FC2ブログ

ぶどうのスチューベンの袋掛け前に

20190602154040d5a.jpg


20190602154031e44.jpg

昨日はブルーベリーの畑のネットかけでヘトヘトに。
今日は雨なので、自宅のカーポートの天井のぶどうの摘果をしました。
と、言っても所詮素人栽培。
品種は「スチューベン」

一枝に一房、一房には最低10枚の葉っぱがある様に。

摘果は前回かなりしたつもりでしたが、虫の被害もあったりで、病害虫のリスク分多めに残していました。

今日の摘果前に驚いたこと。
なんと、もう緑色のカメムシが一匹房に潜んでおりました。

マジか...
ちょっと早すぎないか?
それとも暖冬で冬を越したのかな?
どちらにしても、早い袋掛けが妥当そう。

今日は雨なのですが、カーポートの下は雨よけでかるよで、袋掛け前の消毒を済ませておきました。
スポンサーサイト



ぶどうのスチューベンのその後

ぶどうは少しづつ膨らみを増して来つつありますが、ぶどうの養分の配分は、まばらな房は粒が大きく、

20190526230704693.jpg

房が整っているものは粒の成長がゆっくりです。

201905262307059fc.jpg

さて、皆さんは、袋かけ前はいつ頃消毒をしますか?

ぶどうのスチューベンの花と困ったさん

記事の前に、もしも虫が苦手な方はどうぞスルーして下さいね。

続きを読む

ぶどうのネット棚とジベレリン処理

5月3日にブドウのネット棚
ビフォー

20190504_105802.jpg

アフター
車の頭上にゆとりができました。(^^)
昨年は防鳥ネットはかけずに1房ごとに、ぶどう用の袋(一部透明のフィルムで中が見えるもの)を掛けておきましたが、今年はどうしましょうね。変に付けると、駐車して車から出て歩く時、頭がネットで鬱陶しいでしょうかねぇ。かと言って全部を囲うと車の出入りができません。
ま、房が鳥から狙われるのは8月。それまでに何か考えましょうかね。

20190506_073154.jpg

さて、ぶどうの蕾が少し大きくなっていたので、そろそろジベレリン処理をしないといけないなぁ、と思っていたので今朝、義母宅に行く前に準備・処理しました。

20190506_093817.jpg

うちの場合、ぶどうの木は3本しかありません。プロ農家さんみたいに大量のジベレリンが必要ないので年に1回しか使わないのに1スティックの分量では多すぎます。
なので小分けして使っているので、数年分あります。

さて、うちの場合はジベレリンは何ppmにしないといけなかったかなぁ~。

うちのスチューベン。何ppmかを知るためには、自分の育てているぶどうの倍体数を知る必要があります。(^^)
で、調ベたら、スチューベンは2倍体。2倍体のぶどうの濃度は100ppm。

20190506_093844-1.jpg

100ppmの作り方は裏面に掲載されています。
色粉を少し入れてスプレー準備OK。

20190506_093828.jpg

色粉?と思われた方。そうです。当たり。
赤い色が付いたら、処理が終わったかどうかがわかるのです。
もちろん、果実が大きくなるまでの間には消えてしまいます。

さあ、ジベレリン処理をしようっと。
・・・・あれ?
あれれ?

3日前までは、小さかったはずなのに・・・。

20190506_095153.jpg

ここのところの夏日で、いっきに開花していました。
はい。今年は種ありに決定~。(ToT)

20190506_095222.jpg

吹きかけながら1,2,3,4・・・35までカウントしたけれど、あまりに開花しているものが多くて・・・。
とりあえず、まだ蕾の小さいのだけかけておしまいにしておきました。

まだまだ修行が足りなくて、蕾の日数の逆算ができません・・・(ToT)

ぶどうのネット棚を追加しました

土曜、日曜日は暑かったですね~。
土曜日の気温、大分は33度。
もう夏バテしそうに暑いです。

20190504_125402.jpg

娘の友達が来るので、昨日自宅を掃除して、今日は外回りもして。
さらにカーポートに車を停めた時、ぶどうのスチューベンが垂れ下がって来たので、残りの半分に網を張って、垂れている分を天井にすっかり収めてしまいたいと思い、脚立に乗って奮闘しました。



20190504_105802.jpg

うちは旦那さまが、こう言うの嫌いみたいで、家のDIYは全部私の仕事に。
向きの修正ができにくいのは、ぶどうのつるを放置していたから。
蕾にジベレリン処理する時はこまめにつるをカットするのですけれど、夏を過ぎると忘れてしまって、ぶどうは自分で自分の体をネットに固定してしまっています。(^^;)
このつるが冬に枯れるとまるで木みたいに硬い!
そして、柔らかいうちにカットしていなかったこと、後悔してます。トホホ・・・
ようやく古いつるが外れて、ほっ。

20190504_114638.jpg

ちなみに天井に張っているのはキューリネット。

20190504_093819.jpg

幅が足りない部分は水色の紐で追加して、つじつまを合わせています。(笑)帯びに短し、たすきに長し。
母がよく使っていた言葉を思い出します。

20190504_155722.jpg

中央から左が今回新しいネット部に誘引したもの。

20190504_160633.jpg

側面は小さい子が遊びに来た時に採りやすい高さに。

20190504_160830.jpg

今年は、ぶどうの蕾が大きくなるのが早い気がします。
このサイズなら、そろそろジベ処理しなくてはならないかも。
昨年までは、小さなコップにちゃぽっと浸けていたのですが、どうも蕾の大きさが最初のと最後ので成長具合が足並み揃いません。
なので、今年から、天井が高くなったこともあり、ジベ処理をスプレーに切り替えようかと思っています。
ま、自家消費用なので、多少種が入っても美味しくいただきますので。

20190504_160641.jpg

見にくいかと思いますが、ぶどうの蕾がいっぱい・・・。
捕らぬ狸の皮算用にならない様に頑張りますわ。
殺菌用にボルドー購入したし、そろそろジベレリン処理をしておこうっと。

20190504_160724.jpg

去年は小さいけど、挿し木苗の自根苗の3年生で10房以上採れたつわものです。
今年は、30房くらいいけると良いなぁ・・・。

ぶどうのスチューベンの蕾

今日・明日・明後日は普通に仕事。

仕事から帰るとカーポートではぶどうのスチューベンがお出迎えしてくれます。
鉢植えしているのですが、どうやら根が底から出てどっしり地に根を下ろしている様子。
その根の張りが木の樹勢そのもの。めっちゃ元気です。

20190430195041137.jpg

早くも蕾がわんさか・・・。

2019043019501473b.jpg

本当は、剪定をして果実を大きくするところですが、私は摘み取りのお客様に子供さんがいらっしゃる方が半数なので、すぐに退屈してしまう子供さん達様に、このぶどうの未摘果の小さくて可愛らしいのを見せて味見してもらうんです。

親御さんに連れられて来ているけれど、実はブルーベリーはそんなに・・・、って子供さんでも、ぶどうは喜ぶのよね~。(^^)
8月に摘み取り体験に来られたら、運が良ければぶどうの試食用を持って行くので、お楽しみにね~。

(って、取らぬ狸になっていますけど・・笑)

スチューベンは、まあまあかな、って思うものでも糖度23度くらいは普通にあります。
巨峰の甘いと感じるものでも18~20ある無しくらいなので、スチューベンの甘さは人気があるんです。(血糖値に要注意)

私は種があっても皮を出しても、シャインマスカットよりもこの品種がぶどうの中で一番好きです。

去年は、脱粒とか試みたのですが、無用でした。この品種は無理に取らなくても粒が大きくなるものとそうでないのとあるから、むしろ1房はそのままで、房ごと取るか・房ごと残すかの方が良さそうです。
下の画像はネットは見えますか?

20190430195037366.jpg

カーポートの前後の横梁の下に園芸用の支柱を平行に紐でくくって、その支柱にネットをハンモックみたいにかけています。
またまた下手な絵でごめんなさいね~。

2019043020383392a.jpg


カーポートの屋根の下にぶどうがたわわになっているのって、何か憧れだったんですよね~。
今年は、ぶどうの伸びる範囲が広がったので、去年の反対側にもネットを追加して行きたいと思います。

20190430203839977.jpg


また、中央あたりにアルミの金線でたわみ防止する予定です。

ニューヨーク生まれの津軽育ちスチューベン

更年期障害も終わりかけたにも関わらず、年末のお節の準備と掃除にやる気スイッチが入るのが遅くなる一方で、スタミナ切れする速さは人一倍。(^_^;)困ったものです。

そんなやる気がなかなか起きない時に作るので、お節なんて呼べるものではありませんが、甘ったるい味付けが嫌いな家族にはこんなお正月料理で。(あはは、言い訳バリバリ)

20190101_091206.jpg


あんまり頑張って作り過ぎても余って捨てることになるので、冷たいお節は元旦と2日の朝だけ。
お正月間は都度温かい普通の料理になった方が喜んでくれるのです。

振り返ると、目の手術をしてからあと4ヶ月で丸二年に。
知人が、本調子になるのには二年かかる、と言われておりましたが、本当にその通りですね。
腰椎ヘルニアからは丸一年経ち、動きが鈍くなって、昨年の10月には激太り。それから食事療法とウォーキングの運動などで、2ヶ月で約四キロ落としました。(お正月は戻っちゃうけど)
今では100mくらいなら全力で走れる様になりました。

過去に軽い腰椎ヘルニアにはなったことがあるのですが、昨年の様に這うことすらできないほど重症化したのは初めて。

なので、歩けること、走れることの有り難み、本当に噛み締めております。

やる気のスイッチを入れる為に好きな果物を食べることに。
年末年始のご挨拶に津軽からお取り寄せしていた葡萄です。私、この品種、スチューベンがぶどうの中で一番好きなんですよね~。
おやっ?スチューベンはニューヨーク生まれでしたか。知りませんでした。

20190101_100555.jpg


この品種は大分では真夏のお盆くらいが収穫時期なんですが、長野では9~10月、青森では12月が収穫ピークなので、約半年も楽しめる品種なんです。

20190101_100643.jpg


少し我が家様に残していたのをいただきました。
大分にもスーパーでスチューベンを売っているところはあるのですが、早採りで甘味が少なくて美味しくありませんが、津軽からのお取り寄せのスチューベンは一味違います。完熟に色付いた真っ黒な実だから美味しい~。

巨峰でも18度あれば美味しいクラスに入ると思いますが、スチューベンの糖度は

20190104_202354.jpg



20190104_202447.jpg

21度。
とっても甘くて美味しいのです。

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

ブドウの開花と失敗談

自宅のカーポート下のナイアガラに、一昨日あたりから開花するのが見られ始めました。

DSC00229.jpg


5月2日に通販で頼んでいたジベレリンが到着したので、説明書を確認すると、アメリカの品種で、かつ2倍体の品種は開花2週間前に100ppmの濃度で浸けると書かれてありました。

ネットで調ベると、我が家にあるナイヤガラやチチューベンなどはアメリカの品種で、かつ2倍体の様子。

ただ、素人の私にどのくらいの程度が2週間前の状態の蕾なのかとかわかりません。

仕方なく、ジベレリンが到着してすぐに浸けたのに、その夜は雨が降り出し、二日後には開花し始め・・・・。

大失敗・・・、最悪なジベレリン処理となりました。

最高4回まではやり直し可能って書かれていましたけれど、1回目の分のやり直しはできないまま次回は開花後に二度目のジベ処理をしなくてなりません。

それと、ブドウにお詳しい方、ご教授願いたいのですが、私はロザリオビアンコの種から実生苗を育てています。

スーパーで購入したブドウですから、ぶどう専門農家さんの育てたブドウなのでしょうが、自家受粉?他家受粉?その場合、その実生は何倍体でしょう?

何が問題かって、ブドウの品種ごとに倍体数は異なり、それによって、ジベ処理する濃度が異なるのです。

実生の倍体数とかわからなかったので、今年はナイアガラと同じ100ppmで処理しましたが、本当は25~50ppmでも良かったのでしょうかねぇ・・。

今年はブドウの蕾が付きました




ぶどうのナイアガラ。
ピンぼけですみません。
自根苗で、すくすく育っている最中です。
今年はブドウの生育に適した気候だった様で、蕾の付きがとても良いです。
この品種を育てるのは初めてですが、一緒に育てているスチューベンより生育が良いので、比較的暖地でも育つ品種なのでしょうか。スチューベンは青森県や長野県の様にもっと寒い土地の方が育ち易いのかも知れませんね。


長野からの贈り物

2017年10月9日撮影
長野県の真田園さんよりたくさんのブドウの贈り物がありました。

20171009053111957.jpg

ナガノパープル、安芸クイーン、ゴルビー、シャインマスカットなどなど。
ワクワクする様な品種ばかり。
写真に撮り損なってしまいましたが、もう1つの箱には品種名は入ってはおりませんでしたが、おそらく味や香り食感からナイアガラとハニーシードレスだと思います。


20171009053113d58.jpg

私や家族に一番人気は長野と言えばやっぱりこれは外せない!

201710090531141fc.jpg

仏壇にもお供えさせてもらって、こちらは新鮮なうちにいただくことに。

ナガノパープル

真田さん、いつも美味しいブドウをありがとうございます。本当に感謝、感謝です。
ブルーベリーの生果をお送りしたいところですが、雨、雨に次ぐ台風で今年は後半のるはずの甘味が乗らない上に痛みやすくてとても送れる状態ではありませんので、新米ができたらお送りしますね。

真田園さんからの贈り物(スチューベン)

真田園さんからいただいたたくさんのぶどうの中で、いよいよ最後の品種のご紹介になりました。

『スチューベン』
私と私の家族の大好きな品種です。

スチューベン

交配は

『ウェイン』種と『シュリンダン』種の交配

と言われています。

種あり。糖度が18度以上の極甘品種です。

スチューベン実

真田園さんのコメントは

『糖度が高く、独特の甘さを持つ人気のぶどうです。
種を出さずにお召し上がり下さい。
(ちゅっと吸う感じで、ごくりです。)』

私から何も申し上げることはありません。
本当にその通りです。(笑)
果肉の部分が酸っぱいのに、皮の下の果汁の部分がもの凄く甘いのでその酸味・甘みのインパクトの違いが鮮烈で、いくらでもいけちゃうんです。^ ^
(ちゃっかり追加してるし)

私が初めて『スチューベン』と出会ったのは、近くのスーパーの果樹コーナーで青森県産の果樹が売られていた時に、一度きりではありますがこの品種が売られていたんです。しかも12月に。

日持ちの良い品種だと知ったのはそれからしばらく経ってからでした。

日持ちが良いからって、真田園さんの『スチューベン』が12月まであるのか・・・?

Noです。だって、人気が高すぎて10月で完売しちゃう品種だからです。(笑)

これまで、長い長いシリーズになってしまいましたが、真田園さんのぶどうシリーズにお付き合いいただいて、本当にありがとうございました。
そして、この様に食べたことがない品種をレポートする機会をいただいた真田園さんには感謝・感謝です。
記事が飛び飛びになってしまったので、他の品種は品種名をクリックして下さいね。

『オリエンタルスター』
『ゴルビー』
『ナガノパーブル』
『ナイヤガラ』
『シャインマスカット』


真田園さんからのぶどう達と『スチューベン』本当に甘くって美味しくて、幸せ~。

テーマ : 樹木・花木
ジャンル : 趣味・実用

真田園さんからの贈り物(シャインマスカット)

真田園さんからいだいたぶどうで続いてご紹介するのは『シャインマスカット』

シャインマスカット

『シャインマスカット』は

『安芸津21』に『白南』の交配

で生まれ選抜された品種です。

病害や裂果に強い米国ブドウと食味の良い欧州ブドウの交配で生まれたマスカット香もしてフォクシー香もする、と言う贅沢きわまりない味の品種なんです。

この後で出た『クインニーナ』と言う品種は『甲斐乙女』×『シャインマスカット』で、美味しいブドウの交配親になっているくらいなんですよ。

果皮が薄くて渋みがないため、皮ごと食べられます。果肉の食感の非常に良い品種です。

大きな粒ではりがあり、種無しでマスカットの香り高い高級感。
私はマスカット系のぶどうが好きなので、この品種は自分でもこの苗木を育てています。
^ ^

信州ぶどうをお使い物にするなら、『シャインマスカット』と『ナガノパーブル』は色、味、香り、風味のバランスでこの二つは欠かせないと思います。

シャインマスカット実

真田園さんのコメントでは

『種なしで食べやすく、皮ごと食べられます。
マスカット香が強く、食味抜群で人気品種です。』

もれなく良さが伝わるコメントです。^ ^
ジューシーな果汁に香り高きマスカット香。本当に美味しいぶどうでした。(^m^)
真田園さん、ご馳走さまでした。(^ ^)/

真田園さんからの贈り物(ナイヤガラ)

今週は、ありがたいことに1週間で5人の方から贈り物があり、たくさんの果樹やスィーツをいただきました。
一度に複数の方から贈り物が届いたので、記事をまとめきれていません。順次ご紹介させていただきますね。

さらに真田園さんのぶどうの紹介は続きます。
香り高き緑の宝石『ナイヤガラ』です。

ナイヤガラ

美味しいナイヤガラが食べてみたい、と思っておりました。
今年の目標達成です!(笑)
高貴な香りが凄い!
ブドウの中では香りの王様ではないでしょうか。
ゴルビーと似た感じの独特の後味がします。

ナイヤガラ実

真田園さんのコメントでは、

『種の周りに強い酸味があります。
種を出さずにお召し上がり下さい。
とても香り良く、甘いぶどうです。
(ちゅっと吸う感じで、ごくりです。)』

今回いただいたのが完熟していたからか、種の周りに酸味はあまり感じませんでしたが、この食べ方をすると本当に甘さが際立ちますね。
この品種は種ありですが、種ごとちゅっといただくのが、この品種の正しい食べ方です。

摘み取り園で購入された方は、きっとお帰りの便の車の中ではこの『ナイヤガラ』の高貴な香りに包まれて、摘み取りを楽しんだ余韻に浸れること間違いなしですね。(笑)

私の言う高貴な香りって、どんな香りなんだろう・・、と興味を持たれたあなた。是非食べてみて下さいね。^ ^

真田園さんからの贈り物(ナガノパープル)

続いて、長野県だけで生産されているオレジナル品種 ナガノパープル。
これまたとっても珍しい品種です。大分にいたら、摘み取りに行くかプレゼントでもない限り絶対に手に入りませんね。(笑)
真田園さん、ありがとうございます。(^ ^)/

交配は、農林水産省のサイトでは、「巨峰」に「ロザリオ ビアンコ」を交配して育成されたものとあるが、

ナガノパープルサイトでは、「巨峰」に「ロザリオ ビアンコ」ではなく、「巨峰」と「リザマート」及び「ロザリオビアンコ」を基に交配し、優良種を選別、親に巨峰・リザマートによる交配育成した、新しい品種とあります。

この品種は、紫色の具合を絶妙に撮影している写真が多くて、とっても気になっておりました。
長野県イチオシ品種と言われているだけのことはあります。(^-^)v
種なし、食べごたえのあるサイズでご贈答用に向いた文句なし、甘~い美味しい品種です。
これも極甘品種です。
後口はゴルビーと似ています。

ナガノパープル

断面はこん感じです。
綺麗な種なし。ジューシーな感じ、断面だけでも果汁がたっぷりなのがわかりますでしょう?(笑)

ナガノパープル実

真田園さんのコメント

『ナガノパープルは長野県だけのオリジナル品種です。種なしで食べやすく、皮ごと食べられて健康にプラス♪長野県一押しの美味しいぶどうです。』

うん、まさしくご当地自慢の品種、それは間違いないですね!私もそう思います。(笑)

真田園さんからの贈り物(ゴルビー)

続いてご紹介させていただくのはぶどうのゴルビー

種無し。ちょっと巨峰に似た感じの味。果肉がしっかりしていて甘み酸味バランスが良い品種だと思います。
果汁が甘くて美味しいです。ジュシーです。
独特の後味があります。サイズが大きくて食べ応えがあります。

ゴルビー

真田園さんコメント

『名前の由来は、ソ連をロシアに変えたゴルバチョフの愛称です。種無しで食べやすく、味濃厚で抜群。
皮を剥いてお召し上がり下さい』

ゴルビーの断面

ゴルビー実

ホワイトモグタンさんのところでもこの品種を購入しましたが、甘さはどちらも互角ですね~。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード