fc2ブログ

ユーリカの受粉と花弁の再生と複雑骨折

たいそうなタイトルで、だから何なんだ?って辛口のコメントは無しでお願いしますね~。(笑)

前回記事でサザンハイブッシュ系の極早生品種のユーリカを記事にしたばかりでしたが、受粉を試みた時の様子がこちらの写真。
真ん中の二つの花弁を指先で破いて、受粉相手であるOPHと言う品種の花粉を付けておきました。
逆にこの花の花粉はOPHへ。

DSC_0106_copy_800x600.jpg

まだ葉もまともに展開しておりませんでしたのに、雨が降ったり、春かと思う様な暖かい日が続いたら、一週間で葉が展開し始め、2月24日だと言うのにしっかり受粉が完了しておりました。
写真中央に見える白色の花弁が綺麗に外れたものがブルーベリーの幼果です。
つまりブルーベリーの赤ちゃんの誕生です。

ちなみにわが農園の一般的な受粉の開始はオニールやニューハノーバー等の受粉開始時期が3月の下旬~4月上旬で、まるはなバチが活動を始める前だけです。それが一般的なので、1ヶ月早い受粉です。

DSC_0124_copy_800x600.jpg

そして今回も花弁を少し指先で破いて、歯間ブラシを使って受粉しておきました。

DSC_0128_copy_800x600.jpg

もちろん歯間ブラシを使った受粉はラビットアイ系、他の一般的な品種には手間がかかりすぎるのでしません。
私が行うのはブライトブルーとこのユーリカだけです。
理由は、ブライトブルーは花弁が細すぎるのと、雌しべが花弁より突き出てくるのが遅いせいか、まるはなバチが来るのが遅い年は受粉率が極端に悪かったからです。
また、ユーリカはブロ友のはっぱさんから花は沢山咲くのになかなか受粉しないと聞いており、確かに寒くなると花が開きかけていたのがまた戻ったりして妙な癖のある品種だなぁ、と感じたからです。

他の品種の時は花粉はふんだんにあるけれど、この時期は咲いている受粉相手の花粉の量は極わずか。
まるはなバチを使わずに(お金をかけずに)確実にユーリカに受粉させるなら、この方法はかなり受粉率が高いです。

それと、ふと気になった疑惑…。それはユーリカの花弁の再生能力です。
印を付けていたわけではないので私の記憶違いかも知れないのですが、先週かなりの数の花弁を破いていたはずなのに、なぜか一週間で花弁の形が元の壺型に戻っている気がして…。
中にはまだ花弁の補修中の様ないびつな形の花弁もありました。いや~、最近異世界もののアニメとか好きでよく見ておりますが、ダンジョンで腕を失くした人の腕が生えてくるとか言うのを見たのを思い出してしまいますわ。

こんな話を書くと椎たけ夫さんとか好きそうな話題です。

私自身、一昔前に右手の人差し指を複雑骨折して本当に粉々だったのが数ヶ月でレントゲンを撮ったら普通の骨に再生していた時には本当に生命の神秘を感じました。
ただ、他の骨の色が透ける様に薄くなっていたので、他の指の骨成分を奪いながら元に戻るのを実感したので、このユーリカの花弁の再生にも他のエネルギーを奪うことで再生したのであれば、むやみに花弁を破ることはせずに確実に受粉できる成熟した花粉が出るタイミングを見つける目が必要だと思いました。

ブルーベリーを育てているの本当に不思議なことに出会います。以前、サザンハイブッシュ系のマグノリアの花芽が極寒の冬で花芽が葉芽に変わってしまったのも凄い、と思いましたが、花弁の再生もブルーベリー達が自分達の身を、子孫を守る為の行動なのでしょうか。
スポンサーサイト



極早生品種のユーリカが開花

今年、リベイル農園の待望の品種、ユーリカの開花が始まりました。
九州の大分で、ハウス栽培の加温なしでいつ頃から咲くのか、いつから収穫できるのかは今年初めてなので、まだわかりません。

ただ、わかっているのは昨年、ユーリカと同じくらい極早生で同じ様にめちゃ甘い極早生品種のトワイライトが
旦那様の話だと他と比べ物にならないくらい甘くて美味しかった(他は木の成長の為に花芽を全て摘み取ったので私は食べていません。)そうなので、そのトワイライトよりさらに凄いらしいこのユーリカと言う品種の凄さを今年味わえるかと思うと、ワクワクします。

DSC_0078.jpg


(この品種はパテント苗で大関ナーセリーさんと契約が必要な品種です。)

つぼみは先端が緑がかっており額の付け根は薄いピンクがかっていますが、開くにつれて全体に薄い緑がかった白色になりました。
この木は三年生苗を購入して二年間は花芽を摘み取ったので今年は五年生苗です。
送られて来た時にこの苗の育て方や剪定方法が記載された 用紙も入っていたので、それに添って栽培していますが今年、来年、どんな感じになるやら…。

本年も宜しくお願い致します

残暑見舞いの次がこれかい!?
と、突っ込みを入れたくなりますよね。
本当に久しぶりの投稿です。

元旦に石川県で被災された皆様方、心よりお見舞い申し上げます。

早速ですが、極早生品種の「ユーリカ」「OPI」にお試しの小型のビニールハウスを購入し、畑の奥のスペースに組み立てました。
一人で組み立てしましたが、この手のハウスはバネがキツくて、工具もなし、男性の力無しにはキツかったです。力があれば、30分もあればできる代物ですが、トンカチを持ってなくて2時間もかかって出来上がりました。

ハウスや雨避けは、数をこなしたので電動工具や脚立を使って、一人でも作業が出来るようになりました。

DSC_0064_copy_800x600.jpg

DSC_0065_copy_800x600.jpg

DSC_0066_copy_800x600.jpg

DSC_0068_copy_800x600.jpg
12月中旬までとお正月休みに入ってからは畑が暖かかったから花芽は膨らみかけています。

そしてお正月から一週間。ハウスの中でぬくぬくと育った「ユーリカ」と「OPI」は、

DSC_0075_copy_600x800_1.jpg

DSC_0074_copy_600x450_1.jpg

DSC_0073_copy_600x450_1.jpg

一週間で開花直前くらいまで花芽が展開しつつあります。
今年はゴールデンウィークくらいに「ユーリカ」が収穫ができたりするのかな?


ブルーベリーのユーリカ

今年、大関ナーセリーさんから待望の苗 ユーリカをお取り寄せしました。
パテント苗なので増殖は禁止品種です。

202111100551079a9.jpg

ブロ友さんの評判は口を揃えて良かったのが、決め手です。
ただ蜜蜂が活動するより早く開花するので、受粉は必要です。ちょっとお高いけど、3年苗を購入しました。
ユーリカ等のパテント苗はネットではすぐ売り切れてしまうので注文はカタログに付属のハガキからが一番確実にゲットできますね。(*^^*)

202111100551083e7.jpg

タイタンの時は小苗を10本購入したけど、今回は即戦力が欲しかったので3年苗に。シュートも太く、立派なものです。
育苗の際の愛情たっぷりに育てられたものは枝の太さが違います。もちろん、施肥も申し分なし!NPK(窒素、リン、カリ)の比率も抜群と見えて、花芽の付き方も素晴らしいです!
冬の剪定では花芽は落とし、試しにならせるのは2023年から。一年間は苗を育て、果実は採りません。
3年苗とは言え、こんなに小さい内からならせたら木は大きくなりませんからねぇ。

20211110055110a20.jpg

と言いつつ、3本中一本はお味見用に少しだけならせることでしょう。(笑)
どんなゴロンゴロンの大実がなるのか、めちゃくちゃ楽しみです。
フリーエリア
プロフィール

Reveille

Author:Reveille
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード