真田園さんからの贈り物(スチューベン)

真田園さんからいただいたたくさんのぶどうの中で、いよいよ最後の品種のご紹介になりました。

『スチューベン』
私と私の家族の大好きな品種です。

スチューベン

交配は

『ウェイン』種と『シュリンダン』種の交配

と言われています。

種あり。糖度が18度以上の極甘品種です。

スチューベン実

真田園さんのコメントは

『糖度が高く、独特の甘さを持つ人気のぶどうです。
種を出さずにお召し上がり下さい。
(ちゅっと吸う感じで、ごくりです。)』

私から何も申し上げることはありません。
本当にその通りです。(笑)
果肉の部分が酸っぱいのに、皮の下の果汁の部分がもの凄く甘いのでその酸味・甘みのインパクトの違いが鮮烈で、いくらでもいけちゃうんです。^ ^
(ちゃっかり追加してるし)

私が初めて『スチューベン』と出会ったのは、近くのスーパーの果樹コーナーで青森県産の果樹が売られていた時に、一度きりではありますがこの品種が売られていたんです。しかも12月に。

日持ちの良い品種だと知ったのはそれからしばらく経ってからでした。

日持ちが良いからって、真田園さんの『スチューベン』が12月まであるのか・・・?

Noです。だって、人気が高すぎて10月で完売しちゃう品種だからです。(笑)

これまで、長い長いシリーズになってしまいましたが、真田園さんのぶどうシリーズにお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。
そして、この様に食べたことがない品種をレポートする機会をいただいた真田園さんには感謝・感謝です。
記事が飛び飛びになってしまったので、他の品種は品種名をクリックして下さいね。

『オリエンタルスター』
『ゴルビー』
『ナガノパーブル』
『ナイヤガラ』
『シャインマスカット』


真田園さんからのぶどう達と『スチューベン』本当に甘くって美味しくて、幸せ~。

スポンサーサイト

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

真田園さんからの贈り物(シャインマスカット)

真田園さんからいだいたぶどうで続いてご紹介するのは『シャインマスカット』

シャインマスカット

『シャインマスカット』は

『安芸津21』に『白南』の交配

で生まれ選抜された品種です。

病害や裂果に強い米国ブドウと食味の良い欧州ブドウの交配で生まれたマスカット香もしてフォクシー香もする、と言う贅沢きわまりない味の品種なんです。

この後で出た『クインニーナ』と言う品種は『甲斐乙女』×『シャインマスカット』で、美味しいブドウの交配親になっているくらいなんですよ。

果皮が薄くて渋みがないため、皮ごと食べられます。果肉の食感の非常に良い品種です。

大きな粒ではりがあり、種無しでマスカットの香り高い高級感。
私はマスカット系のぶどうが好きなので、この品種は自分でもこの苗木を育てています。
^ ^

信州ぶどうをお使い物にするなら、『シャインマスカット』と『ナガノパーブル』は色、味、香り、風味のバランスでこの二つは欠かせないと思います。

シャインマスカット実

真田園さんのコメントでは

『種なしで食べやすく、皮ごと食べられます。
マスカット香が強く、食味抜群で人気品種です。』

もれなく良さが伝わるコメントです。^ ^
ジューシーな果汁に香り高きマスカット香。本当に美味しいぶどうでした。(^m^)
真田園さん、ご馳走さまでした。(^ ^)/

真田園さんからの贈り物(ナイヤガラ)

今週は、ありがたいことに1週間で5人の方から贈り物があり、たくさんの果樹やスィーツをいただきました。
一度に複数の方から贈り物が届いたので、記事をまとめきれていません。順次ご紹介させていただきますね。

さらに真田園さんのぶどうの紹介は続きます。
香り高き緑の宝石『ナイヤガラ』です。

ナイヤガラ

美味しいナイヤガラが食べてみたい、と思っておりました。
今年の目標達成です!(笑)
高貴な香りが凄い!
ブドウの中では香りの王様ではないでしょうか。
ゴルビーと似た感じの独特の後味がします。

ナイヤガラ実

真田園さんのコメントでは、

『種の周りに強い酸味があります。
種を出さずにお召し上がり下さい。
とても香り良く、甘いぶどうです。
(ちゅっと吸う感じで、ごくりです。)』

今回いただいたのが完熟していたからか、種の周りに酸味はあまり感じませんでしたが、この食べ方をすると本当に甘さが際立ちますね。
この品種は種ありですが、種ごとちゅっといただくのが、この品種の正しい食べ方です。

摘み取り園で購入された方は、きっとお帰りの便の車の中ではこの『ナイヤガラ』の高貴な香りに包まれて、摘み取りを楽しんだ余韻に浸れること間違いなしですね。(笑)

私の言う高貴な香りって、どんな香りなんだろう・・、と興味を持たれたあなた。是非食べてみて下さいね。^ ^

真田園さんからの贈り物(ナガノパープル)

続いて、長野県だけで生産されているオレジナル品種 ナガノパープル。
これまたとっても珍しい品種です。大分にいたら、摘み取りに行くかプレゼントでもない限り絶対に手に入りませんね。(笑)
真田園さん、ありがとうございます。(^ ^)/

交配は、農林水産省のサイトでは、「巨峰」に「ロザリオ ビアンコ」を交配して育成されたものとあるが、

ナガノパープルサイトでは、「巨峰」に「ロザリオ ビアンコ」ではなく、「巨峰」と「リザマート」及び「ロザリオビアンコ」を基に交配し、優良種を選別、親に巨峰・リザマートによる交配育成した、新しい品種とあります。

この品種は、紫色の具合を絶妙に撮影している写真が多くて、とっても気になっておりました。
長野県イチオシ品種と言われているだけのことはあります。(^-^)v
種なし、食べごたえのあるサイズでご贈答用に向いた文句なし、甘~い美味しい品種です。
これも極甘品種です。
後口はゴルビーと似ています。

ナガノパープル

断面はこん感じです。
綺麗な種なし。ジューシーな感じ、断面だけでも果汁がたっぷりなのがわかりますでしょう?(笑)

ナガノパープル実

真田園さんのコメント

『ナガノパープルは長野県だけのオリジナル品種です。種なしで食べやすく、皮ごと食べられて健康にプラス♪長野県一押しの美味しいぶどうです。』

うん、まさしくご当地自慢の品種、それは間違いないですね!私もそう思います。(笑)

真田園さんからの贈り物(ゴルビー)

続いてご紹介させていただくのはぶどうのゴルビー

種無し。ちょっと巨峰に似た感じの味。果肉がしっかりしていて甘み酸味バランスが良い品種だと思います。
果汁が甘くて美味しいです。ジュシーです。
独特の後味があります。サイズが大きくて食べ応えがあります。

ゴルビー

真田園さんコメント

『名前の由来は、ソ連をロシアに変えたゴルバチョフの愛称です。種無しで食べやすく、味濃厚で抜群。
皮を剥いてお召し上がり下さい』

ゴルビーの断面

ゴルビー実

ホワイトモグタンさんのところでもこの品種を購入しましたが、甘さはどちらも互角ですね~。

真田園さんからの贈り物(オリエンタルスター)

過去記事になるのですが、以前より予告しておきながらなかなか食味レポートができず、申し訳けありません。

真田園さんは数年前から、うちのブロ友さんであるネコビーバーさんを通じてお知り合いになった信州の大きなぶどう農園さんです。
数年前、ネコビーバーさんが大変だった時、コメントで一生懸命支えられていらっしゃる心のあったかなコメントをされる方だなぁ・・、と思い、よくコメントを拝見しておりました。^ ^

私が色々と珍しい品種を探しまわっていた時に、ネコビーバーさんから教えていただきいて、こちらの奥様と電話でお話する機会があり、楽しくお話させていただきました。

とてもきさくな方で、ぶどうとブルーベリーを交換・お味見しましょうね、なんてお約束していたのに、うちのブルーベリーが今年日照不足に加えて雨続きでの為にダメダメで、送る機会を失っておりました。

でも、スチューベンが欲しくてホワイトモグタンさんにも真田園さんにもご連絡させていただき、今年やっと待望のステューベンをゲットした記事は皆様の記憶に新しいことでしょう。

そんなこんなで、過ごしていた10月5日。
な、なんと・・真田園さんから、ぶどうのプレゼント。

信州ぶどう20141005

ひゃ~っ、なんと立派な贈答箱。

しかも何が入っているか、しっかりわかるし。園の連絡先もバッチリ。

『特選 塩尻の果物』 真田園 さん。

こちらの園では、贈答用に2Kg箱と5Kg箱がご用意できるそうです。

真田園さん

ネット販売はかなり前からされているぶどうの専門農家さんですので、慣れていらっしゃるといえばそうなのかも知れませんが、このあたり、やっぱりプロでネット販売を考えていらっしゃる方にはとても勉強になりますね。

そして女性らしいお心遣いがいっぱい。

お手紙

私は、贈り物をする時に、なかなか筆不精なものでこんなお便りをほとんど入れたことがありませんが、こんな手書きをいただくのって、何だか人と人の繋がりを感じますよね~。

ネコビーバーさんが信州に行かれるたびにここを訪問されるのがわかる様な気がします。

前回ホワイトモグサンちのウインクを食べた時、うっかり断面写真を撮り忘れていたので、今回は食味レポートらしく、
皆様にたっぷり目で味わっていただきましょうね。

ちなみに、このひとつひとつの品種にコメントを書かれているのは真田園の奥様です。^ ^
この辺の心配りとかも素敵です!

まずは、オリエンタルスター
これは生まれて初めて食べた品種です。名前からして、カッコイイ!(笑)
私、実はこの品種の皮の色にとても惹かれていたんですよね。巨峰の紫とはちょっと違って、何だか神秘的な紫色です。

(独)農業・食品産業技術総合研究機構果樹研究所で、
安芸津21号(スチューベン×マスカットオブアレキサンドリア)」と「ルビー・オクヤマ」の交配です。

オリエンタルスター

名前に恥じない美味しさです。種無し。シャインマスカットの兄弟品種らしいのですが、皮ごとは食べられないです。
でも、果肉も皮の内側のジューシーな果汁もそのトータルも味よし、器量よしなブドウですね。

オリエンタルスター実

真田さんコメント

『種なしで食べやすく、酸味が少なく、とても甘く美味しい
シャインマスカットの兄弟ブドウです。
皮を剥いてお召し上がり下さい。』

そんなオリエンタルスターの説明書には、愛犬パンちゃんのスタンプ♪
なんとも真田さんらし~いです。

ちなみに本物のパンくんの写真はコチラ↓

パンくん

ぶどうの摘み取りに行かれる方の中には、ブログ記事より、パンちゃんにも会いに来てくださるのだとか。

真田さん、いつかこれらのぶどうも品種名でヒットすることがあるかと思いますので、一品種ごとにお味見評価書かせていただきますね。
本当に美味しいぶどうをありがとうございました。m(_ _)m

テーマ : 果樹栽培・畑作・稲作
ジャンル : 趣味・実用

珍しいぶどうたち(7) 紅伊豆

6品種目のブドウは紅伊豆。

紅伊豆

23x28mm。外観の色はゴルビーに似ていますが、味はベリーAに近い感じ。甘味は標準的。種無しで皮はあるけれど、大きさ・味共にとても食べやすい品種だと思います。

早採りでは輸送性はまあまあ良いと思いますが、長距離ではウインクや高妻に比較するとやや劣る感じ。
今年の様に雨が多い年での完熟果では輸送中に数個は外れるかも知れません。

これも直売か摘み取り園向きだと思います。私はこれの完熟したものを摘み取り園で食べてみたいです。^ ^

珍しいぶどうたち(5) シャインマスカット

今年イチオシの品種。5品種目はブドウのシャインマスカット。

シャインマスカット

マスカット系の味のブドウが好きな方は絶対にハマるはずです。
マスカットの香りが素晴らしく、パンっと張った実は甘さにおいては外れがないくらい極甘品種だと思います。22x28mm。
私はマスカット系の味が好きなので、これは飽きないです。(笑)

送っていただいたシャインマスカットは、どの粒も甘くて美味しかったです。

先日、大分県産シャインマスカットを直売コーナーで販売されていたもの購入して食べたのですが、ホワイトモグタンさんちのみたいに均等な甘みが乗らない場合があることを知りました。

ホワイトモグタンさんちのシャインマスカットは、栽培が巧いのと、晴れの日が多かったのでしょう、甘みが申し分なかったのは流石です。^ ^

そうそう、今年の大分県産シャインマスカットを食べた時、思いました。
日照時間が少ない年は小さな粒が混じることがあり、肥大していない粒はかなりすっぱいものが混じることがあります。全粒が完全に肥大していることが極甘の絶対条件だと思います。
県内産のものも、きっと木が年齢を重ねると良いぶどうがいっぱいなると思います。

輸送性はまあまあ良いと思います。

珍しいぶどうたち(4) 高妻

こちらは4品種目はブドウの高妻。

高妻

32x38mmのビッグサイズ。

種無し。味は巨峰に似た味です。大きいので、食べごたえがあります。甘み、酸味ともにあります。
採りたてのものには若干ですが、後口に品種特有の『フォクシー・フレーヴァー(狐臭)』があり、好みが分かれるかも知れません。それと、到着から4日くらい追熟した方がさらに糖度の高いものになると思います。

ぶどう栽培の品種選びや、ワインをたしなまれる方がブドウの『狐臭』って、どんな風味のことなんだ?って口で説明されてもわかりません。そんな時は一度高妻を食べてみて下さい。

フォクシー・フレーヴァー(狐臭)は、直訳すれば狐の臭いですが、別に獣臭いわけではありません。アメリカ原産の品種やその品種改良で生まれた品種にある独特の風味なんです。
巨峰が好きな方はとても美味しいと感じることでしょう。

何でも、日本人には狐臭を感じない方の方が多いと言われるそうです。でも、欧州系のぶどうを食べ慣れている人には違和感として感じるもの、なんだそうです。

一説によると『フォックス』さんが研究している香りだとか、欧州の方が苦手とするものとか、逆にグレーブジュースの様な素晴らしい香り、とか諸説色々ありすぎてよくわかりません。。

だって感じたことをうまく表現ができないからです。例えば、ふんわりとした感じとか、刺さる様なとか、言葉にしてニュアンスが伝わるなら良いけれど、ビシっとそのものをその通りに表現できないので、名前だけからすると不快な感じなんだろうかと勘違いされる方もいらっしゃるかも知れないですね。^ ^
不快感と言うより、後口が何か(この何かというのが表現できなくて困っちゃうんです)ちょっこっと感じるくらいに思っていただければ良いかなと。

極甘のシャインマスカットやウインクに比べると糖度は標準的な感じ。
輸送性はとても良い品種だと思います。

珍しいぶどうたち(3)ウインク

お味見、三品種目はウインク。
22x38mm程度。この勾玉型の愛らしい姿。滅多にお目にかかれません。

ウインク

これ、憧れていたんですよね。皮がやや硬めですが、皮ごと食べられないことはないくらい。
皮にリンゴの風味がする不思議な食味です。種無しで、かなり甘く、美味しいです。甘さの程度はシャインマスカットに相当します。
この勾玉型の姿に期待を裏切らない味でした!
九州までの道のりは遠かったと思いますが、この品種は長距離でも皮がしっかりしていて輸送性が良いと思います。
同じ揺れていると思いますのに1粒も外れていません。
プレゼント向きですね~♪^ ^

我が家では2番人気でした。(^ ^)v
義父の一週間遅れの敬老の日に購入したブドウのうち数品種をお味見してもらいましたが、これ一番お気に入りでした。

珍しいぶどうたち(2)ゴルビー

お味見、お次はゴルビー。
30x36mmの大粒。淡い色付き。皮が剥きやすく、種無し。甘いだけでは物足りない方向きの、甘味.酸味系。味は巨峰に似た感じ。巨峰が好きな方にはすんなりと受け入れられるお味だと思います。

ゴルビー

最近はピオーネも大きいけど、これも大きいですね~。

しいて欠点と言えば、長距離での輸送性はあまり良くないと思います。
後口に、ごくごくわずかですが品種特有の狐臭があり、好みが分かれるかも知れません。
皮が剥けやすいと言うのは、輸送の際に実が外れやすいと言うこと。到着した翌日にはほとんど外れておりました・・(f^ ^;)
と言うことで、もしもこれを発送するならば、近距離限定になるでしょう。
木上での完熟はきっと美味しいでしょうね。^ ^直売所向き品種かもです。

珍しいぶどうたち(1)天山

過去記事になりますが、9月20日、ホワイトモグタンさんちに注文していたブドウが到着しました。まだ食べたことのない品種がほとんど。
ホワイトモグタンさん、初なりの、数少ない貴重な品種ばかりを取り揃えていただいて、ありがとうございました。(^ ^)/
品種は左上から天山、シャインマスカット、スチューベン、紅伊豆、ゴルビー、高妻、ウインク。

20140920ぶとう

楽しみにしていたお味見。これはあくまでも私個人の好みによる評価です。1品種ごとにレポートしますね。

お味見用に取り寄せたブドウ。
まずは、天山。

天山

初なり。大きいものは、一粒で45mm越えです。驚きのサイズです!種無し。
袋で持ち上がって距離感で大きさが違う様に見えますけれど、押し当てて測定したものです。
一人で撮影するのにスマホだと両手を使わないと撮影できないので、こんな形をしています。ご了承下さいね。^ ^

上品な甘味ですが、しっかり糖度は高いです。皮ごと食べられます。
これは美味しい!
輸送性はまあまあ良い方だと思います。
とにかくサイズと味に驚きました。私、これ好きですわ。

ホワイトモグタンさんなら、数年後にはこれがたわわ~にならせることができるのでしょうね~。

ブドウの実生のその後




我が家のブトウの実生はボルドーとモスピランを散布した後、二つ、三つくらいしかなかった蕾が面白い様に増えて、今日数えたら10個以上実が付いているではありませんか。

これは実生とはいえ、侮れません。テンション上がります。(笑)
趣味の果樹栽培の醍醐味ですねぇ。

最近のぶどうの様子

我が家にはぶどうの実生があり、今年3年目です。
昨年は花芽がひとつ付いたのですが、いつの間にか消滅していました。
今年は、なんとしっかりした蕾が付いていました。

今年は初お味見ができるのでしょうか。^ ^
・・の前に我が家で、ぶどうの実生ってちゃんと育つのでしょうかねぇ・・。

ぶどう

こちらはホワイトモグタンさんからいただいた穂木を3月始めに挿したもの。
スチューベンと他2品種。
葉が展開してくれてほっとしています。
ホワイトモグタンさん、ありがとうございました~。(^ ^)/
大切に育てたいと思います。^ ^

ぶどう挿し木

スチューベンは、東北などで12月まで保存がきく糖度の高い品種で有名です。

私はこの品種は、甘さとすっぱさのメリハリが好きなんです。
最近は既存の品種に似た様な味の品種がどんどん出ていますが、何度か食べると珍しくなくなります。^ ^;

これは果汁はとっても甘いんです。皮のすぐ下あたりは酸味があります。
甘いだけの品種を卒業した方には面白い品種ではないかなぁと思います。(笑)

ぶどうは、皮ごと食べられる品種が好きなんですが、この品種だけは皮を出しても食べたいと思うんですよ。

食欲の秋ですね(^m^)

皆さん、風邪を引かれていませんか?


先週、アクセス解析のことを記事に書いて以来、どうしてなんだかわかりませんが、数値に食い違いがある様でプログラム修正中の様です。
一度にたくさんの方がアクセスすると検知するのが難しくなるのでしょうね。(^ ^;)

この記事をお読みの皆さんもボチボチやって下さいね~。ほとんどデータを元に次に何の記事を書こうか&自己満足の世界で、解析を利用して下さいませ。
宜しくお願い致します。(笑)

さて、食欲の秋・読書の秋・おしゃれの秋・・・。あなたの秋はどんな秋ですか?

今年の我が家は果樹の秋です。

ブロ友さんのホワイトモグタンさんのところからお取り寄せさせていただきました。

今回品種はおまかせで、珍しいものを送っていただきましたよ~。

1回目は昨年お味見させていただいた品種でぶどうの『高妻』、それと私がリクエストした『スチューベン』
それとリンゴです。これは2回目に送っていただいたのは、左から『マスカットベリーA』『巨峰』『昭平紅』。

20130920_ぶどう (2)


こんなのを見るとつい測定してみたくなります。

20130920_ぶどう (3)

では、測定結果発表!

『マスカットベリーA』

20x21mm 4.5g

『昭平紅』

25x39mm 14g

『巨峰』

26x28mm 10.5~11g


『昭平紅』の大きさのイメージ、伝わりましたか?(笑)


『マスカットベリーA』は、味が濃いです。ポルフェノールたっぷりな感じ。

ブルーベリーで例えればウッダードとダロウを足して2で割った様な品種です。

『昭平紅』は果皮がとても薄く、種なし(入っていても1個くらい)です。皮のまま食べられる極大粒品種です。

20130920_ぶどう (1)


どちらも酸味系品種なので、追熟で甘味・酸味が出てくる品種の様です。

『昭平紅』の特性で一番優れているのはなんといてもこのビジュアル。

半透明でとっても綺麗です。お味見した感じで、加工品向きな気がします。
以前、ホワイトモグサンさんからプレゼントでいただいたぶどう酒(自家製のぶどうのリカー漬け)とはちみつに漬けこんでみました。

まるで中世のヨーロッパを思わせる様な食卓の演出に素敵な品種ですね。
ホワイトモグタンさんのお話だとかなり育てるのが難しい品種なので、とっても希少価値が高いのだそうです。
これを無事に育てられたらきっとプロ中のプロなのかも・・。^ ^

確かに新しい品種だけに、大分の市場にも、ネット上にもほとんど見かけません。
とちらかと言うとそれを育てている農家さんの近くの直売所で売られてくらいかもしれません。

そんな珍しい品種を購入できただけでもラッキー!!!(笑)

ホワイトモグタンさんのところは昨年からキウイのネット販売も始められています。
昨年あまりにも美味しいそうなフレーズの赤いキウイがあったので、ポチっ、しました。本当に糖度が高く甘くて美味しいキウイでした。
あんなキウイ(糖度19~20度)はなかなかおめにかかれません。

今年もお願いしたいところですが、さて競争率がとても高そう!
それも珍しいので前回、親族や友達にお裾分けししました。甘くってとても喜ばれましたよ。

ホワイトモグタンさん、今年もポチっしますので、是非お願いしま~す。(^人^)


私のブログのお友達は、しおさんをはじめ、とても品種をたくさん試し植えされている方が多いです。

その中でも、ホワイトモグタンさんは、年間を通して、桃・柿・ブドウ・ブルーベリー・キウイなどなど・・、たくさんの果樹を栽培されながら、それぞれの品種が半端なく多い、それでいて情報発信もまめにされている方で、とても頭が下がります。

果樹を育てていらっしゃる方の間では知名度は高いホワイトモグタンさんの栽培品種。これもさることながら、この方の栽培方法や仕立て方は、うちのブログで色んな品目を育てていらっしゃる方が多いので、とても勉強になるのでは・・、と思いご紹介させていただきました。
特に支柱の組み方とか感心しながら写真に穴があくほど見ているのに、真似できません・・^ ^;
正しく造園のプロですね。

話題は食欲の秋から離れてしまいましたが、風邪を引いた時に点滴の中に入っている糖はブドウ糖です。
もちろんぶどうの中にたくさん含まれている糖で、これは炭水化物が分解されて体に吸収されやすい形の糖です。
脳みその栄養はぶどう糖だけ。読書や勉強の合間にいただいて脳みその栄養補給に、風邪の体力消耗時の栄養補給などすぐにエネルギーになってくれるので、疲労回復効果が非常に大きいぶどう。
夏バテした体に優しく秋にふさわしい果実ですね。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード