FC2ブログ

ようこそ 当ブログへ

初めてこちらのブログへご訪問下さった方へ

当日記事に興味がわかなかった場合は管理人オススメのカテゴリーをご覧下さいね~。↓をクリックして下さい。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ブルーベリーのエチョータ

続きを読む

釣り

コロナが大分でも出始める前の11月7日撮影。
いつもの佐賀関の1尺屋でゼンゴ(アジの子供)などが少し釣れました。

20201122060303e35.jpg

超新鮮なものを捌いて唐揚げに。

20201122060306f7c.jpg

自分で釣ったものって、高級料理より贅沢感と満足感があります。(笑)

紅葉

毎日忙しく働かれている皆様、お疲れ様です。
もう紅葉、満喫されましたか?
私も、ちょっと早かったけれど、行って来ました。
義母の家から近い【用作公園】と書いて【ユウジャクコウエン】と読む奥豊後の紅葉の名所です。

20201108214334bca.jpg

202011082143234bb.jpg

2020110821434173e.jpg

20201108214345fa0.jpg

20201108214349113.jpg
暑くなく、寒くもない、お天気で気持ちの良い紅葉狩りでした。
皆さんのところは、紅葉は如何ですか?

映画【鬼滅の刃】

昨日は剪定が終わってから夕食後、旦那様と娘と一緒にパークプレイス大分へ。
コロナで夜出かけることは控えていたので、久しぶりに見る景色。

202011011007513fe.jpg

実は金曜日の夜、レイトショーを見る予定にしていたら、満席。で、予約してでかけたと言うわけです。

20201101100752dc5.jpg
コロナ渦ではありますが、みんなマスクをすること、消毒をすることは当たり前になってきました。
そしてむやみに怖がらないで、守ることは守って楽しむ。そんな時期に来たのかな、と感じる今日この頃。

2020110110075419d.jpg
【鬼滅の刃】は漫画、アニメでも人気の番組で、私も好きなんですよね〜。本は見たことありませんが、横になる時、プライムビデオで見ていたら面白くてハマってしまいました。

20201101100757d20.jpg

で、どこに興味があって映画を見ようか、って思ったか、と言うとキャラクター人気ランキングが気になったからだ。

一回目のキャラクターの人気ランキングでは主役とその妹がランキング上位になっていたのに、二回目はまるで違っていた。
一体、どんなキャラクターがトップの座を勝ち取ったのか…。

映画を見て、すすり泣く女のコもいました。私も大満足な映画の一つになりました。

私は煉獄杏寿郎さんのお母さんの大ファンになってしまった…。
シロさんや椎たけ夫さんや海月さんや皆さんはもう見に行かれたのかしら。

続きを読む

筋肉痛で動けない〜

今日は韓国の友人からLINEメールで登山したよ〜、って来てて、嬉しい一日のスタートです。

元会社の同僚で今年の夏韓国に帰りました。
夫婦でうちのブルーベリー農園に遊びに来てくれたこともあり、一緒に遊びに行ったり、食事したり、私の社交ダンスの大会に花束を届けてくれたり、映画を一緒に見たり、たくさんの思い出を作ってくれて、私にとっては大好きな韓国の息子夫婦であり、とても大切な友人です。

さて、お話変わって剪定のお話。(笑)

去年体調が悪くて、3ヶ月ほど休職していました。
すぐに体が元通りになったわけではなく、ブルーベリーのお世話は最低限でした。
なので、思い切った剪定ができてなかったので今年は2年分の剪定をしている感が半端ないです。

20201101094108305.jpg
剪定が終わるとネットを突き抜けていた枝も無くなってすっきり。今回は間引きがメインで、結果枝は半分くらいしか取っていません。冬には花芽がほぼ付き終わっているので結果枝の剪定をします。
もうちょっと寒くなったら石灰硫黄剤を散布しないとね。

昨日も6時間たっぷり剪定作業。
剪定って立ったままするイメージ、あるでしょう?
ところがドッコイ、意外と筋トレになるんですよ。

根本の不要シュートをカットは膝を付いたりしゃがんだり、カニ歩きしながら剪定ハサミで。
中央の大きな不要軸と古くなった太い枝のカットはノコギリ。半分中腰。
ネットを突き抜ける枝を背伸びでカットして引き抜く。綱引き。
カットした枝を運び出す。結構頑張ったつもり。

なのにまだ手強いのが残ってる…。(-.-;)

20201101094111e6d.jpg


20201101094110078.jpg

余談ですが、暖地ではタテ2メートル、ヨコ3メートル間隔で植えててもラビットアイとサザンハイブッシュの列間の隙間は無くなって来ます。当然収穫作業の邪魔になりますし、人さえ通れなくなります。

だから小さいうちからできるだけ間隔を取って置くのが良いとされているんです。

剪定作業、高齢になっても筋力は落とせないなぁ。
もとい、剪定作業をやっていたら筋力アップですね!皆様もギックリ腰にならない様にしましょう。(笑)

章姫と、ちょっとお勉強

秋って苗の購入意欲の湧く季節ですよね。
気候も良くなり、何か植えてみたくなる。
先月は、園芸店で最近あまり入荷しなくなったイチゴの章姫をアマゾンでポチッ。(笑)
とても人気があるみたいでこの苗は特に売り切れのサイトが多かったですわ。
植え付けて半月。
元気に活着してくれたみたいで枯れる様子もない。

あれ?

20201101073210ba3.jpg

嬉しいランナー。(*^^*)

202011010732132bf.jpg

ここにも。

20201101073211e02.jpg

なぜこの品種にしたのかって?
イチゴ狩りに行った時、他の品種は早採りは酸っぱかったのに、この品種は甘かったから。

そう言えばプロの農家さんはイチゴを植え付けるタイミングは花芽の分化を実体顕微鏡で確認してからポット植えから地植えするのですね。

略して【花芽顕鏡】

私はつい最近まで農業系の雑誌を読むまで知りませんでした。(汗)
ちなみに実体顕微鏡で見たいって方もいらっしゃると思います。そんな方は各県の産業科学技術センターの類に問い合わせてみると良いと思います。

ちなみに大分の産業科学技術センターでの実体顕微鏡の利用料金一時間170円。事前に電話やメールで利用申し込みしてから当日利用しに施設へ行きます。
興味があって見たいって方は、購入するよりお安いですね。(全然関係ないけど、産業科学技術センターでは金属加工の旋盤やフライス等の他、溶接機、3DCADなども低料金で借りられます。)

枇杷のなつたより、花芽が出ました

うちの枇杷のなつたよりはポット植えです。
近くのガーデニングのお店【フジタガーデン】で購入し、2年間花芽が付かずに3年目にして初収穫。でも四年目には花芽が皆無。
5年目の今年、再度収穫できました。

お手入れが悪いと、隔年結果になるのかも、と今年は、お礼肥も上げましたし、10月に入ってから液肥も上げました。
結果枝、見つけました〜。やった!来年も収穫確定です。(笑)

202010280040534cf.jpg

その隣の結果枝にも大きな房がありました。

202010280040462ec.jpg

ところがその隣は…?あれ?ない…。
これから?それとも葉芽かしら。

20201028004053cab.jpg

その隣も微妙…。

20201028004048e25.jpg

と言うことで、この微妙な芽が花芽か葉芽か、液肥を上げ続けると花芽に分化するのか試してみることにしました。(笑)
さて、12月までに出れば開花するけど、どうなることやら。


さんフェア大分2020(2)

さんフェアおおいた2020で、ロボット競技の発表会が行われていた隣では、フラワーアレンジメントの発表会が行われていました。まだ始まったばかりの様で、大勢の周囲の視線を浴びながら緊張の生花。
そんな生徒さん達の受付の前に置かれていたもの。

20201024230738aa1.jpg

これはめちゃめちゃ目立つし、何かカッコいい!

20201024230729fee.jpg

よく見ると、竹に切り込みを入れて、そこに花をさしている様です。
私のブロ友さん達の中でもネコビーバーさん、しんごさん、katakataさん、すみれの丘さん、penpen1gouさん、みやこしゃんなどなど、お花のセンスの良い方々がたくさんいらっしゃいますが、大分県内でもこの様な方がいらっしゃったのか…。

お花の可愛らしさが溢れていて、竹を使った斬新な飾り付け、これに黒のフレームできゅっとしまりが出て、細みなのに見事なバランスが取れてる感が半端ないです。

何より何度見ても、楽しい🎶
もっと近くで見たかったけど、試合会場に入り込むわけにはいかず、遠くからパチリで納めました。

さんフェア大分2020

今日から大分県では、別府のビーコンプラザにてさんフェスタ大分2020が開催されております。

20201024230727f09.jpg
会社の同僚に「一度ロボットコンテストを自分の目で見てみたいから、開催日がわかったら教えて。」とお願いしていたら先日、日時を教えてもらい、早速来てみたのでした。

20201024230738666.jpg
大分県内の工業系のロボットを研究している生徒さん達の熱き闘いのロボット競技発表会です。

私と娘は2階席から見学。動画には撮っていませんが、生徒さん達の頑張り、研究、伝統と改善と挑戦の全てが詰まった、まさしくロボットにかけた生徒さんとご指導された先生方の青春そのものです。

どの学校の発表もそれぞれの工夫があり、素晴らしかったです。

初めて見学させていただいたので、コロナ対策の為に人数制限で入れないのでは、と心配になり、問い合わせてみたら、ちゃんと対策もされつつ、入場もできました。


2020102423073200f.jpg

このロボットの発表会に出場された高校の皆様、本当にお疲れ様でした。
私は県内の高校生達のロボット制作のレベルの高さに驚きました。

ロボットの発表会は、まるで障害物競走です。発表会では、一対のロボットで審査される様です。

一つはお掃除ロボットの様な自動ロボット。これでピンポン玉サイズのボールを4個所定の場所に運ぶ。

もう一つのロボットは、どんなボコボコの障害物も乗り越えて目的の場所に到達し、CD3枚とペットボトル3本をキャッチして、凸凹、きつい勾配あり、綱渡りの様な3本の細い橋あり、をいかに落とさずに運び、目的の投入場所に制限時間内に投入するかを競うもの、の様でした。

当然、ロボットを作る技術、電気配線技術、プログラミング技術、操縦技術、全ての問題を解決する為の問題解決能力、などありとあらゆる力に、試合に対するメンタル面。これも勝敗に大きく左右されるのだと感じました。

緊張に押し潰されそうになって、普段の実力を完全に発揮でかなかったのでは、と思われる高校もあれば、得意なところだけ見せて他は敢えて捨てて制限時間優先で見せてくれた高校もありました。

途中で部品が外れてしまって涙を飲んだ高校、障害物に阻まれて、先に進めなくて白旗を上げた高校。
完全無欠でこれでもか!と言うくらい圧倒的な力で攻略できた高校。

今年の結果が納得いくものでなかった生徒の皆さんもいらっしゃれば、生まれて初めてロボットに携わり、ここまでできただけでも自分達は立派だった、と思われた生徒さんも沢山いらしたと思います。

人それぞれ。人生もそれぞれ。結果もそれぞれ。
でも、ものを作る楽しさはそれだけじゃない。認め合える仲間がいて、挑戦できる楽しみと機会が与えられて、苦しさがあっても乗り越えて来て、今この発表会の場に立てたこと自体が、私は素晴らしいと思う。

また、そんな皆さんとほんの一瞬でも時間を共有できたことを大分県民として誇りに思います。
発表会に参加された皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
フリーエリア
プロフィール

リベイル

Author:リベイル
ようこそリベイルの栽培日記へ!
ご訪問、ありがとうございます。

拙いブログですが、どうぞごゆっくりしていって下さいませ。
(Japanese version only)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

お気に入りブログ~リンク
瞬間視力でドン
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード