ブルーベリー・トピックス

私のブルーベリー農園のお友達で、大分県の玖珠の佐藤ブルーベリー農園さんがいらっしゃいます。
記憶に新しい方もいらっしゃるかと思いますが、低温処理でソフトドライブルーベリーを作ったり、ご夫婦で色々な新しい試みをチャレンジされている農園さんです。

今年は喪中の為、年内にご挨拶を・・、と思いましたら、こんな話が飛び出ました。

『今年は、酵素のするから、道の駅だけでなく、そちらの方でもブルーベリーの引きとり手ができました。』と。

酵素・・?なんだろう?と思っていましたら、どうもサプリメントらしいのです。その酵素のサプリメントを作るのに、色んな作物をミックスするらしいのですが、その品目のうちのひとつがブルーベリーなのだと・・・。

もしも、ブルーベリー農園さんで、毎年過剰な果実余りが出るところがあれば、確保したい側と販売したい側と、どちらも助かりそうな良い企画のサプリメントだなぁ、と思う今日この頃でした(笑)

スポンサーサイト

佐藤ブルーベリー農園~ドライブルーベリーへの味の追求

2件目の摘み取り農園、佐藤ブルーベリー農園さんです。
しまった、看板の写真を取り忘れてます。すみません。

こちらは、玖珠ICを降りてすぐの車でのアクセスと空気の色がピカ一の農園、佐藤ブルーベリー農園さんです。

近くに玖珠の道の駅もあり、

玖珠の道の駅


摘み取りの前後での食事やお土産の購入にとても便利が良いところで、かつ、ここのご夫婦がまた研究が大好き。
やっぱり類友であります(笑)

こちらは、一昨年、今年の雨による落果を教訓にして雨避け栽培に。

雨避けの効果は・・・。

2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園1

名前の通り、突然の雨でも全然へっちゃら。(笑)
但し、雨避けをすると暑い日は、もろに蒸れるんです。
だからこまめに換気と水やりが必要になります。

暑さにたまりかねて、一度巻きあげをしたら、数日後に下げようとした時にビニール同士がくっ付いて大変だったらしいです。
もしこれから巻きあげのことまで考えたビニールをご使用予定の方は、この事だけは覚えておいた方が良いですよ、と佐藤さん。


こちらのブルーベリーはラビットアイとハイブッシュを植えられていますが、品種は不明です。

2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園3

でも木は、大きく、たわわになっていましたが、この時期はもうすぐラビットアイへまもなく移行しそうです。

こちらは、以前ご紹介したことがありますが、日本でも数少ない、低温処理によるブルーベリーのドライフルーツの研究をしていらっしゃる農園なんです。


2010-07-03-ドライブルーベリー1


去年は、市内のケーキ屋さんとこちらとの仲介役をさせていただいて、ドライフルーツのスィーツ利用には、どんなスィーツが良いか、ほんのちょっぴりだけ関わらせていただきました。(私ときたら、どこまででしゃばりなんだか・・・笑)
実は、この時あお父さんやあお父さんの奥様にもご協力いただいて、試作で作ったスィーツの試食をしていただいたんですよ。
あお父さん、覚えていらっしゃいますか?


あれから研究に研究を重ね、ついに商品化に踏切ました。
現在は、玖珠の道の駅で販売中です。手間暇と製造コストがかかる為、お値段はちょっとお高めの1000円。

でも、地元で作られていること、希少なものであることから、お土産として飛ぶように売れています。
実は、最終的にどんなお味になったのか、知らなかったので買っちゃいました。
ちなみにネットでも販売しているそうです。

2010-07-03-ドライブルーベリー2

現在、ジュースも試作途中です。
本当なら市内からもう1組摘み取りの方がいらっしゃるご予定でしたが、大雨で摘み取りを見合わせたらしく、急きょ2種類のジュースの試飲会にお招きいただきました。
お忙しい中、6人も・・。本当にすみません。

2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園5


2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園6


2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園4


製造方法は、かなり特殊で企業秘密(笑)

ドライフルーツは、殺菌処理の際、どうしても逃げやすい風味をいかに最小限に抑えるかを、ご夫婦ともに研究されているのです。
そのお味見を偶然させていただくことになりました(笑)これまたラッキー!!!

特にジュースの命とも言うべき、甘さとブルーベリーの風味に関しては奥様のご担当でかなりのこだわりがあり、そのお味は試飲者全員が、絶賛!!!

こちらは、もう一種類の方で、こちらもすでに商品化され、ババロアなどの上面にゼラチンといっしょに1層を作る用に開発されました。とても生の状態に近いです。

2010-07-03-佐藤ブルーベリー農園7

甘い系のジュースの方は

『このまま飲んでも、とても美味しいけど、私は、かき氷にかけたい!!!』と親友Mさん。
同意見です。佐藤ブルーベリー農園さん、販売が始まったら、教えて下さいね~。

ドライブルーベリーに関して興味のある方は、佐藤ブルーベリー農園さんまでご連絡下さいね。

大分のブルーベリーの摘み取り農園(ベリージュファームさん)~農園の限りなき進化への追求

6~7月に入って、ブルーベリーの開園の知らせと共に、ブログでもチラホラ、摘み取りに行きました~って、記事を見かける様になりましたね。

私よりも一足先に行かれたのはブルーベリーのお仲間のkurobonさんの記事。愛知県です。
こちらでは、品種へのこだわり、特にパテント品種の美味しいものに取り組んでいらっしゃる農園さんの様で、ブルーベリー農園さんが増える中で、時代の移り変わりと共に特色のあるブルーベリー農園さんが増えてきたのではないでしょうか。


2010年7月3日
今日はブルーベリー好きな県内(大分)の友人達と県内のブルーベリーの摘み取りです。

ジャスコ光吉店で合流し、久しぶりの再会。
お馴染み親友Mさん。合流したのはイディーさんとKANAちゃん(仮名)とそのお二人の子供さん。
摘み取りを凄く楽しみにしてくれていたみたいで子供さん達のテンションの高さは一緒にいて元気が出ますが、二人ともとてもおりこうさんです!!!

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り1

今日の予定は九重のベリージュファームさんで1回目、玖珠の佐藤ブルーベリー農園さんで2回目のハシゴ摘み取り。
光吉のICから九重ICで降りて、宝泉寺温泉を過ぎた交差点を左折。随所にベリージュファームと言う看板があります。
ナビの電話番号検索でのゴール地点より3キロ先に農園があり、誘導の看板にあと○○キロ・・、とか書かれています(笑)

農園に到着。


2010-07-03-ブルーベリー摘み取り3

到着


今日は雨との予報。7月の玖珠・九重に限らず梅雨時期には雨具は必須アイテムです。
子供達も雨具装着完了。
ここは、樹皮チップを農園全体に敷き詰めているので、普通の靴でもそんなに汚れません。

この日、私達は早い方だったみたいで、普段ならなかなか厨房から出てこれない若奥様がお出迎えしてしてくれ、その旦那様が案内をしてくれました。

ここの農園には、品種の明示があります。だから食べ比べができるんです。

サンライズ

ベリージュファーム摘み取り\2010-07-03-ブルーベリー摘み取り6サンライズ

実が大きいですね~。酸味が効いていて後味が良いです。実は少し柔らかめかな。
ブルームが綺麗です。
植えていない品種が味わえるのが嬉しいですね。



ブルークロップ

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り7ブルークロップ

ブルークロップとブルーレイの完熟果は、今一つ味の違いがわからないんですよね~。
自宅にあるブルーレイはちょっとだけ独特の風味があって私的にはあんまり好みの味ではないんですが、受粉木が違うからか、こちらの標高の方が育つ環境として合っているのかわかりませんが、完熟果の差があまりなかったです。ふ~む・・・、同じ県内でもブルーレイのお味はこれだけ味が違うのか・・・。

私の家では暖か過ぎてほとんど成長しないのに、ここではよく育っていてたわわ~だし、実も美味しいんですよ。
甘み系で多少の早採りならほんのり甘みがありますが、バークレイやオニールほどの甘みではないかも。
でもスイーツには良く合うと思います。

前の記事とダブりますが、

ネルソン

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り9ネルソン

バークレイと違って早採りすると酸っぱい。でも、嫌な感じの酸っぱさではありません。

これに甘みがのったものは、メリハリとインパクトがあるのにとても調和のとれたお味。美味しくて、しかも嫌な癖が全くないんです。
上品さもあって、種はほとんど気にならないものでした。
冷やして食べたらどんなお味になるか興味津々です。


この頃は食べるのに忙しくて、写真が撮れていません。(^ ^;)
バークレイは早撮りでも甘くて美味しかったです。うふふ、これだけは、明示を見なくても味だけでバークレイってわかりました(笑)

その他、コガネムシやカミキリ虫の被害などで間引き状態のところにさりげなく植えられた、スグリ?でしょうか。
本物は生まれて初めてみました。

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り8

色が緑色なので完熟かどうかわからず、おそるおそるつまんで食べてみました。
『えっ・・・、甘い』
生まれて初めて食べたスグリは、果肉はカリカリ梅の様なカリカリ感。
お味はさっぱりした甘酸っぱさです。風味は、あんまり感じなかったです。
見た目の感じから、全く想像がつかなかった果実なので、これのお味見ができただけでもすごくラッキー!!!


収穫が終わってカフェへ行きました。
今年、こちらへお邪魔した際に建設中だったカフェは見事にリニューアルしていましたね~。

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り5

今年の目玉は何と言ってもピザ。
私達も注文しましたよ。

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り11

ピザは、天気、雨降りに関係なく注文される方が多かったです。

釜での調理は若旦那様が一人でしていらっしゃるのですが、素材も焼き加減もこだわり抜いたもので、一口食べた方の表情がぱぁ~っと変わるのが妙に面白い。
そして、目で『食べてみ~、むっちゃ美味しいから』って訴えてマス(^m^)

本当にむっちゃくちゃ美味しかったですよ(笑)
私は、手作りトマトソースのカプリチョーザ、そのトマトのソースのお味が
『これ、何をどう調合するとこんなお味になるの???』と言うくらいに美味しかったので、お気に入りです(笑)

一緒にいたメンバー達も大満足です。

お値段は↓

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り13

私達は、6人で上の二つを注文しました。

ちなみに、今ここのカフェには英語ペラペラの大学生が夏休みの期間を利用して地元に帰りバイト中です。
時々、海外から訪れるお客様から、

『なんでこんな山奥に英語が堪能な人がいるのか???』と海外のお客様もビックリ。
現在カルフォルニア大学に留学中の学生さんと一緒に記念のパチリ(笑)

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り12

『向こうは、全てが英語なので、1ケ月もいたらだんだん耳が英語を聞き取れる様になるんです。僕の場合は、人よりちょっと遅かったんですけど』と、謙遜。
類は友を呼ぶ・・・、ベリージュファームのスタッフの皆さんの前向きな姿勢がこの様な人材獲得の結果に繋がるのでしょうね~。いつかvery blueさんのところの記事で某大学生だった方がバイトしていた頃の記事を拝見したことがありますが、今の若奥様も若旦那様もきっと同じ気持ちで育て、働いていらっしゃるのでょうか・・。

そして、こちらが左から
奥様、若奥様、若旦那様。

2010-07-03-ブルーベリー摘み取り14

前回の剪定の時に伺ったときよりはピントがあってて良かった(ホッ・・
残念ながら旦那様は日本ブルーベリー協会主催のシンポジウムに参加されており、ご不在でした。

こちらで購入したものは
摘み取ったブルーベリー。

2010-07-03-ブルーベリーお土産1

ブルーベリー飴。

2010-07-03-ブルーベリーお土産3

飴は透かすとこんな感じなんですよ。澄んだ藍は清涼感がありますね~。

2010-07-03-ブルーベリーお土産4

ドーナッツ。

2010-07-03-ブルーベリーお土産2

ブルーベリーマフィン。

2010-07-03-ブルーベリーお土産5


全部こちらで研究開発したものばかり。
全部はお味見していませんが、飴の美味しさは市販のものとは一味違います(笑)

ベリージュファームさんの摘み取りの際の特典は、名簿に記帳すると、年賀状が届きます。
これを摘み取りの際に持参すると、無料で苗木のプレゼントがあるのです。

ノースランドの1~1年半苗を頂きましたものは、イディーさん宅へそのまま嫁入りしました(笑)

ベリージュファームさん、お忙しいところをいつもありがとうございます。
今年はピサ゜他、色々なものを開発され、毎年のブルーベリー農家さんとして進化していらっしゃる姿にはいつも感心させられますよ。
国際的にもなりましたね~。(笑)

佐藤ブルーベリー農園さんの記事はまた明日(^ ^)/

親友Mさん、お友達の皆さま、お疲れ様でした~。帰り着いてから電話を入れさせていただきましたら、楽しんでいただけたとのこと。今度は秋のブドウの摘み取り体験です。ネヘレスコールはもう80cmになったそうです、また召集かけますので宜しく


追記

現在、こちらの若奥様のとても珍しい話の記事のネタを書こうと構想を温め中です。
九州にお住まいのある珍しい趣味をお持ちの3人の方々とお会いしてから記事を練っていきたいと思っておりますので、楽しみにしていて下さいね~。

摘み取り観光農園 ベリージュファームさん

私のお気に入りのブルーベリー農園さんのことを記事にした時用に、『ブルーベリー農園』と言うカテゴリーを追加しました。

ここは大分のブルーベリー農園さんの中で、私が3番目に訪問した農園『ベリージュファーム』さんです。

2010-02-20-ベリージュファーム0


『奇麗なお姉さんは好きですか?』でご紹介しようかとも思っていたほどの奇麗な若奥様と奥様のいらっしゃる農園です。今回は奥様が風邪の為、写真に写ることができませんでした。

私は、ブルーベリー農園の理想の姿がここにあると、思っています。
何よりご夫婦がいつも一緒に作業をしていらっしゃるのですよ~。

2010-02-20-ベリージュファーム(13)

ここは、大分の九重。大分の中では熊本県側。土地は火山灰地。そこに厚さ15cmもある樹皮(杉)を1200本のブルーベリー達に敷き詰めています。ご主人が2年に一度、2トントラックに100回もの樹皮を運搬されるのだそうです。マルチングが厚いのと、手入れが良いのとで、草は全く見られません。
私なんか、爪の垢を煎じて飲まないといけませんね~(笑)

ここの農園は、日本ブルーベリー協会に所属しており、九重にブルーベリー農園を作り西日本一のシェアを目指した頃より協会の鈴木氏がブルーベリーの剪定他、講師を務められていた繋がりで、毎年剪定の講習をご厚意でしていただいているそうです。

2010-02-20-ベリージュファーム(12)

そして、こちらがこの摘み取り農園の目玉。スィーツです。
とてもセンスが良いでしょ。
あお父さん、ブルーマチスさん、ヨダレが出ませんか???(ジュル)
↓は、昨年ブルーベリーの摘み取りに来た時に頂いたスィーツです。

2009-07-19-ベリージュファーム(1)


2009-07-19-ベリージュファーム(2)


2009-07-19-ベリージュファーム(3)


2009-07-19-ベリージュファーム(4)

そして、私がある方から宿題をいただいていたので、写真を。
これが3年苗の剪定です。

ブライトウェル

2010-02-20-ベリージュファーム1

マグノリア

2010-02-20-ベリージュファーム2

サンライズ

2010-02-20-ベリージュファーム3

えっ、こんなに剪定するの?って言うくらいズバッと切っていますが、

2010-02-20-ベリージュファーム4

これが6年後にはこの姿に。
どこに花芽が付いているの?という感じに見えるかもしれませんが、風通しや日当たりを考えての剪定なんですね~。

2010-02-20-ベリージュファーム5.

ちょっと見にくいですが、花芽はこの程度。
でも1個の花芽で10粒なる計算で、大きく甘く、美味しい実を作る為にはこのくらいの思いきった剪定で丁度良いのだそうです。

2010-02-20-ベリージュファーム6

中には、カミキリムシやコガネムシの被害に泣くことも。

2010-02-20-ベリージュファーム7

それでもこれだけ大きくなると標準での配置間隔も密植に見えますね。
間引きになるくらいでちょうど良いそうです。


剪定の例を隣合わせの苗を見せていただいて、説明して下さいました。
これは、剪定後の苗。

2010-02-20-ベリージュファーム8


隣の剪定前の苗。
2010-02-20-ベリージュファーム9

いかがでしょうか。このくらいの剪定が、苗木の樹勢を保ちつつ、実の品質も保たれる、そんなプロフェッショナルな技の様です。
これをこのご夫婦は、片方の通路と木を挟んで反対側の通路とで、1本の木を同時に剪定します。
ほとんど同じスピードで作業するとおっしゃいますから、凄いです。
しかも、二人の剪定に対する考え方が同じ方向を向いているので、呼吸もぴったり。お互いに自分ならここをこう言う風にカットする、と言う形が全く一緒だと言います。(恐るべし・・・阿吽の呼吸)

あぁ、ブログのお友達の『うらやましいぞ!!!』と言う声がどこからともなく聞こえた様な。。
いや、きっと空耳に違いない(笑)

この剪定前の隣の苗と比較したら、いかに不要な枝を落としているか、よくわかります。


『ブルーベリーは剪定が命』肥料よりも何よりも、これが一番生育に響くといいます。
もう、1200本のうち1000本終わりましたと言うその辺りには、夕暮れの冷たい風が・・・。
『今日は、まだ暖かい方なんです』と若奥様。
『今、業者さんが入っているけど、この寒さが痛いって言いますものね。』

そう、↑のスィーツで楽しませていただいていた場所はヒザも楽しめるスペースを作るべく、リニューアル中。5~6月にはオープンとのこと。
また、楽しみが増えました。(^ ^)v

2010-02-20-ベリージュファーム11

『新しいお客様も大事ですが、開設以前からのお付き合いの方達もずっと大切にしていきたい』と語る若奥様の語りと意気込みは、話している途中で
"あれ?何だかvery blueさんがもう一人いるみたい"と思わせるほど。

帰りには、お土産までいただいちゃいました。剪定のことを教えていただいた上に、お土産まで・・。何と嬉しいことでしょう。
『ベリージュファーム』のお二人、どうもありがとうございました。
そしてご夫婦、いつまでも仲良くね~。
お母様の風邪も一日も早くご回復されます様に・・・。


フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード