fc2ブログ

ようこそ 当ブログへ

初めてこちらのブログへご訪問下さった方へ

当日記事に興味がわかなかった場合は管理人オススメのカテゴリーをご覧下さいね~。↓をクリックして下さい。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーベリーが色付き始めてました。

ニューハノーバー

ブルーベリーの早生品種が少しづつ色付き始めました。
例年より一週間ほど遅いです。

この品種はニューハノーバーです。色付き始めてからも膨らみ続けますので、完熟までにはもう少し大きくなります。
1個食べてみましたが、甘味がもう少し。直売所に並ぶのはもう少し先になりそうです。


これはOPIです。
大関ナーセリーさんのパテント品種で、今年は四年生。
初めて少しだけならせてみました。

OPI

ここのところの例を見ない早い時期での台風の影響でネットが浮き上がったのか、ネットの隙間から侵入した鳥にだいぶつつかれていました。(笑)

ブルーベリー SH TH-605

病み上がりで遠出したり、石灰硫黄合剤散布や施肥などで作業をしたからか、今週の日曜日は寝ても疲れが取れていなかったので、ゆっくりすることに。髪をカットと染に出かけて来ました。
帰ってお昼と片付けが終わってから寒くて外にも出かける気にもならないし、ブルーベリーの苗のサイトをあれこれ検索。
一昨年、もう買うまいと思ったけど、パテント苗がもう一種類欲しくなってはっぱさんに育てた感じのレビューを聞くために電話をしました。

私はよく気になる品種が暖地で育てた時にどうなるか、伺いたく、同じく暖地のはっぱさんによく伺います。
やっぱり気候が似ていると、適地かとか、生育と収量と味の評価、同じ感じになりますから参考になりますよね。
今回はオーシャン貿易さんのサザンハイブッシュで気になっている品種があったのですが、そちらより【TH-605】の方がオススメとのこと。

電話を切ってから即、ポチ!
植え付けるには10月が一番良いのですが、鉢植えのまま一年育ててから地植えするかどうかは苗の状態を見て決めることにします。
久々のブルーベリーの苗、やっぱり楽しみです。

1月の石灰硫黄合剤の散布も終わりました

本当は年明け直ぐの暖かい内に終わらせる予定でしたが、体調が悪かったり、親戚が急に泊まりに来たりで、遅れてしまった果樹全般への石灰硫黄合剤の散布は一日で終わらせました。(作業に忙しくて写真はありません…)

木が大きくなると上から下までしっかり散布、裏に回ってさらに散布。年々散布の為に腕を上げたり下げたりで、3時間ですでに筋肉痛です。うっ…、情けない…。

以前はブルーベリーにとって何倍希釈が良いかと思っておりましたら、ブロ友のはっぱさんから「うちは7倍希釈でやってますよ。」と教えて頂き、3年前からその濃さで効果が大だったので、今年もそれで行きました。

冬にあげるブルーベリーの肥料(暖地ですからね〜♪)

うちのブルーベリー農園は冬に水道管が凍るのは珍しくありません。
が、年末年始は体調が悪くて畑に来れず12月にあげようと思っていた施肥ができませんでした。
100本クラスの農家さんがどのくらいの量をあげられているかは知りません。
これは暖地で冬も下手すると日中に20度くらいに上がることがあるうちの農園特有のやり方です。

202301210906326d9.jpg

Drキンコンは最近販売するところが減りましたねぇ。
えっ?ブルーベリーなのに石灰あげるの?って思われた方。
酸性度が上がらないの?って思われた方。
はい、100本に対して一握りだけ混ぜます。
何と言いましょうか。微量要素的にあげてます。これで木が弱らないの?
はい、意外と大丈夫。逆にちょっぴり病気に強くなる様な…。一本あたりの量にしたらひとつまみあるなしですから。

20230121092543b2e.jpg

メインはこちら。やっぱりブルーベリーらしい味を出すには「発酵油粕」は欠かせないし、晩生種でこれから花芽を付ける品種もあるので「魚粉」「骨粉」。他に「ブルーベリーの肥料」「化成肥料 8 8 8」

えっ?100本の割に少なくない?
これを木の生育に合わせて量を加減して施肥します。一本当たりの平均施肥量はゴルフボール2個分くらいかなぁ。これを年に4〜5回くらいあげます。タイミングは
だいたい
2月
4月
6月
8月(ラビットアイ+ハイブッシュのお礼肥)
10〜11月(ラビットアイのお礼肥)
(12月)暖冬の時、冬の茎の生育用
趣味栽培で色々試しての結果です。

専門農家さんがどの様なやり方をされているかは知りません。うちの農園はブルーベリーの様子を見ながらこまめにあげる方式です。
要するに、施肥がこまめだと、それだけ根本の観察機会も増えると言うものです。数が増えると何本か異変を見落として枯らしてしまいますものね。
うちの園が開園以来、無農薬で皆様のところにお届けできているのも、ブルーベリーさん達が元気にすくすく育ってくれて、大きくて美味しい実をたくさんならしてくれているお陰です。
\(^o^)/

ようやく繋がりました

コメント頂いている皆様、お返事が遅くなってて大変申し訳けありません。
放置している内に二次認証コードのメール先、変更していたつもりが古いPCの古いメルアドのままだったので認証が面倒でさらに放置しておりましたが、やっとFC2の管理画面に来ることができました。
コメントいただいている皆様のところには少しつづ訪問させていただきますので、もう少しお待ち下さいね。
昨日は会社が仕事で、今日は、ブルーベリー畑では樹皮チップまきの最中です。

202202062156240c0.jpg

20220206215623d18.jpg

202202062156224e4.jpg

軽トラック二杯あった大きな山も残りわずか。腰も限界となったので切り上げることにしました。

202202062156226f1.jpg

今日は風は冷たかったけど、山の畑は少し暖かく、作業では汗だくになりました。気持ち良かったです。

ブルーベリー好きの私はこんな花芽を見ると萌〜。
幸せな気分になるのです。

2022020621562686a.jpg

2020年、今年もお世話になりました。

なかなか記事を書けないまま、いつの間にか年の瀬を迎えてしまいました。

今年は年末は30日まで仕事で、年明けは3日から仕事はじめなので年末年始と言うより、3連休が2回の様な感覚です。
でも、26日からダラダラと出歩けもしないのに家にいて過ごすより気持ち的に楽かもしれません。(笑)

きっとどこのブログでもコロナに始まり災害で痛い目を見てコロナに終わった1年と口を揃えて書かれていることでしょう。不幸にして罹患されたり、災害の被害に合われたり、諸原因でご家族を失われたりしていらっしゃる皆様方、鳥インフルエンザで鶏達の殺処分を余儀なくされた皆様方、心よりお見舞い申し上げます。
ここ数か月、終わりの見え無いコロナ対応に追われる医療関係者の皆様、心身共にお疲れのことと思います。特に大分県人として、家族が入院した際、県内の医療現場での徹底した管理を肌で感じ、本当に頭が下がりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
また、同じ大分県民の方一人ひとりがコロナ対策を徹底して下さったからこそ、今の私が健康で一年過ごすことができた、と健康は周囲の方々のお心遣いからも成り立っていると改めて感じることのできた一年でした。

私は、直接皆様のお役には立つことはできませんが、仕事でコロナや鳥インフルエンザに対応した製品の設計に携わることでほんの少しでもお役に立てる様、頑張っています。

ていうことで、今年最後にも関わらず、新しい記事は書けませんが、それでは皆様が面白くないと思いますので、過去記事で申し訳ないのですが、ブルーベリー畑がまだ何にもなくて、水道をやっと使える様になった2020年の10月の記事や11月頃の記事でも読んでいただけると嬉しいです。
リベイル農園が水道も使えない、草だらけで何もない土地から1本1本手植えして早11年、私のブログはそれに+1年。昔からお付き合い下っているブロ友の皆様は、そう言えばそんなことがあったなぁ、とお知り合いになたばかりの頃の初々しい会話など笑ってやって下さい。(爆)

たくさんのブロ友さん達に支えられながら、最近は記事のアップも不定期極まりないにも関わらずブログ自体が存続しているのはfc2さんや閲覧下さる皆様方のお陰です。

それと、今年のブルーベリー畑の一年を振り返ると、超暖冬に始まり、カイガラムシは石灰硫黄合材の刷毛塗りの効果が絶大で、今年は甚大なカイガラムシもミノムシも被害はありませんでしたが、マイマイガは取っても取っても追いつかないくらい何百匹もテデトールで駆除しました。
また、大分は今年は適度な雨、適度な夏の晴天に恵まれたこと、秋に台風の大きいのが数回来たけれど、風向きが防風林側で救われたことなどで、ほとんど納得のいく甘~い生果の状態でブルーベリーの出荷で終わり、ジャムやブルーベリー(生)冷凍は予約のあったところ分だけの確保となりました。
来年の初頭の寒さと収穫時期の大雨のタイミングとが来年のブルーベリーの出来と害虫の発生を決めるので、来年はどんな年になるでしょうかねぇ・・・。

では、今年もたくさんの方に閲覧、コメントをいただき本当にありがとうございましたm(_ _)m
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

ブルーベリーの赤ちゃん?

ブルーベリーは条件が整うと、一度に実生が生えていることが何年かに一回のペースであります。
それがどんな年だったかは記憶にありませんが、2006年に10本、2010年に3本、2011年に1本、2017年に一本、2018年に一本に続き、2020年の今日もお庭で発見しました。今年が最もたくさん生えて来ました。

今年はどんな年だったかなぁ。
春は適度に雨もあり、水やりがあまり必要でなかった。
5月には晴れ、6月は適度な雨。夏は台風の発生が少なく、冷夏でなくて、ブルーベリーの収穫時期に雨が少なかった。秋は適度な雨。でも長雨でなく、暖かい日が11月も続き、特に11月前半は20度くらいの天気が続いた年でした。

12月までには庭の鉢の整理を予定していたのに放置していた鉢の草取りを…と、思っていたら、…ん?

これはもしやブルーベリーの実生?しかも群生している。(草ぼうぼうで見苦しくてごめんなさいね。鉢の準備ができていないのに草を抜くと苗も一緒に抜けて枯らしてしまいますので、そのままに。)

20201130014233d36.jpg

左側は日当たりが良くて暖かいと見えて、生育が良いです。

202011300142451dd.jpg

向かって右側はめちゃめちゃ生えているわ。

202011300142421a9.jpg
上側の苗も茎がしっかりしていてなかなか有望です。

20201130014236594.jpg

これをどうするかって?
当然育てて観察します。生まれた土地に適応しやすいものだけが生えて来るから、今までも何本も結実していますが、今回も自然交配した実がどんな特性を持った実を付けるのか、興味津々です。

なぜこんなに大量発生したかと言うと、これは鳥の落としものではなくて、
実は3年半前にジャムを色々試していた時に、実をスロージューサーにかけて種を分離したことがあって、数千粒の種が入った容器の水を捨てるのもなぁ…、と、このポットに全部流してみたのですが、結果、翌年に実生が発生したのは、たったの一本。その翌年にも一本。昨年は0。なのに今年は、どうしてこんなに発生!?
何が3年半の年月を経て今回の発生に至ったのかしら。

ブルーベリーはハイブッシュ、ラビットアイ、何もかも混ざっているので、生まれるブルーベリーも何が出るかわかりません。
楽しみ、楽しみ。(笑)

暖かさ故に…

11月に23日撮影

11月下旬だろうが、暖かいと春と勘違いしますよねぇ。
ブルーベリーのオニールの実生が開花していました。
夕方で、しかも電池切れかけにてフラッシュがたけなくてボケボケの写真ですみません!

20201130214904cd7.jpg

多分、受粉しても寒にやられるとは思いますが、同じオニールの実生でも8本中開花は一本のみ。
同じ果実から生まれていても、特性は別物だとわかる開花でした。

どんだけ頑張るの?

北海道のこのはさんや、秋田の椎たけ夫さんが見たら呆れるかも知れませんが、11月23日撮影のリベイル農園のブルーベリーはまだ残っていたりします。
私がブルーベリーの剪定をしながらこれを水代わり、おやつ代わりに食べながら作業していることは言うまでもありません。(笑)
大分の11月下旬は日中16〜20度でとても暖かいのです。


20201130214130939.jpg

ブルーベリーの雌しべの先端

ブルーベリーを栽培されている方の多くは舐めてみたことがあるのではないでしょうか。
ブルーベリーの雌しべの先端の露状のものは水飴みたいに甘いんです。

202004192021050ec.jpg

触るとベタベタします。
この時期は蟻は見かけませんので、蟻がこの甘い蜜を吸うのは見たことがありません。

暖地のブルーベリーのリスク

大分県内は暖かい日が続いたかと思えば、また霜が降りるほど寒い日があります。
これは遅霜にやられたブルーベリーの花。
毎年四月の終わりにガッツリ霜が降りてたくさんの花がやられると、結果率が下がります。
これに合う前にせっせと受粉作業しています。

202004192021050e5.jpg

ブルーベリーは幼果になってある程度のサイズになると霜の被害はありません。だから蜂が少ない時は受

そして、もう一つ結果率を下げるやからが...栽培されている方ならわかりますね。

(虫の苦手な方は下の写真はスルーして下さいね)

続きを読む

農園のお仕事・・・?

2019年4月20日(日曜日)はお天気が良かったですね~。
この日は義母宅へ行き、四つのミッションをこなしてきました。何だか慌しく終わりました。

1つ目・・・お祭りのお獅子さん(AM)みこし(夕方)が来たら義母と一緒に見学
二つ目・・義母を買い物に連れて行く
三つ目・・義母の友人がいる病院へ連れて行く
四つ目・・ブルーベリーのネットの洗浄

田舎に行くと神社のお祭りをとても大切にしています。
義母は信心深い方なので、こんな日に私が帰ってきて、一緒に過ごすのを喜んでくれます。

20190423020912b30.jpg

20190423020912565.jpg

まるで、親戚の子たちが来たかの様に喜び、とても生活に密着しいる感じがします。
今年は、珍しく20~30代の若者が3人もいて、義母と一緒に驚きました。
『今年はどうしなのだろう、若い人がいるね。』

今まで、お祭りで若い人を見たことが無かったので、とても新鮮でした。三人とも笛でした。

買い物、病院のミッションも終わり、最後の大仕事は防鳥ネットの洗浄です。
これは受粉完了後の5月~収穫が終わるまでの約半年間、我が家の場合はさらに続けてバッタの被害防止に秋口まで使っています。
ドロはねしたり、藻が付いたり、半年でとても汚らしくなります。

20190423020811f12.jpg

以前は木が小さかったので、使うネットも洗濯機で洗ったり、お風呂にたらいで洗剤を使って洗っておりました。
洗濯ネットに入れてから脱水機に入れると目が綺麗に整って、新品みたいになるんですよね~。

ところが、木の成長と共に使う量も多くなって、洗濯機で洗濯できるサイズではなくなりました。
でも汚れは落としたい・・・。汚れてると雑菌で、木が病気になっても嫌ですし。

20190423020756007.jpg

そこで、高圧洗浄~。
これは、気持ち良く綺麗になり、ネットに痛みも出なくて良い感じです。

20190423020713496.jpg

栽培には資材費が結構かかりますから、永く大切に使っていきたいですよね。
夕方までかかって片付けたら、みこしが来てくれ、みこしの下をくぐらせていただきました。
何だかんだで、3m~25mのもの15枚の洗浄に4時間くらいかかりました。疲れた~。
でも、これで今年も気持ちよく使えます。
皆さんはどうやってお手入れされているのでしょう。




ブルーベリー栽培の方へ緊急情報

虫の苦手な方はスルーして下さいね~。

大分市内の我が家の庭で育てているブルーベリーの古い葉っぱを取り除く作業をしておりましたら、古い葉の裏にこんなものを見つけました。







しかも葉っぱの裏にはびっしり卵を産みつけられているものもあり・・・。
例年ならそこそこ寒くなるので、害虫の被害はそれほどでもないのですが、3月の中旬でこれだと、5~7月が思いやられます・・・。

今年の暖冬の影響で、今年はカイガラムシの大発生が予測されます。
暖冬に慣れたカイガラムシ達は早くも動き始めたものが出て来ました。

私は昨年末から今年の2月まで、農薬をやらなくてすむように、テデトールをしてきておりましたが、どうやら見逃ししているものがあるみたいです。

暖冬の年は、実ものは甘くて美味しくなるけど、その分、害虫も冬越しが楽になっていて早く、しかも物凄いスピードで増えます。

春の陽気になる前に、皆さんもどうぞご注意を...。
コメントは害虫対策の後に、ねっ!(^_^)v

もうすぐ25万アクセス(ピタリ賞は誰でしょう?)

夕ベ、アクセス解析をしていたら、ふと気付いたこと。
深夜になって、何度となくご訪問くださっている方が・・・。

原因はこれでした。↓

あ・・・。なるほど~。
250,000まで後、23人。
昨日は実際には200人以上(内、アメリカの営利団体?からのアクセスが半分以上)のアクセスがあったしトータルアクセスは300を超えていたのですが、日本で、かつ怪しくない方のみのカウントで44人のアクセスだったのだろうと思います。

25万

私が想像していたよりも早く達成しそうなんですね。♪わ~い。

では、250,000ピタリ賞の方。

証拠画像をメールで送るベく、鍵コメであなた様のメルアドを送って下さい。または、どなたかのリコメにメールマークが付いているものをクリックして、キーボードのスクリーンショット(PRTSC SYSRQ)した画像を送って下さい。

ズバリ賞の方1名様に、ブルーベリーの生果3パック入り1箱(発送は、収穫時期は秋)をプレゼント致します。(ジャムの方が良い方はそちらでも)

数年前には3人同時のアクセスで、メールじゃんけんしていただきました。

今年はどんな展開になるかな~。
フリーエリア
プロフィール

Reveille

Author:Reveille
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード