FC2ブログ

花粉症と電子顕微鏡のセミナー

昨日は、午後半休を取って病院とセミナーの受講しに産業科学センターに行って来ました。

病院は花粉症がピークで鼻はマスクや薬で何とかなっているのですが、目の痒みが痛いくらい痒くて、寝ていてもこすりまくっている様で目が覚めたとき目がかすむんです。

かと言って、市販の薬では眠くなったり、喉が渇いて心臓がバクバクしたりの副作用が凄い・・。

以前はアレグラを処方されていたのに、最近は廉価版を処方されて思う様な効果が感じられなかったりで、その旨を伝えましたら、今回は、以前もらっていた薬の本物バージョンとアレルギー用目薬を1ケ月分くれました。

今朝、薬がぴったりだったと見えて、目の痛みも軽くなり、眠さもなくてすっきり。ほっとしました。

さて、セミナーですが、『使ってみたくなる卓上電子顕微鏡』と言うテーマに惹かれて、無料と言うこともあり、受講してみました。

前半、まるで大学の講義みたいに難しい言葉がいっぱいでチンプンカンプンか・・?と思っておりましたが、その内段々と言葉に慣れてくるとニュアンスが伝わってくる様になりました。

電子顕微鏡を世界で初めて作ったのはドイツであること、

電子顕微鏡の原理は物を通過する性質がある放射線(X線)を当てて、その時の反射した線と跳ね返って来た電子を拾うことでそれを電気信号に換えて画像にすること、

今では物を電子顕微鏡で見て成分(元素)分析ができて、グーグルマップの様に表現できたりグラフに置き換えたりできること、

電圧や電流量を変えて精度や検査時間の調整ができること、試料の性質別に事前準備が異なること、などなど初めて聞くことばかりでした。

置き換えたグラフでは、TVで『科捜研の女』で御馴染みの分析器、あれより更にVerアップしたものでした。

元素記号まで自動で付いて来るだけでなく、元素では類似しているものはダブって大きな波形になるのですが、最新式のは、それを何と何がだぶっていることまで色と元素記号で識別できる様になっている・・。

講義の後、実際に調ベて欲しい二人の受講者がサンプルを持って来ていたので、それを見せてくれました。

一人目はたまねぎのフライ。電子顕微鏡では、ナノサイズまで拡大することで揚げたタマネギの六角形の細胞の残りまで見えてしまうのですねぇ。油を使っているので、全体的に小麦粉と油でコーティングしていたけれど、MAX拡大した細胞レベルの拡大率なら細胞のミトコンドリアまで見えそうだったわ。(今回は細胞壁しか見えなかったけど)

講義後、電子顕微鏡で実際に見た後、事前準備ができる工作室に3箇所、案内されました。
1つ目は樹脂で固めたり、それを研磨する場所。二つ目は実際に電子顕微鏡のある場所へ。ここでは1時間3980円で借りられるのです。

3つ目はX線CT検査。ここでは、物の型をX線で360度見るだけでなく、今ではそれを3D形状にして、さらにはそれを3Dデータとして取り込める技術まであるそうです。

全然おはこ違いの講習かな~、でも何か得るものがあるはず、と受講しましたが、知らない世界を知るって面白いですね~。
(私は一体どこへ向かってる???)
スポンサーサイト

ちょっとマバラな投稿になります

本職が立て込んで参りました。
平日もできるだけ投稿しておりましたが、今の仕事が落ち着くまで、ご訪問・記事アップが滞ることもあると思います。

ご訪問のお返しがなかなかできなくて、すみません。

ブルーベリー サザンハイブッシュ サミット

20190308000517b95.jpg


暖冬の為、とうとう落葉しないまま春になりました。
こんな年も、たまにあります。

古い葉っぱは、新葉が茂った時に、汚なく見えるので、この時期にむしってあげます。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード