寄生虫が体の中で死滅すると自然治癒することが多い様ですが、寄生虫が脳に移行する場合もあり昏睡に陥ったり、死亡したりするから怖いんですよね。

実は、数ある昆虫食以外の食として世界にはカタツムリやナメクジ(殻が退化したカタツムリを含む)を食べる習慣がある国も。

モグモグ昆虫食ランドさんの『ナメクジ』の記事にも

寄生虫の話題は出ており、もしカタツムリやナメクジを食べるならばしっかり加熱をすること、とあります。
きっと、カタツムリはアワビの食感に近いと言われている様ですね。

カタツムリ料理の代表は『エスカルゴ』と言い、日本ではカタツムリを調理したフランス料理の総称ですが、この材料にはリンゴマイマイや最近ではアフリカマイマイが使われているのだとか。

エスカルゴにアフリカマイマイが使われているのは全然知らなかったのですが、もともとタニシが日本で食用として養殖されていたくらいですから納得です・・。(^ ^;)

ちなみに、フランス料理ではしっかり加熱してあるから心配ないのでしょうね。ちなみにリンゴマイマイの卵はホワイトキャビア「De Jaeger caviar」として食用にされています。

このホワイトキャビアは125グラム入りで25000円で取引されており、トーストやセージの葉の上に乗せて食べるのがとても美味しいのだそうです。(笑)

これは怖くないのかって・・?
もちろんです。
なぜなら、無菌状態で養殖されているから。

三重県にも養殖場があるそうですよ。

エスカルゴ牧場

KOHさんやネコビーバーさんやkurobonさんは行ったことがあるのかしら・・?


今日はオチも何もない記事ですので、昆虫食女子の皆さんへ、せめて数句。(笑)


『エスカルゴ 生では触っちゃ 駄目ですよ 


『白キャビア 無菌育ちの エスカルゴ』


『気をつけよう 梅雨時期キャベツの ナメクジさん』


『マイマイも 加熱しようね バイバイキ~ン』


昆虫を『肯定するだけの味』に魅せられている皆さん、あ~・・、何とも切れのない句ですみません!!!

長い長い記事にお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
こんな記事、soさんも好きそうだなぁ・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

エスカルゴ

エスカルゴ自体はサイゼリヤというファミレスで、年に一度は食べています。
エスカルゴ牧場は、肝心の料理の腕が…と聞いています。

KOHさん Re: エスカルゴ

> エスカルゴ自体はサイゼリヤというファミレスで、年に一度は食べています。

KOHさんが年に一度は、と言うことはきっと美味しいのでしょうね。どんな食感でどんな味付けをしているのですか?

> エスカルゴ牧場は、肝心の料理の腕が…と聞いています。

う~ん・・。そうでしたか。でもそこが潰れたと言うことは聞きませんので、それなりに経営が成り立っていると言うことなのかも知れませんね。
その噂以降、シェッフが変わったのかも知れないですね。
もしKOHさんが実際に行かれることがあったら是非ブログネタでご紹介下さいね~。(^ ^)/

でんでんむし

貝とまったく同じです。
サイゼリヤのは、オリーブオイルでグリルして、バジルソースをかけた感じです。
フォカッチャというパンと共に食べて、残ったソースもパンで拭き取って食べます。

エスカルゴ牧場、一度は行ってみようかなと思ってます。たぶんうちの家族なら、嫁以外は興味津々だと思うので。
コース料理はおいしいようです。コース料理だと、交通費と食事代で家族で1.5万円ほどかかりますが。

KOHさんへ Re: でんでんむし

> 貝とまったく同じです。
> サイゼリヤのは、オリーブオイルでグリルして、バジルソースをかけた感じです。
> フォカッチャというパンと共に食べて、残ったソースもパンで拭き取って食べます。

そうでしたか。何だか美味しそうですね。。^ ^

>
> エスカルゴ牧場、一度は行ってみようかなと思ってます。たぶんうちの家族なら、嫁以外は興味津々だと思うので。
> コース料理はおいしいようです。コース料理だと、交通費と食事代で家族で1.5万円ほどかかりますが。

うふっ、今度行かれたら是非記事にアップして下さい!
あっ、ついでにお土産待ってます!(大嘘)
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。